テニス知識

暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

今は梅雨の時期ですが、これが来月になるともう真夏。

みなさんも、あの暑い中での試合の経験、たくさんあると思います。

本当に、最近の日本の夏って凄いですよね。

40度前後が当たり前、そんな中で一日で何試合もこなしていく。

一般やベテラン、シニアでテニスを頑張る私たちに、この準備は欠かせません。

 

暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

 

1.チェンジコート、を有効活用出来てる?

意外と、みなさん雑な方が多いように思います。

しっかり座って、自分の身体を冷やすこと、が夏の試合では本当に大事。

そのために小さいクーラーボックスを持ち歩いたり、冷たいドリンクを準備しますが、本当の真夏はそれだけじゃ甘い。

とにかく、瞬間的に首、脇、太ももの内側、を冷やすこと、が大事なんです。

ここには太い血管が走っているので、冷やすことで身体の中の血液全体を冷やすことが出来る。

30秒~1分間、しっかり冷やすだけでも、疲労感はかなり軽減されますよ。

 

2.瞬間冷却パック、が最高に使える

私は、これを真夏はバッグに忍ばせています。

叩いて中の薬剤を混ぜると、急激に冷えてくれる冷却材、瞬間冷却パックですね。

これを、試合前になるとドラッグストアでまとめ買いしておく。

真夏の試合、チェンジコートが少しだけ楽しみになるんです。

冷たいアレが、待っている・・・と!

ですが、もちろん良いことばかりではなく、メリットもあればデメリットもあります。

あくまで、私の感覚ですが・・・。

 

【メリット】

・とにかくすぐに冷える!

・自分が冷やしたい箇所、を集中して冷やすことが出来る

・まとめ買いすれば、1つ100円弱のコストで済む

【デメリット】

・大量に持っていると、荷物になる

・長持ちしない、普通は30分程度で常温になる

・たまに不良品がある(叩いても、冷たくならない)

 

という感じでしょうか。

でも、とにかく夏の熱中症対策と、身体のケアには便利ですので、私は持ち歩いています。

自分が試合じゃないとき、観戦の時なんかもあるとすごく楽ですよ。

怪我したときには、緊急の冷却材にもなりますしね。

 

3.Amazonでまとめ買いがお得!

以前はドラッグストアで買ってましたが、Amazonならまとめ買いもお得。

特にPrime会員の方なら、かなりお安く入手可能です。

たくさん種類はありますが、持ち時間と大きさ、コスパを考えるとオススメはこの3つ。

■ヒヤロン

 

 

 

■ひえっぺ

 

 

 

■クイックフリーズ

 

 

 

ぜひ、使いながらみなさんもお気に入りの瞬間冷却パック、探してみて下さい。

ドリンク1本買うより安い、と思ったら、有りだと思いますよ。

真夏の戦いに、今から備えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

    フットワークは、トレーニングとシューズ次第?いえ、実はテニス選…

  2. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

    テニス選手として必要な筋力トレーニング、皆さんどんな感じでやってますか…

  3. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

  4. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

    テニスの試合の現場で、「あれ?こういう時って、ルールどうだっけ?」と思…

  5. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?

    平日は練習に、土日は試合・・・。高校や大学でテニスを頑張ってい…

  6. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

    皆さん、テニスを続けている中で「辛い怪我」の経験はありますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!
  3. テニス ミス

    その他

    サッカー日本代表戦を観て感じた、「コンディションの良さ」こそテニスの試合でも大事…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう
  5. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備…
PAGE TOP