テニス 準備

シングルス

浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているのかも知れませんが。

浅いボールは、テニスにおける攻撃のチャンス。

でもそれは、アナタの技術次第ということを、忘れてはいけません。

思っている以上に、浅いボールをしっかりさばく、攻撃していくのって、テニスでは難しいことなんですよ。

 

浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

 


 

1.しっかり攻撃、出来ている?

浅いボール、つまりはアナタ自身が前に動いて打つボール。

これを攻撃につなげていると、自信を持って言える方、何人いるでしょうか?

結構、試合でも難しいんですよ、これって。

打点も低くなって、態勢も崩れがちですからね。

そもそも、普段から同じ場所、からしかボールを打っていないような人、も多いじゃないですか?

テニスの試合では、ベースラインとサービスライン、の間くらいで打つショットに精度が求められるんですよね。

 

2.ベースラインからのショットは、みんなお上手

実際、打ち慣れていますから。

ベースライン近くからは、みんなボールをしっかりとコントロール出来る。

どれくらいで打てば、深く入るのか。

どれくらいで打てば、アウトしてしまうのか、を感覚で分かっている。

でも、これが数メートル前、の浅いボールになったらどうでしょう。

どの程度の力で打てば良いのか、感覚が狂ってしまう方が多いんじゃないですか?

実際には、このエリアでのプレーの精度が高い人、が試合で勝ち上がっていくんです。

 

3.あえて相手が、浅いボールを打っているのかも

と、疑ってみないとダメ。

シングルスの試合では、私はすごくこれを使います。

両手バックハンドのストロークの相手なら、バック側の浅いところは狙い目だと思っています。

だからこそ、相手に打たせて崩れてもらう。

相手からすると、「チャンスを決め切れていない自分」にイライラしている。

でも、私から見ると「単なる技術不足」にしか見えない。

浅いボールがチャンス、という思い込みは捨てないとダメですね。

 

4.相手のボールが、浅くなる予兆を感じよう

これが出来るかどうか、です。

相手のボールが浅くなる、自分が前にいけるタイミングを0.1秒でも早く察することが大事。

そうすれば、少なくとも打点が低くなることを最小限に出来る。

そして、心の準備も出来るし、打てるコースも決められる。

相手が打ってから慌てて気付く、そんな自分に気付いてますか?

この気付きが無い限りは、上達も無いですよ。

 

浅いボールを、綺麗に決めることがテニスの基本。

でも、その基本って結構難しいんですよね。

前に出る、アプローチショットにしても。

だからこそ、しっかり自分の中で「崩されてるんじゃないのか?」のチェックは大事。

シングルスの試合で頑張るみなさんは、特にチェックしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう

    シングルスの試合で、相手の実力や特徴を測ってみる。それには、序…

  2. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  3. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  4. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

    良いショットを打っていても、なぜか試合で決まらない。自分の攻め…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー
  2. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない
  3. テニス ストローク

    日々の雑記

    自分のテニスに、胸を張ってコートに立とう
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
PAGE TOP