テニス ポジショニング

ロブ

「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

相手が2人前に来る、並行陣を取られると辛いと感じているみなさん。

それは、ただ対抗策が乏しいからでしょう。

相手が前に来ても、何も慌てる必要はありません。

落ち着いて、相手を動かしてスペースを作れば良い。

焦ってミス、が一番もったいないし相手の思うツボ、です。

 

「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

 


 

1.相手の狙いに、乗ってはいけない!

私は、ネットに出る時こう考えています。

「ムキになって、無理して打って欲しい!」と。

そうすれば、ミスも増えるしこちらはただ、返球に集中すれば良いだけですからね。

特に男性のプレイヤーの方は、相手が前に来ると強引なパッシング、を打つ人が多いですから。

この誘い、にアナタ自身乗らないように。

まずは、「ロブも使えるんだよ」というところを見せておく、ことが第一ですね。

 

2.ロブで相手を、下げれば大成功!

何も、抜く必要はありません。

ロブは、相手を後ろに下げるショット。

だからこそ、触らせて前にスペースを作ること、が大事になります。

スライスで充分、出来れば相手のバック側に打ってハイボレーさせる。

その次、のボールをどう展開していくのか、が大事ですからね。

出来るだけ、相手の様子を見つつ、その次のアングルショットは早めに展開していきましょう。

 

3.相手を下げれば、前のスペースが使える

相手をサービスラインからベースラインの間、くらいに下げることが出来れば大成功!

その後は、アングルショットを狙う。

これも、狙い過ぎないことが大事ですよ。

前にスペースがあるので、そこまで厳しいコースでなくても、相手は辛い。

相手が戻る前に、アングルボレー、またはコートの内側でアングルショット気味のショートクロス、を狙って打ちましょう。

アナタ自身は、とにかくコントロール重視。

速いボールではなく、出来るだけ回転をかけてシングルスコートのサイドラインを狙う、くらいでいきましょう!

 

4.ロブと同じ打ち方、が出来ると最高

ロブは一回使うと、相手の脳裏に刻まれる。

そして、「また次もロブかも・・・」と、警戒してくれるんですよね。

そうなる為にも、アングルショットもロブと同じフォーム、から打てると最高です。

相手は、またロブかも!と前に出るのをためらってくれる。

そうなると、もうアングルのコースは触れないでしょう。

この同じ構え、アナタ自身出来ますか?

構えでロブ、アングルショット、とばれてしまうと、試合では先回りされてしまいます。

強い相手との試合ほど、コースを隠して打てるショットの幅、を増やしていきましょう!

 

実際に試合では、まずロブ、その後に前を使うというのが効きます。

前を使ってロブ、だと、結構セオリー通り過ぎるんですよね。

ロブから入る、といのがコツ。

相手を下げてアングル、のパターンはぜひ、練習しておいてください!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

  2. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

    ロブを攻撃的に使うこと。これは、ダブルスの試合では必須のテクニ…

  3. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  4. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

    試合の中で、しっかりトップスピンロブで攻撃していくとき。もしか…

  5. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

    女子ダブルスで、しっかり結果を出していきたいと考えているみなさん。…

  6. テニス コート

    ロブ

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い

    皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか?オムニコートで、思い切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!
  2. ストローク

    「ハードコートでのストローク戦がきつい!」ヘビーなトップスピンストローカーへの対…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と…
  4. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくることを覚えておこう
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スピン回転のスマッシュ」を覚えておくと、厳しい態勢からでもラケッ…
PAGE TOP