テニス 走力

戦術

テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る

テニスの試合、みなさんは「初対戦」の割合ってどうでしょうか?

試合に出始めたばかりのころは、とにかく初めて試合をする相手、ばかりですよね。

色々な大会に出ていれば、基本は初対面の人と試合をするのが多い、のがテニスの大会。

だからこそ、必要なのはこの意識です。

 

テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る

 


 

1.先手必勝、はなぜなのか?

テニスの試合、基本は先手必勝。

これは、初対戦の試合なら特に言えることです。

理由としては、やはり動いた方が相手が考えてくれるから。

特徴のある作戦、例えばポーチやネットプレー、ロブなんかを見せておくと、相手はアナタのことを警戒してくれる。

複数の選択肢がある相手、だと思ってくれる。

そうなると、一つ一つのショットの精度って落ちていくんですよね。

自信を持って試合に入って、良いペースに乗られるのが一番怖いですから。

初対面の相手こそ、必要なのはまずアナタ自身を知ってもらうこと、です。

 

2.実は苦手なこと、こそ最初に出しておいた方が良い

例えば、アナタ自身がネットプレーが少し苦手だとしましょう。

出来れば、ボレーは打ちたくない。

そう思っているなら、逆に試合の序盤で先に出した方が良いでしょう。

先手必勝とは、何も先に得意な武器から使っていくことじゃない。

プレッシャーが少ない場面で、「私はボレー、全然苦手じゃないですよ」というメッセージを贈ること、だって大事なポイントです。

試合の後半に、出さないでおいた苦手なショットをいきなり使う、方が勇気が要るし失敗する可能性も高い。

先手必勝、の極意はこれです。

 

3.プレッシャーが少ない間に、色々やっておくことが大事

先手必勝、つまりはこれです。

試合の序盤なら、まだ失敗は許される。

それに、印象付けて相手に効果があるのも、試合の序盤ですよね。

試合の後半に色々と真新しいことをやっても、もう時すでに遅し。

試合の序盤に、なるべく色々なテニスを見せておく。

先手必勝だからと言って、必ずリードしないといけない、ということも無いです。

ポイントは5分か、少しリードされるくらいは想定内。

これでいきましょう。

 

4.大事なのは、自分で試合を作っていくという意識

試合前に、どういうプランで入るのか。

初対面の相手なら、考えるのが難しいと思います。

でも、だからこそ、大事なんです。

どんな相手かは分からないけど、先手必勝で序盤にしっかりプレッシャーをかけていく。

その貯金で、試合の後半は戦っていく。

この基本的な軸がある限り、そう負けることは無いと思いますよ。

先手必勝とは、つまり主体的に試合に入っていくということ。

この気持ちがあれば、自然とプレーにもキレが出て来るでしょう。

 

初対戦の相手に弱いと、なかなかテニスの大会で結果を出せない。

結果を出せないと、経験も積めないし自信も身に付きませんよね。

この悪循環を断ち切るには、先手必勝の勇気と準備が必要。

気負わず、最初に自分から動いていく姿勢、をぜひ大事にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう

    テニスにおける戦術の基本、もう一度確認しておきましょう。ミスは…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「自分の力だけで勝てる試合なんて1試合も無い」と思っておこう

    テニスプレイヤーって、ストイックな人も多い。社会人やベテラン、…

  3. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない

    試合の中で、必要以上に落ち込んでばかりの人、いませんか?失点す…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK…

  5. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

  6. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術…
  3. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に
  5. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
PAGE TOP