テニス 楽天

メンタル

本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

練習と試合の違い。

私は、結構こういう目に見えない問題が大きいと思っています。

本当に強い選手、試合で結果を出しているような選手は、やっぱり気迫が凄い。

それによって、プレーもすごい・・・以上に、私は相手への影響も大きいと思っています。

 

本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

 


 

1.相手から気迫を感じること、ありますか?

試合の中で、アナタ自身はどうでしょう。

相手から、すさまじい気迫、を感じることはありますか?

無い、という方は鈍感か、またはまだ本当の意味での試合を経験していないのかも知れないですね。

レベルに限らず、本当に勝ちたいという相手は、見れば分かる。

その気迫を感じ取って、受け止めて試合を進めていくことが、テニス選手としては大事になって来ます。

でも、これがなかなか難しいんですよ。

 

2.気迫に押される、その典型例はサーブ

例えば、相手のリターン側の選手の気迫が凄い。

もう、絶対にこのゲームをブレイクにかかって来ているような時、アナタ自身のサーブはどうでしょう。

やっぱり、打ち辛くないですか?

相手の気迫が凄い時に、こちら側が影響を受けてダブルフォルトしてしまう。

これは、プロの試合でも結構あること。

錦織選手のリターンの調子が良い時は、その気迫に押されて相手もどんどんダブっていく。

そう、気迫って相手をも狂わせていくんですよね。

 

3.時に間を空けること、も大事

私自身は、意識的に試合でこれを実践しています。

相手の気迫が凄い、気合が入っているような時には、ワンテンポずらす。

少しだけポイント間で時間を使ったり、相手の気迫をそらすような何か、をしかけていきます。

これで、自分の間でプレー出来る、と思いますよ。

ちょっとしたことですが、相手の気迫に押されている、自分の判断が狂わされそうな時には、先に手を打つこと。

テニスの試合では、これも大事な要素です。

 

4.相手を怖いと感じる、自分の弱さと向き合おう

試合って、やっぱり怖いですよ。

リードしていても、まさに勝ちそうになっても、いつ逆転されるのか怖い。

相手も気迫がある、しっかり勝つ意識の高い相手なら、自分が怖いと感じることもある。

この準備、出来ていない人が多いんですよね。

ただメンタルが弱い、で済ますのではダメ。

弱い自分を受け入れて、恐れている自分を客観視して戦わないと、ずっと試合では勝てないですよ。

 

気迫は技術を凌駕していく、時も試合ではあります。

何より、相手の技術力を下げるくらいの気迫、みなさんは目の当たりにしたことありますか?

私は、あります。

それくらい、人って相手の感情に押されやすいですから。

だからテニスは面白い。

試合は面白いんですよね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス 指導

    メンタル

    辛い試合を乗り越えた選手じゃないと、本当の意地は見せられない

    テニスの試合、最後の最後で踏ん張れるかどうか。意地を見せて、試…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

    試合で何が、一番辛いか。それは相手が「余裕を持ってプレーをして…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

    テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。挑戦されたり、挑戦…

  5. テニス リターン

    メンタル

    「試合内容が良くても結果が出せない」人に共通する、テニス選手の特徴について

    よく試合会場で聞くのが、「内容は良かったけど、勝てなかったね・・・」と…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショッ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である
  3. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう
  4. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
PAGE TOP