テニス サーブ

サーブ

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

サーブは深いのが大前提。

深さがあるから相手も踏み込めないし、リターンも甘くなりやすい。

ですが、ワイドのサーブとなると・・・ちょっと要素が変わって来る。

深さだけ重視していると、本当の意味で良いサーブには辿り着けないかも知れません。

 

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

 


 

■最近錦織選手が一番、得意にしているサーブ

楽天オープンでの戦いが始まった錦織選手ですが、彼のサーブは最近特にバリエーションが増えています。

その代表格が、デュースサイドからのワイドへのサーブでしょう。

良い意味で「浅い」場所に入るので、相手は角度が付いたサーブを追うことが出来ない。

これが深いと、実は触れてしまうのがワイド方向へのサーブ。

その秘密は、一番曲がるタイミング、にあります。

 

■ワイドへのスライスサーブは、バウンド時に大きく変化する

しっかり「厚い」スライス回転がかかっているサーブは、コートにバウンドした瞬間に大きく変化する。

空中でも変化しますが、バウンドした瞬間からクッと切れていくような切れ味、鋭いスライスサーブの最大の武器になります。

であれば、浅い場所、ネットに近い場所でバウンドさせると早くコートの外に逃げていく良いサーブになる。

まるでショートクロスみたいなサーブ、になるので相手は触れないのです。

 

■山なりで少し「遅い」サーブが決め手!

このサーブ、技術的には難しいですが練習すれば必ず打てるようになります。

コツは、少し遅めで良いのでしっかりボールの横を打って、ボールに回転を与えること。

そうすれば、必ずボールは縦に変化してサービスエリアに収まってくれる。

そしてネットの上に作る目標は、センターストラップとシングルスのサイドラインの真ん中、より少しサイドライン寄りに設定しましょう。

ボールが落ちる場所は、ネットとサービスラインの中間よりもネット寄り。

浅くバウンドさせて、相手を前に引っ張り出すイメージで打ってみましょう。

深いポジションで構えている相手には・・・特に有効です!

 

速いサーブが得意な人は、しっかりこのスライスサーブが打てると効きます。

先ほども書きましたが、後ろで構えている相手にとっては打たれると非常に厄介でしょう。

しっかり「浅さ」が出せるように、回転量と落とす場所をイメージしてみて下さい。

楽天オープンを生で観れる方は、ぜひ錦織選手のこのサーブ、観ておいて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよう

    サーブが安定しない人、どこかリズムが悪い。それが一番観て取れる…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ

    ダブルフォルトが続いてしまう。このとき、ダブルスだったらアナタ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう

    サーブのフォームチェック、意外と皆さんやっていない。大きな鏡が…

  5. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を

    試合でサーブ&ボレーになると、サーブ自体が乱れていく人、多いですよね。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

特集記事

  1. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから
  3. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し
  5. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選
PAGE TOP