テニス メンタル

メンタル

結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

テニスの試合に、引き分けはありません。

大会に出れば、言い方は悪いですけど「負けるまで」試合は続く。

本当に笑って会場を去れるのって、優勝者、優勝ペアしかいないのかも知れませんね。

それくらい、結果がハッキリしているテニス、勝負の世界。

結果が出ない時期に、自分とどう向き合うのか・・・は、大事ですね。

 

結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

 


 

1.実力に結果が伴わない、時期は必ずある

テニスだけの話、ではないと思いますが。

結果が出るまでに、時間がかかることって多いですよね。

その人に既に充分の実力があるように見えても、何かのきっかけが無いと、なかなか結果には結びつかない。

私は、たくさんのテニス選手を見て来て、その「きっかけ」というのが何だろうと考えて来ました。

それって、ほんの少しの自信、なんですよね。

 

2.結果が出ない時期に、いかに自信を養えるかどうか

これが、私はすごく大事だと思っています。

テニスを続けていて、なかなか試合で勝てない、上手くいかないような時期。

普通の人なら、どんどん自信を失っていって、ほとんどの人がテニスを止めてしまう。

学生のみなさんも、そうだと思います。

なんだかんだ言っても、試合で勝てないから楽しくない。

認められたいと思って頑張るけど、結果が伴わない中で、自信を無くして辞めていく人がほとんどです。

これは、アナタ自身が強く、自分をコントロールしていかないと厳しいんです。

 

3.結果が出ない中で、自分を信じることこそ戦いである

テニスの試合って、これです。

結果が出ない、苦しい中で、自分を信じてラケットを振れるかどうか。

試合で、これが出来る人がやっぱり強いんですよね。

調子が良い、勝っている時には、みなさん自信満々。

でも、強い相手と向かい合ったり、リードを拡げられると・・・すぐに自信を失ってしまう。

これは相当、日々トレーニングしておかないと厳しいんですよね。

 

4.だから、テニスノートがある

ですので、私は辛い時期ほど、なるべく文字にして残すようにしています。

苦しい時期にこそ、自分のありのままを書き出しておく。

後から読み返してみると、「なんだ、そんなことで悩んでたのか・・・」と、思ってしまうようなことばかりですが。

でも、そう思えるということは、自分が成長しているということじゃないか、と。

結果が伴わない時期、を自分の中で大切な時間、成長への土台作りと思えたら、強いと思いませんか?

これは全て、テニスの話。

でも私は、テニスを通じて得たこの力で、仕事やプライベートも乗り切ることが出来た、と思っています。

 

テニスが上手くなる、試合に勝つこと、ももちろん価値があること。

でもそれ以上に、テニスを通じて自分をどうコントロールしていくのか、を学んでいくことが何より大事。

私は今でも、そしてこれからもそう考えています。

結果が出ない、苦しんだ時期こそ、人生の財産になる。

そのきっかけがテニス、私は悪くない人生だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

    試合で誰もが考えること。それは、まず相手をリードして、その後に…

  2. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

    試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。「1本集中!」…

  3. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ

    以前実施したアンケートの中で、3名の方から頂いたご質問・・・よりもお悩…

  4. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を

    テニスをプレーしていると、仲間でも対戦相手でも、「この人、ちょっと変わ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない

    部活やサークルの練習中に、こんな人いませんか?私はいつも、こう…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう
  2. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!
  3. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い
  4. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い
  5. テニス 練習

    その他

    「新しい自分のテニスを作りたい!」という人は、テニスコート以外でもどんどん新しい…
PAGE TOP