ボレー

ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い

ダブルスの試合でラリーになると、どこに返球すれば良いのか分からなくなる。

技術はあるのにパニックになると、なかなかコントロールの良いボレーが打てないですよね。

そういう方は、シンプルにこの意識を大事にして良いと思います。

来た相手、にまた戻してあげる。

その形で、ダブルスは攻撃していけば良いんです。

 

ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い

 


 

1.打った相手、にまた打たせれば良い

ダブルスの試合も、打っている相手は一人。

この相手に、基本はまた返す。

なぜなら、相手も余裕が無いケースが多いから。

無理に、相手2人にボールを散らしていく必要は無いでしょう。

打って来た相手を、どんどん追い込んでいく意識でちょうど良い。

ダブルスの試合も、シンプルに考えて良いんです。

 

2.チャンスを引き出すまで、無理しない

ボレーを打つ、自分がネットにいても焦らない。

とにかく、簡単に決めにいかないことが大事です。

相手がボレー、自分もボレーのような場面でも、落ち着いて相手に返球していけば良い。

3往復くらいラリーをしていると、どこかで必ず相手のボールは甘くなるはず。

低いボール、速いボールで、無理に決めにいくとこちらが失点してしまいますからね。

ダブルスの試合も、どっしり構えてラリーしていきましょう。

 

3.来た相手に返球しながら、何となくでそのペアも視界に入れる

前にも書きましたが、何となく視界に入れる。

その中で、この相手は「ペアを助けに来る気があるのか?」というのを確認しておきましょう。

助けに来るようなら、ポーチを警戒してたまにボールを送る、見せておく必要がありますね。

でも、実際の試合では助けに来ない、参加しようとしないような選手も多い。

そんな相手なら、そこまで気にしないで良い。

視界の中に何となく入れておいて、ひたすら1人と相手する、くらいの感じでちょうど良いでしょう。

 

4.基本的には、相手の後衛を集中狙いで動かしていこう

ダブルスの時に、私が考えているのはこれ。

基本的に、相手の後衛を走らせる、ずっと触らせる。

前衛の上や雁行陣なら後衛の前、のようなスペース、を突いていければ楽に展開出来るでしょう。

相手の前衛に触らせない、ような試合運びが出来れば有効ですよね。

後衛を走らせて、こちらはローリスク、でポイントを取っていく。

こちらのペアは、2人で攻撃を組み立てていく。

2対1の構図を、ずっと試合で継続していけば勝てるはずです。

 

相手の後衛に、ずっと触らせる。

ダブルスの試合で、これが自然に出来れば強いですよね。

だからこそ、前衛がいかに参加するかが鍵になってくるんです。

こちらのペアが失点している時って、ほとんどが後衛だけが触って終わっているはず。

ぜひ、ダブルスの試合で意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  2. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問題

    ソフトテニスを経験していた方は、とてもパンチ力のあるボレーを打ってきま…

  3. テニス ボレー
  4. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

    今回実施させて頂いたアンケートでも、バックボレーに悩んでいる人が多い・…

  6. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる

    テニスの試合の中で、攻めているのに決まらない。毎回相手に返球さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ
  2. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  3. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「軸足使い分け上手」になれば、テニスの試合で積極的にライジングショットで攻撃でき…
  5. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事
PAGE TOP