テニス メンタル

フットワーク

サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。

この音が、静かなコートにコダマして来る。

私は、この音がすごく好きです。

でも、慣れていないと・・・ちょっと気になったりするかも知れませんね。

見習うべきは、それくらい「サーブを打つ前に動き」が入るのがダブルス、ということです。

 

サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

 


 

1.相手がトスアップしてから、がヨーイドン!

みなさんは、試合の時にどうでしょうか。

相手のサーブ、の場面で、トスアップ後に足を鳴らすような音が聞こえるかどうか。

ハードコートで試合の時には、この「キュ、キュ、キュ、キュ!」という音、が聞こえるくらいが良い。

それくらい、激しくお互いにけん制し合って、動いている証ですからね。

サーブを打つ選手も、これを気にしていたらキリが無い。

気になるということは、まだそういうレベルに慣れていないということです。

トスアップしたと同時に、ヨーイドン!

お互いに、ポジションを変えたり、激しい揺さぶりがスタート、ですからね。

 

2.サーブのトスアップの後に、何が出来る?

さて、みなさんはどうでしょうか?

相手のサーブのトスアップ、の後にどんな動きが入れられるのか。

リターンの選手なら、前に入ったりフォアハンドで回り込んだり、出来ますよね。

相手はもう、こっちを見ていない訳ですから。

打つコースを読んで、攻撃していく姿勢を取る。

リターン側の前衛は、どうでしょう。

相手がサーブ&ボレーなら、ファーストボレーを狙うようなポジション、前に入るのも有効ですよね。

ストレートにアタックするなら、相手前衛の方を向いてケアする。

とにかく、この「トスアップしてから、サーブを打つ間」には、たくさんやるべきこと、があるんです。

 

3.動いている方が、リズムが取りやすい

これって、実際に試合では大きな意味があります。

止まっている状態からだと、なかなか人の身体って動けない、動き出せない。

ちょっとした反応で、素早い動きが出来ないじゃないですか。

それが、ちょっとした動き、を入れている状態からラリーに入ると、反射的に良い動きが出来る。

身体もリラックスして、良い反応が出来る。

みなさんも、ぜひ試して欲しいんです。

相手がトスアップ、したら足を鳴らすようにして、動いていく、何かを仕掛ける。

相手もそれを警戒して、プレッシャーに感じてくれるでしょうからね。

 

4.一番動きたいのは、サーブ側の前衛!

でしょう!まさに。

味方がトスアップしたのを感じたら、フェイントを入れたり、ジグザグ動く。

前に入って、リターンの選手に自分の存在をアピールする。

この動きを入れるからこそ、音が鳴るんですよね。

逆に言えば、鳴らないようならまだまだ、ステップが甘いということ。

しっかり音を鳴らす、くらいコートを足でつかんでフェイントを入れる。

音、ですら、テニスでは良いプレッシャーになるんですよね。

 

これはぜひ、プロの試合で感じて欲しい。

本当に、良い音、が鳴ってますからね。

ハードコートでは、この音の中でプレーすること、に慣れないと難しい。

相手が動いている・・・ことで、サーブの集中力を乱しているうちは、まだまだです。

試合に勝てるように、音、にも慣れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. フットワーク

    「ザーッと滑りながら追いかける」オムニコートのテニスの試合で必要な技術とは?

    日本のテニスコート、今ほとんどが砂入り人工芝のコートになってきたね。…

  2. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークとは?

    テニスラケットがどんどん発達している。でもやっぱりテニスはアナ…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

  4. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく…

  5. テニス 練習

    フットワーク

    テニスにおいて「ボールを目で追う」だけでは、良い反応にはならない

    テニスの試合で、素早い反応で返球したい。そう考えると、まず「ボ…

  6. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?

    いくら打ち方がちゃんとした綺麗なフォームでも、ボールを見ることが出来て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと
  2. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない
  3. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!
  4. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる
PAGE TOP