ロブ

ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。

これが出来ない人って、要は打った後にどうすれば良いのか、イメージが沸いていないんだと思います。

ダブルスの試合、ロブの後にどう動くのか、はすごく大事なテーマ。

その精度に応じて、相手に触らせるようなロブの後のポジショニング、を確認することでもっと楽に勝てるはず。

今回は、その基本について確認しておきましょう。

 

ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

 

1.ロブは触らせる、くらいで全然OK!

まず、この姿勢が無いと試合で使えません。

相手を抜く、ようなロブはミスの元。

もっと相手に触らせる、スマッシュを打たせるようなイメージでロブは使って良い。

相手を後ろに下げることが出来れば、大成功ですからね。

青側のペア、の後衛が今まさに、ストレート方向にロブを打つような場面。

両方雁行陣ですから、相手前衛の頭上を狙って打つ感じですね。

この時、しっかり青側のパートナーには事前にロブを打つ、と伝えておくか「上げるよ!」とその場で声をかけましょう。

そうすると、そのロブでまずはサッと下がることが出来ますよね。

ロブを打つ青側の後衛が、かなり厳しい状況で追い込まれているなら、そんなに良いロブは打てない。

だから、↑の図のように下がるのが基本。

下がって相手のスマッシュに備える、ポジショニングを取りましょう。

 

2.スマッシュで攻撃出来そうなら・・・

赤側は、まずこのロブの精度を見極める。

攻撃出来そうなら、後衛の選手も前に来て、相手にとって嫌な形=2人で前の陣形を取りたいところ。

赤の後衛の選手は、味方の前衛の態勢を見ながら、どの程度攻撃出来そうか、それとも厳しいのか、を見極めないといけません。

でもそれは、青側の前衛だった選手も一緒です。

もし、ロブがかなり良い感じで赤側の前衛を追い込めそうなら、次はチャンスの可能性が高い。

ススっと前に出る、ようにしてセンターに詰めて相手の返球を潰す。

バックハイボレーのようなショットを打たせる、時にはこういうポジションで待ちたいですね。

きっと赤側の選手は返球がやっと、という感じになりますから。

もちろん、後衛の選手もそれを確認しつつ、良い精度のロブを打てる時には自分も前に出る。

この感覚、はぜひ養っておいてください。

 

3.ロブが抜けるようであれば、打った側は前に詰める

これも、抜けてからの判断、では遅い。

自分がロブを打ちながら、「これは良いロブだ!」と信じれたら前に出る。

青側の陣形、が並行陣なのお分かりでしょうか?

上手くストレートロブが抜けたら、この陣形まで持っていきたい。

相手の赤側は左右の選手がチェンジした後、かもしれません。

とにかく、ロブで抜けたのに後ろにいるまま、ではもったいない。

しっかり前に出てプレッシャーをかけましょう。

当然、ロブ返し、のようなパターンもあると思いますので、気を付けておかないとですね。

ここでも、相手の性格を考えながら。

ロブが好きな人は、走らされた後は結構ロブ、を使いたくなってきますからね。

 

ロブの精度に応じて、どっちが攻勢に出れるのか。

この判断の速さが、正確なポジショニングの支えになります。

良いショット、を打つだけではテニスは勝てない。

その後のポジショングがすべて、ですからね。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する

    ロブを上げる時はどんな球種を使っている?トップスピン?…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

  3. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  4. ロブ

    実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使っているかい?

    ダブルスの試合の中でよくロブは使う方なんだけど、どっちかというとスライ…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

    あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。それっ…

  6. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう…
  2. テニス ドロップショット

    メンタル

    「打たれる」から「呼び込む」に意識の変えることでテニスは強くなる!
  3. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?
  4. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠す…
PAGE TOP