テニス 準備

戦術

浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

試合でしっかり、自分からポイントを取れる選手。

は、やっぱりこのショットが打てるんですよね。

相手の浅いボールから、攻撃してフィニッシュ出来る。

シングルスでもダブルスでも、試合に出て勝ちたいならここにこだわっていきましょう。

 

浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

 

1.ストロークで振り切ること、出来ますか?

浅いボール、ですからね。

簡単なようで難しい。

まずはネットを越えて、しかも相手コートにおさめないといけない。

後ろから打つショットよりも、回転量を増やして短い距離で相手コートに入るように、自分なりに何を変えていくのか。

それは、しっかり回転をかけるということ。

ラケットを振り切る、ということは、つまり回転量を増やすということです。

 

2.まずはしっかりスライス、でアプローチ出来るように

そのまま前でボレー、のネットプレーを考えたら、やっぱり基本はスライス。

「そんなの、簡単!」と思う方も、もっとレベルアップを考えて欲しい。

しっかりスライスの回転量を増やして、ラケットを振っていく。

そして、相手を追い込むくらいの精度のスライスアプローチ、に仕上げて欲しいんです。

低く滑って、相手はロブしか打てないくらい、に追い込めるスライス。

女性の方でも、しっかり意識高く練習すれば打てるようになるはずです。

 

3.横向きに入って、信じて振り切る

コツはこれ、を意識しましょう。

浅いボールに横向きで入って、しっかりと信じて振り切る。

振り切らないと、ボールに良い回転はかかりません。

甘くなったら、ネットに出た自分が危ない。

シングルスの試合でも、そうですよね。

浅いボールを攻撃していく、その為にはラケットを振り切って回転をかける。

実力がある選手は、全てこのショットで相手をしっかり攻撃出来るはず。

みなさんも、その精度を上げていけば試合で勝負出来るはずです。

 

4.「浅い球は打てないんだ・・・」と、相手に思わせること

序盤でしっかりこの攻撃が出来ると、相手はこう考えてくれる。

浅いボールが打てないから、深く深く・・・と考えてミスも増えるでしょう。

アナタ自身が、相手の浅いボールを潰すことを意識すれば、きっとプレッシャーになる。

序盤のプレーが肝、ですからね。

試合の後半に繰り出しても、遅い。

早めにプレッシャーをかけて、試合を優位に進めていきましょう。

 

浅いボールは、攻撃するんだと。

この意志を、試合の序盤から強く持つこと。

良いんです、アウトのミスは。

相手はきっと、攻撃されることの方が嫌なはずですよ。

ぜひ、今年のテーマの一つとして考えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること

    試合の中で、ガクッと来るような場面。それって、例えば長いラリー…

  2. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

  3. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように

    これは、自分との闘いです。ダブルスの試合、調子が最悪で自分が触…

  4. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニ…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉

    テニスの試合に勝ちたい。競っている試合を、何とか自分のものにし…

  6. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる

    試合で相手を観察して、特徴をつかみたい。でも、なかなかどんな特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるように…
  4. ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?
PAGE TOP