テニス メンタル

フットワーク

サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。

この音が、静かなコートにコダマして来る。

私は、この音がすごく好きです。

でも、慣れていないと・・・ちょっと気になったりするかも知れませんね。

見習うべきは、それくらい「サーブを打つ前に動き」が入るのがダブルス、ということです。

 

サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

 


 

1.相手がトスアップしてから、がヨーイドン!

みなさんは、試合の時にどうでしょうか。

相手のサーブ、の場面で、トスアップ後に足を鳴らすような音が聞こえるかどうか。

ハードコートで試合の時には、この「キュ、キュ、キュ、キュ!」という音、が聞こえるくらいが良い。

それくらい、激しくお互いにけん制し合って、動いている証ですからね。

サーブを打つ選手も、これを気にしていたらキリが無い。

気になるということは、まだそういうレベルに慣れていないということです。

トスアップしたと同時に、ヨーイドン!

お互いに、ポジションを変えたり、激しい揺さぶりがスタート、ですからね。

 

2.サーブのトスアップの後に、何が出来る?

さて、みなさんはどうでしょうか?

相手のサーブのトスアップ、の後にどんな動きが入れられるのか。

リターンの選手なら、前に入ったりフォアハンドで回り込んだり、出来ますよね。

相手はもう、こっちを見ていない訳ですから。

打つコースを読んで、攻撃していく姿勢を取る。

リターン側の前衛は、どうでしょう。

相手がサーブ&ボレーなら、ファーストボレーを狙うようなポジション、前に入るのも有効ですよね。

ストレートにアタックするなら、相手前衛の方を向いてケアする。

とにかく、この「トスアップしてから、サーブを打つ間」には、たくさんやるべきこと、があるんです。

 

3.動いている方が、リズムが取りやすい

これって、実際に試合では大きな意味があります。

止まっている状態からだと、なかなか人の身体って動けない、動き出せない。

ちょっとした反応で、素早い動きが出来ないじゃないですか。

それが、ちょっとした動き、を入れている状態からラリーに入ると、反射的に良い動きが出来る。

身体もリラックスして、良い反応が出来る。

みなさんも、ぜひ試して欲しいんです。

相手がトスアップ、したら足を鳴らすようにして、動いていく、何かを仕掛ける。

相手もそれを警戒して、プレッシャーに感じてくれるでしょうからね。

 

4.一番動きたいのは、サーブ側の前衛!

でしょう!まさに。

味方がトスアップしたのを感じたら、フェイントを入れたり、ジグザグ動く。

前に入って、リターンの選手に自分の存在をアピールする。

この動きを入れるからこそ、音が鳴るんですよね。

逆に言えば、鳴らないようならまだまだ、ステップが甘いということ。

しっかり音を鳴らす、くらいコートを足でつかんでフェイントを入れる。

音、ですら、テニスでは良いプレッシャーになるんですよね。

 

これはぜひ、プロの試合で感じて欲しい。

本当に、良い音、が鳴ってますからね。

ハードコートでは、この音の中でプレーすること、に慣れないと難しい。

相手が動いている・・・ことで、サーブの集中力を乱しているうちは、まだまだです。

試合に勝てるように、音、にも慣れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  2. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

    テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディ…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    ネットにスムーズに出るには、〇〇を意識すれば完璧

    前に出たいけど、なかなかフットワークが上手くいかない。どうして…

  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    ピンチの場面では、相手が打つ前に動いちゃおう

    自分のボールが甘くなって、相手のチャンスの時。もう、ダメかな・…

  6. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません

    テニスコートって広いのかなぁ。シングルスで一人の時は広く感じる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが…
  2. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる
  3. テニス 準備

    その他

    テニスの試合で、「試合で相手へ渡すボールは、必ずワンバウンドしっかりコントロール…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ
PAGE TOP