テニス 準備

戦術

浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

試合でしっかり、自分からポイントを取れる選手。

は、やっぱりこのショットが打てるんですよね。

相手の浅いボールから、攻撃してフィニッシュ出来る。

シングルスでもダブルスでも、試合に出て勝ちたいならここにこだわっていきましょう。

 

浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

 

1.ストロークで振り切ること、出来ますか?

浅いボール、ですからね。

簡単なようで難しい。

まずはネットを越えて、しかも相手コートにおさめないといけない。

後ろから打つショットよりも、回転量を増やして短い距離で相手コートに入るように、自分なりに何を変えていくのか。

それは、しっかり回転をかけるということ。

ラケットを振り切る、ということは、つまり回転量を増やすということです。

 

2.まずはしっかりスライス、でアプローチ出来るように

そのまま前でボレー、のネットプレーを考えたら、やっぱり基本はスライス。

「そんなの、簡単!」と思う方も、もっとレベルアップを考えて欲しい。

しっかりスライスの回転量を増やして、ラケットを振っていく。

そして、相手を追い込むくらいの精度のスライスアプローチ、に仕上げて欲しいんです。

低く滑って、相手はロブしか打てないくらい、に追い込めるスライス。

女性の方でも、しっかり意識高く練習すれば打てるようになるはずです。

 

3.横向きに入って、信じて振り切る

コツはこれ、を意識しましょう。

浅いボールに横向きで入って、しっかりと信じて振り切る。

振り切らないと、ボールに良い回転はかかりません。

甘くなったら、ネットに出た自分が危ない。

シングルスの試合でも、そうですよね。

浅いボールを攻撃していく、その為にはラケットを振り切って回転をかける。

実力がある選手は、全てこのショットで相手をしっかり攻撃出来るはず。

みなさんも、その精度を上げていけば試合で勝負出来るはずです。

 

4.「浅い球は打てないんだ・・・」と、相手に思わせること

序盤でしっかりこの攻撃が出来ると、相手はこう考えてくれる。

浅いボールが打てないから、深く深く・・・と考えてミスも増えるでしょう。

アナタ自身が、相手の浅いボールを潰すことを意識すれば、きっとプレッシャーになる。

序盤のプレーが肝、ですからね。

試合の後半に繰り出しても、遅い。

早めにプレッシャーをかけて、試合を優位に進めていきましょう。

 

浅いボールは、攻撃するんだと。

この意志を、試合の序盤から強く持つこと。

良いんです、アウトのミスは。

相手はきっと、攻撃されることの方が嫌なはずですよ。

ぜひ、今年のテーマの一つとして考えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

    良いテニス、悪いテニス。勝てるテニス、勝てないテニス。…

  2. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

  3. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること

    自分のテニスを、思い切って変えること。この重要性は何度も書いて…

  4. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備、がテニスの基本です

    テニスの試合は、当然ですが攻守全て自分一人でやらないといけない。…

  5. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない

    試合を動かすショット、テニスだとどんなショットでしょうか?一つ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    人に向かって打つ限り、テニスは上達しない

    テニスの試合、シングルスの試合出ている人の特権。それは、「人の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう
  2. テニス ミス

    リターン

    テニスの試合で、「リターンのネットミスはもったいない!」すぐに改善できる4つの方…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識すると、利き腕をコントロール出来る
  4. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
  5. テニス 格上相手

    メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている
PAGE TOP