テニス サーブ

サーブ

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

サーブは深いのが大前提。

深さがあるから相手も踏み込めないし、リターンも甘くなりやすい。

ですが、ワイドのサーブとなると・・・ちょっと要素が変わって来る。

深さだけ重視していると、本当の意味で良いサーブには辿り着けないかも知れません。

 

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

 

■最近錦織選手が一番、得意にしているサーブ

楽天オープンでの戦いが始まった錦織選手ですが、彼のサーブは最近特にバリエーションが増えています。

その代表格が、デュースサイドからのワイドへのサーブでしょう。

良い意味で「浅い」場所に入るので、相手は角度が付いたサーブを追うことが出来ない。

これが深いと、実は触れてしまうのがワイド方向へのサーブ。

その秘密は、一番曲がるタイミング、にあります。

 

■ワイドへのスライスサーブは、バウンド時に大きく変化する

しっかり「厚い」スライス回転がかかっているサーブは、コートにバウンドした瞬間に大きく変化する。

空中でも変化しますが、バウンドした瞬間からクッと切れていくような切れ味、鋭いスライスサーブの最大の武器になります。

であれば、浅い場所、ネットに近い場所でバウンドさせると早くコートの外に逃げていく良いサーブになる。

まるでショートクロスみたいなサーブ、になるので相手は触れないのです。

 

■山なりで少し「遅い」サーブが決め手!

このサーブ、技術的には難しいですが練習すれば必ず打てるようになります。

コツは、少し遅めで良いのでしっかりボールの横を打って、ボールに回転を与えること。

そうすれば、必ずボールは縦に変化してサービスエリアに収まってくれる。

そしてネットの上に作る目標は、センターストラップとシングルスのサイドラインの真ん中、より少しサイドライン寄りに設定しましょう。

ボールが落ちる場所は、ネットとサービスラインの中間よりもネット寄り。

浅くバウンドさせて、相手を前に引っ張り出すイメージで打ってみましょう。

深いポジションで構えている相手には・・・特に有効です!

 

速いサーブが得意な人は、しっかりこのスライスサーブが打てると効きます。

先ほども書きましたが、後ろで構えている相手にとっては打たれると非常に厄介でしょう。

しっかり「浅さ」が出せるように、回転量と落とす場所をイメージしてみて下さい。

楽天オープンを生で観れる方は、ぜひ錦織選手のこのサーブ、観ておいて下さいね!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブを考えるなら、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識しよう

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときで…

  3. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めてみよう!

    サーブを打った後、皆さんはどんな態勢になっているかイメージ出来ています…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと

    試合を観ていて、しんどそうに見える場面。その一つが、間違いなく…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?

    厳しいようですが、こういう言葉、試合後には便利です。何だか、ま…

  6. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、まず「ファーストとセカンドの差」を小さくしていく努力から始めてみましょう

    テニスの試合でダブルフォルトが多い人の特徴として、「差」があり過ぎる人…

特集記事

  1. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう
  2. テニス 打点

    その他

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識して…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい
  4. テニス ストローク

    ストローク

    試合で使える「重たいストローク」を身に付ける為に、必要な意識4つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?
PAGE TOP