テニス サーブ

サーブ

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

サーブは深いのが大前提。

深さがあるから相手も踏み込めないし、リターンも甘くなりやすい。

ですが、ワイドのサーブとなると・・・ちょっと要素が変わって来る。

深さだけ重視していると、本当の意味で良いサーブには辿り着けないかも知れません。

 

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

 


 

■最近錦織選手が一番、得意にしているサーブ

楽天オープンでの戦いが始まった錦織選手ですが、彼のサーブは最近特にバリエーションが増えています。

その代表格が、デュースサイドからのワイドへのサーブでしょう。

良い意味で「浅い」場所に入るので、相手は角度が付いたサーブを追うことが出来ない。

これが深いと、実は触れてしまうのがワイド方向へのサーブ。

その秘密は、一番曲がるタイミング、にあります。

 

■ワイドへのスライスサーブは、バウンド時に大きく変化する

しっかり「厚い」スライス回転がかかっているサーブは、コートにバウンドした瞬間に大きく変化する。

空中でも変化しますが、バウンドした瞬間からクッと切れていくような切れ味、鋭いスライスサーブの最大の武器になります。

であれば、浅い場所、ネットに近い場所でバウンドさせると早くコートの外に逃げていく良いサーブになる。

まるでショートクロスみたいなサーブ、になるので相手は触れないのです。

 

■山なりで少し「遅い」サーブが決め手!

このサーブ、技術的には難しいですが練習すれば必ず打てるようになります。

コツは、少し遅めで良いのでしっかりボールの横を打って、ボールに回転を与えること。

そうすれば、必ずボールは縦に変化してサービスエリアに収まってくれる。

そしてネットの上に作る目標は、センターストラップとシングルスのサイドラインの真ん中、より少しサイドライン寄りに設定しましょう。

ボールが落ちる場所は、ネットとサービスラインの中間よりもネット寄り。

浅くバウンドさせて、相手を前に引っ張り出すイメージで打ってみましょう。

深いポジションで構えている相手には・・・特に有効です!

 

速いサーブが得意な人は、しっかりこのスライスサーブが打てると効きます。

先ほども書きましたが、後ろで構えている相手にとっては打たれると非常に厄介でしょう。

しっかり「浅さ」が出せるように、回転量と落とす場所をイメージしてみて下さい。

楽天オープンを生で観れる方は、ぜひ錦織選手のこのサーブ、観ておいて下さいね!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  5. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

    普段何気なくやっている、サーブ練習。ほとんどの場合、みなさんも…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」…
  3. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    初中級者でサービスゲームのキープにいつも苦労する人は、「発想の整理」だけで自信が…
  5. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?
PAGE TOP