テニス ストローク

サーブ

リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。

それは、リターンの時の相手のポジションに、もっと神経質になるということです。

試合を観ていると、メリハリが凄いですよね。

ファーストサーブは深く下がってリターン、セカンドになると、しっかり前に踏み込んでくる。

この3メートルくらいの前後差、を相手主導で行わせてはいけない。

アナタ自身、サーブにバリエーションが無いと、試合では辛いですよ。

 

リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

 


 

1.下がっている相手に、強打しても・・・

それは、相手の思うツボ。

どんなに速いサーブも、ベースライン2メートル後方では、とっくに失速している。

コースも甘ければ、そこからでも相手は伸び伸び打てるでしょう。

こういう相手には、強打のサーブは全く無意味。

アナタ自身のリスクだけが先に大きくなり、体力も削られる。

自分から、相手の戦いやすいようなサーブ、を打っていては試合では到底勝てません。

 

2.必要なのは、浅いワイドへのサーブ

錦織選手も得意にしているこのサーブ、アナタ自身打てるでしょうか?

特に、右利きの方はデュースサイドからワイドに切れるスライスサーブ。

これを、しっかり浅い場所に入れる。

そうすると、後ろにいる相手は触れないですからね。

遅いサーブ、で浅く打つのがミソ、なんですよね。

このサーブ、の必要性をまず感じることが出来るかどうか。

感じることが出来ない人は、どんな相手でもバンバンサーブを打って、それでキープ出来ないで負けていくだけです。

 

3.厳しいコース、狙う必要は無し

大事なのは、アナタ自身のサーブにメリハリをつけること。

エース級のコース、に入れる必要はありません。

今までの速いサーブがあるなら、回転をかけて速度を落とす、浅い場所に打つ、だけで充分。

周りから見て、「お、変えてきたな」と分かるレベルで良いんです。

私も、実際の試合ではかなり甘いコースに打つこともあります。

それでも、下がっている相手には充分効きますから。

大事なのは、浅さです。

深いサーブだけ、が試合で使えると思ったら、大間違いですね。

 

4.出来るだけ、同じ立ち位置から打てるように

ワイドを狙うなら、つい外寄りからサーブを打ちたくなるところ。

でも、これも出来るだけ、同じ場所から打つようにしましょう。

試合慣れしている相手は、ちょっとポジションを変えるだけで、リターンのポジションも修正してくる。

ワイドに打つ時も、センターに打つ時も、基本は同じポジションから。

この基本をしっかり見据えて、普段からサーブ練習を行いましょう。

そう、深い位置で構えている相手に、ドロップを打つようなつもりで。

浅いワイドへのサーブ、は絶対に試合で必要です。

 

しっかり、ワイドを狙うこと。

この意識、希薄は人が多いと思います。

特に男性は、センターに速いサーブを打ちたい人ばっかり。

それでは、試合で下がった相手、を崩せないでしょう。

ぜひ、この機会にワイドへの浅いサーブ、磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

    試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。「そんなの、プロ選手だ…

  2. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想

    サーブに自信が無い・・・人、ほとんどだと思います。そういう人は…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

  4. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  5. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

    みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?恐らく…

  6. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります

    ダブルスの試合で、険悪なムードになる。まぁ、サーブが入らないと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する
  2. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らか
  4. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
  5. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう
PAGE TOP