メンタル

一般テニスの試合こそ、気迫は技術を凌駕する

私たち、プロではない一般の試合を見ていて、感じること。

いや、プレーしていた方が一番感じますかね。

よく「技術よりメンタルが大事」という人もいますが、私もこういう場面、たくさん見てきました。

メンタルが強い、というよりもシンプルに気迫、ですよね。

試合に強い人って、ここ一番で技術以上に大事なもの、を出してくるから凄いんです。

 

一般テニスの試合こそ、気迫は技術を凌駕する

 


 

1.気迫溢れる人、はアナタの身近にいますか?

これがいるかいないか、って結構重要だと思います。

気迫溢れる人、練習から絶対に負けないという意志を持っている人、は身近に必要。

そして、アナタ自身がそれを見て何を感じるか、です。

「たかがテニスでそんなに熱くなって・・・」と思うのか。

「自分も負けてられないな」と思うのか。

大事な場面、試合で気迫は技術を凌駕していきます。

それは特に、テニスという競技だから言えるかもしれませんね。

 

2.走り回って拾う、相手に技術で上回るのは簡単じゃない

みなさんも、経験あるんじゃないですか?

足が速くて体力がある、こういう相手に技術で勝つのは難しい。

それこそ、相手のラケットを弾くようなパワー、があれば別ですけどね。

走り回るような気迫、がある相手を無理に技術で凌駕しようとする、から負けていく。

シコラーに弱い人は、ここの気迫に負けているケースがほとんどですからね。

あえて、言いますね。

シコラーに弱い、粘り強い相手に弱いと感じている人は、気迫で負けている。

アナタの技術を、凌駕されていることに気付かないと、ずっと結果は変わらないですよ。

 

3.気迫を持つことは、まず勇気を持つことから

本当に試合に勝ちたい、と思うなら。

試合のコートで、アナタ自身がどう見られているのか、その行動から変えていく必要がありますね。

おとなしいと思っている人こそ、大事な場面ではガッツポーズを作る。

声を出したって良いでしょう。

気迫があるから行動が出る、んじゃなくて、行動を変えるから気迫あふれるプレーが自分にも宿っていくんです。

私自身、これは意識的にやっています。

普段はおとなしい・・・と自分で感じていますから、コート上では人格を変えていかないといけない。

そうじゃないと、すぐに技術に走って悪い癖、が出てしまいますからね。

 

4.相手だって、一般市民ですから

もちろん、強い相手もいますよ。

現役大学生から、職業コーチの人も試合には出てきますからね。

でも、プロ選手ってわけじゃないですから。

自分と同じ、自分の気迫は通じると思って間違いないです。

勝ちたいと思う気持ちを、もっと正直にコートの上で出していって良い。

その試合を終えた後に、きっとアナタ自身また課題が見えてくるはず。

これが見えるから、また強くなっていくんです。

気迫溢れるプレーで、アナタ自身の精度が問われる。

これだけは、覚えておいてください。

 

気迫を込めて、プレーする。

これを避けたい人は、申し訳ありませんがそこで壁が出来て終わりでしょう。

アナタ自身の勝ちたいと思う気持ち、闘争心は、誰も火を付けてくれませんから。

上手い相手に、気迫で勝つ。

そんな試合を、私はこれからも楽しみに頑張っていきます。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が強い

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、…

  3. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えていこう

    4月から新しいチーム、でテニスを始める方も多いはず。今回は、ち…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

    テニスの試合、私自身たくさんの試合を経験してきました。それは選…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

    「もしもあのサーブが入っていれば・・・」「あのポイントでポーチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実
  2. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
PAGE TOP