ロブ

ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。

これが出来ない人って、要は打った後にどうすれば良いのか、イメージが沸いていないんだと思います。

ダブルスの試合、ロブの後にどう動くのか、はすごく大事なテーマ。

その精度に応じて、相手に触らせるようなロブの後のポジショニング、を確認することでもっと楽に勝てるはず。

今回は、その基本について確認しておきましょう。

 

ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

 

1.ロブは触らせる、くらいで全然OK!

まず、この姿勢が無いと試合で使えません。

相手を抜く、ようなロブはミスの元。

もっと相手に触らせる、スマッシュを打たせるようなイメージでロブは使って良い。

相手を後ろに下げることが出来れば、大成功ですからね。

青側のペア、の後衛が今まさに、ストレート方向にロブを打つような場面。

両方雁行陣ですから、相手前衛の頭上を狙って打つ感じですね。

この時、しっかり青側のパートナーには事前にロブを打つ、と伝えておくか「上げるよ!」とその場で声をかけましょう。

そうすると、そのロブでまずはサッと下がることが出来ますよね。

ロブを打つ青側の後衛が、かなり厳しい状況で追い込まれているなら、そんなに良いロブは打てない。

だから、↑の図のように下がるのが基本。

下がって相手のスマッシュに備える、ポジショニングを取りましょう。

 

2.スマッシュで攻撃出来そうなら・・・

赤側は、まずこのロブの精度を見極める。

攻撃出来そうなら、後衛の選手も前に来て、相手にとって嫌な形=2人で前の陣形を取りたいところ。

赤の後衛の選手は、味方の前衛の態勢を見ながら、どの程度攻撃出来そうか、それとも厳しいのか、を見極めないといけません。

でもそれは、青側の前衛だった選手も一緒です。

もし、ロブがかなり良い感じで赤側の前衛を追い込めそうなら、次はチャンスの可能性が高い。

ススっと前に出る、ようにしてセンターに詰めて相手の返球を潰す。

バックハイボレーのようなショットを打たせる、時にはこういうポジションで待ちたいですね。

きっと赤側の選手は返球がやっと、という感じになりますから。

もちろん、後衛の選手もそれを確認しつつ、良い精度のロブを打てる時には自分も前に出る。

この感覚、はぜひ養っておいてください。

 

3.ロブが抜けるようであれば、打った側は前に詰める

これも、抜けてからの判断、では遅い。

自分がロブを打ちながら、「これは良いロブだ!」と信じれたら前に出る。

青側の陣形、が並行陣なのお分かりでしょうか?

上手くストレートロブが抜けたら、この陣形まで持っていきたい。

相手の赤側は左右の選手がチェンジした後、かもしれません。

とにかく、ロブで抜けたのに後ろにいるまま、ではもったいない。

しっかり前に出てプレッシャーをかけましょう。

当然、ロブ返し、のようなパターンもあると思いますので、気を付けておかないとですね。

ここでも、相手の性格を考えながら。

ロブが好きな人は、走らされた後は結構ロブ、を使いたくなってきますからね。

 

ロブの精度に応じて、どっちが攻勢に出れるのか。

この判断の速さが、正確なポジショニングの支えになります。

良いショット、を打つだけではテニスは勝てない。

その後のポジショングがすべて、ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. ロブ

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理由とは?

    現代テニスでは、ラケットの進化によりストロークの技術がどんどん進歩して…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  5. テニス フットワーク

    ロブ

    前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

    ダブルスの試合でのロブ、って、基本的に「前衛の上」に打ちますよね。…

  6. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

    相手が2人前に来る、並行陣を取られると辛いと感じているみなさん。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  2. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」…
  5. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよ…
PAGE TOP