テニス 準備

シングルス

浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているのかも知れませんが。

浅いボールは、テニスにおける攻撃のチャンス。

でもそれは、アナタの技術次第ということを、忘れてはいけません。

思っている以上に、浅いボールをしっかりさばく、攻撃していくのって、テニスでは難しいことなんですよ。

 

浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

 


 

1.しっかり攻撃、出来ている?

浅いボール、つまりはアナタ自身が前に動いて打つボール。

これを攻撃につなげていると、自信を持って言える方、何人いるでしょうか?

結構、試合でも難しいんですよ、これって。

打点も低くなって、態勢も崩れがちですからね。

そもそも、普段から同じ場所、からしかボールを打っていないような人、も多いじゃないですか?

テニスの試合では、ベースラインとサービスライン、の間くらいで打つショットに精度が求められるんですよね。

 

2.ベースラインからのショットは、みんなお上手

実際、打ち慣れていますから。

ベースライン近くからは、みんなボールをしっかりとコントロール出来る。

どれくらいで打てば、深く入るのか。

どれくらいで打てば、アウトしてしまうのか、を感覚で分かっている。

でも、これが数メートル前、の浅いボールになったらどうでしょう。

どの程度の力で打てば良いのか、感覚が狂ってしまう方が多いんじゃないですか?

実際には、このエリアでのプレーの精度が高い人、が試合で勝ち上がっていくんです。

 

3.あえて相手が、浅いボールを打っているのかも

と、疑ってみないとダメ。

シングルスの試合では、私はすごくこれを使います。

両手バックハンドのストロークの相手なら、バック側の浅いところは狙い目だと思っています。

だからこそ、相手に打たせて崩れてもらう。

相手からすると、「チャンスを決め切れていない自分」にイライラしている。

でも、私から見ると「単なる技術不足」にしか見えない。

浅いボールがチャンス、という思い込みは捨てないとダメですね。

 

4.相手のボールが、浅くなる予兆を感じよう

これが出来るかどうか、です。

相手のボールが浅くなる、自分が前にいけるタイミングを0.1秒でも早く察することが大事。

そうすれば、少なくとも打点が低くなることを最小限に出来る。

そして、心の準備も出来るし、打てるコースも決められる。

相手が打ってから慌てて気付く、そんな自分に気付いてますか?

この気付きが無い限りは、上達も無いですよ。

 

浅いボールを、綺麗に決めることがテニスの基本。

でも、その基本って結構難しいんですよね。

前に出る、アプローチショットにしても。

だからこそ、しっかり自分の中で「崩されてるんじゃないのか?」のチェックは大事。

シングルスの試合で頑張るみなさんは、特にチェックしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書い…

  2. テニス ストローク
  3. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  5. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう

    シングルスの試合で、相手の実力や特徴を測ってみる。それには、序…

  6. シングルス

    テニスのシングルスの試合は、「自分一人でコツコツ練習していれば強くなる」と信じている人、危険です

    テニスの醍醐味は、ある種個人戦にあるとも言える。自分の好きに試合し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!
  2. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です
  3. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実
  4. テニス ダブルス

    水分補給

    「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!
  5. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本
PAGE TOP