テニス ポジショニング

ロブ

「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

相手が2人前に来る、並行陣を取られると辛いと感じているみなさん。

それは、ただ対抗策が乏しいからでしょう。

相手が前に来ても、何も慌てる必要はありません。

落ち着いて、相手を動かしてスペースを作れば良い。

焦ってミス、が一番もったいないし相手の思うツボ、です。

 

「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

 


 

1.相手の狙いに、乗ってはいけない!

私は、ネットに出る時こう考えています。

「ムキになって、無理して打って欲しい!」と。

そうすれば、ミスも増えるしこちらはただ、返球に集中すれば良いだけですからね。

特に男性のプレイヤーの方は、相手が前に来ると強引なパッシング、を打つ人が多いですから。

この誘い、にアナタ自身乗らないように。

まずは、「ロブも使えるんだよ」というところを見せておく、ことが第一ですね。

 

2.ロブで相手を、下げれば大成功!

何も、抜く必要はありません。

ロブは、相手を後ろに下げるショット。

だからこそ、触らせて前にスペースを作ること、が大事になります。

スライスで充分、出来れば相手のバック側に打ってハイボレーさせる。

その次、のボールをどう展開していくのか、が大事ですからね。

出来るだけ、相手の様子を見つつ、その次のアングルショットは早めに展開していきましょう。

 

3.相手を下げれば、前のスペースが使える

相手をサービスラインからベースラインの間、くらいに下げることが出来れば大成功!

その後は、アングルショットを狙う。

これも、狙い過ぎないことが大事ですよ。

前にスペースがあるので、そこまで厳しいコースでなくても、相手は辛い。

相手が戻る前に、アングルボレー、またはコートの内側でアングルショット気味のショートクロス、を狙って打ちましょう。

アナタ自身は、とにかくコントロール重視。

速いボールではなく、出来るだけ回転をかけてシングルスコートのサイドラインを狙う、くらいでいきましょう!

 

4.ロブと同じ打ち方、が出来ると最高

ロブは一回使うと、相手の脳裏に刻まれる。

そして、「また次もロブかも・・・」と、警戒してくれるんですよね。

そうなる為にも、アングルショットもロブと同じフォーム、から打てると最高です。

相手は、またロブかも!と前に出るのをためらってくれる。

そうなると、もうアングルのコースは触れないでしょう。

この同じ構え、アナタ自身出来ますか?

構えでロブ、アングルショット、とばれてしまうと、試合では先回りされてしまいます。

強い相手との試合ほど、コースを隠して打てるショットの幅、を増やしていきましょう!

 

実際に試合では、まずロブ、その後に前を使うというのが効きます。

前を使ってロブ、だと、結構セオリー通り過ぎるんですよね。

ロブから入る、といのがコツ。

相手を下げてアングル、のパターンはぜひ、練習しておいてください!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

  3. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう

    ロブでの攻撃、ダブルスの試合では必須。女子ダブルスだけじゃない…

  4. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?

    ダブルスの試合で、ロブを上げる。この時に、普通は後衛は前衛に「…

  5. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんと…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
  3. サーブ

    相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートで…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる…
PAGE TOP