テニス ストローク

サーブ

リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。

それは、リターンの時の相手のポジションに、もっと神経質になるということです。

試合を観ていると、メリハリが凄いですよね。

ファーストサーブは深く下がってリターン、セカンドになると、しっかり前に踏み込んでくる。

この3メートルくらいの前後差、を相手主導で行わせてはいけない。

アナタ自身、サーブにバリエーションが無いと、試合では辛いですよ。

 

リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

 


 

1.下がっている相手に、強打しても・・・

それは、相手の思うツボ。

どんなに速いサーブも、ベースライン2メートル後方では、とっくに失速している。

コースも甘ければ、そこからでも相手は伸び伸び打てるでしょう。

こういう相手には、強打のサーブは全く無意味。

アナタ自身のリスクだけが先に大きくなり、体力も削られる。

自分から、相手の戦いやすいようなサーブ、を打っていては試合では到底勝てません。

 

2.必要なのは、浅いワイドへのサーブ

錦織選手も得意にしているこのサーブ、アナタ自身打てるでしょうか?

特に、右利きの方はデュースサイドからワイドに切れるスライスサーブ。

これを、しっかり浅い場所に入れる。

そうすると、後ろにいる相手は触れないですからね。

遅いサーブ、で浅く打つのがミソ、なんですよね。

このサーブ、の必要性をまず感じることが出来るかどうか。

感じることが出来ない人は、どんな相手でもバンバンサーブを打って、それでキープ出来ないで負けていくだけです。

 

3.厳しいコース、狙う必要は無し

大事なのは、アナタ自身のサーブにメリハリをつけること。

エース級のコース、に入れる必要はありません。

今までの速いサーブがあるなら、回転をかけて速度を落とす、浅い場所に打つ、だけで充分。

周りから見て、「お、変えてきたな」と分かるレベルで良いんです。

私も、実際の試合ではかなり甘いコースに打つこともあります。

それでも、下がっている相手には充分効きますから。

大事なのは、浅さです。

深いサーブだけ、が試合で使えると思ったら、大間違いですね。

 

4.出来るだけ、同じ立ち位置から打てるように

ワイドを狙うなら、つい外寄りからサーブを打ちたくなるところ。

でも、これも出来るだけ、同じ場所から打つようにしましょう。

試合慣れしている相手は、ちょっとポジションを変えるだけで、リターンのポジションも修正してくる。

ワイドに打つ時も、センターに打つ時も、基本は同じポジションから。

この基本をしっかり見据えて、普段からサーブ練習を行いましょう。

そう、深い位置で構えている相手に、ドロップを打つようなつもりで。

浅いワイドへのサーブ、は絶対に試合で必要です。

 

しっかり、ワイドを狙うこと。

この意識、希薄は人が多いと思います。

特に男性は、センターに速いサーブを打ちたい人ばっかり。

それでは、試合で下がった相手、を崩せないでしょう。

ぜひ、この機会にワイドへの浅いサーブ、磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

    ファーストサーブを、パサッとネットする。何気ない光景のようです…

  2. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ

    試合の中で、自分のサーブがネットミス。これ、改善出来ないとずる…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は・・・どうしよう?

    以前にプロ選手の試合を生で観戦していたときに、感じたこと。実は…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  5. テニス リターン
  6. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか

    皆さんのサーブ練習、どのような形で行っていますか?私は高校時代…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります…
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくな…
  3. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  4. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう
  5. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す
PAGE TOP