テニス メンタル

メンタル

結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

テニスの試合に、引き分けはありません。

大会に出れば、言い方は悪いですけど「負けるまで」試合は続く。

本当に笑って会場を去れるのって、優勝者、優勝ペアしかいないのかも知れませんね。

それくらい、結果がハッキリしているテニス、勝負の世界。

結果が出ない時期に、自分とどう向き合うのか・・・は、大事ですね。

 

結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

 


 

1.実力に結果が伴わない、時期は必ずある

テニスだけの話、ではないと思いますが。

結果が出るまでに、時間がかかることって多いですよね。

その人に既に充分の実力があるように見えても、何かのきっかけが無いと、なかなか結果には結びつかない。

私は、たくさんのテニス選手を見て来て、その「きっかけ」というのが何だろうと考えて来ました。

それって、ほんの少しの自信、なんですよね。

 

2.結果が出ない時期に、いかに自信を養えるかどうか

これが、私はすごく大事だと思っています。

テニスを続けていて、なかなか試合で勝てない、上手くいかないような時期。

普通の人なら、どんどん自信を失っていって、ほとんどの人がテニスを止めてしまう。

学生のみなさんも、そうだと思います。

なんだかんだ言っても、試合で勝てないから楽しくない。

認められたいと思って頑張るけど、結果が伴わない中で、自信を無くして辞めていく人がほとんどです。

これは、アナタ自身が強く、自分をコントロールしていかないと厳しいんです。

 

3.結果が出ない中で、自分を信じることこそ戦いである

テニスの試合って、これです。

結果が出ない、苦しい中で、自分を信じてラケットを振れるかどうか。

試合で、これが出来る人がやっぱり強いんですよね。

調子が良い、勝っている時には、みなさん自信満々。

でも、強い相手と向かい合ったり、リードを拡げられると・・・すぐに自信を失ってしまう。

これは相当、日々トレーニングしておかないと厳しいんですよね。

 

4.だから、テニスノートがある

ですので、私は辛い時期ほど、なるべく文字にして残すようにしています。

苦しい時期にこそ、自分のありのままを書き出しておく。

後から読み返してみると、「なんだ、そんなことで悩んでたのか・・・」と、思ってしまうようなことばかりですが。

でも、そう思えるということは、自分が成長しているということじゃないか、と。

結果が伴わない時期、を自分の中で大切な時間、成長への土台作りと思えたら、強いと思いませんか?

これは全て、テニスの話。

でも私は、テニスを通じて得たこの力で、仕事やプライベートも乗り切ることが出来た、と思っています。

 

テニスが上手くなる、試合に勝つこと、ももちろん価値があること。

でもそれ以上に、テニスを通じて自分をどうコントロールしていくのか、を学んでいくことが何より大事。

私は今でも、そしてこれからもそう考えています。

結果が出ない、苦しんだ時期こそ、人生の財産になる。

そのきっかけがテニス、私は悪くない人生だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

    ボールを打ち合う競技、それがテニス。もちろん、経験も大事です。…

  2. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる

    先ほど終了した全豪オープン4回戦、錦織選手とフェデラー選手の試合。…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  4. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つのは当たり前

    テニスの試合、弱い人は思考に特徴がある。「苦しいのは、自分だけ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合中のガッツポーズは、自分自身に向けてやる

    試合中に、どうやって自分を鼓舞していくのか。声を出すのも良いし…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は?

    試合中、どうしようも無い不安に襲われるとき。それは、「また同じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス
  2. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう
  3. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ
  5. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
PAGE TOP