テニス メンタル

サーブ

テニスはなぜ、残酷な競技なのか?

テニスって、残酷な競技。

私は、何度か書いて来ましたが、その要素ってサーブにあると思います。

他競技と比べても、やっぱりテニスって難しい。

試合で、どれだけ準備していても、上手い人でも陥ってしまうダブルフォルト地獄。

これって、ある意味必然なんですよね。

 

テニスはなぜ、残酷な競技なのか?

 

1.あんな遠い場所に、コントロールしてから試合スタート

確かに、サーブから試合を始める競技、はテニス以外にも多いですよね。

バレーボールに卓球、バドミントン、ネットを挟んだ競技では、ほとんどがサーブから試合が始まる。

でも、あえて言わせて頂きます。

テニスが、一番難しいでしょう、これは。

あんなに遠くのエリア、に入れないといけないし、当然甘いボールは相手に打ち込まれる。

「いや、それって他もそうじゃない?」と思うかも知れません。

でも、テニスならではの要素、はまだ他にもあると思いますよ。

 

2.選手交代出来ないし、2回目というプレッシャーもある

まず、テニスはサーブが入らなくてもゲームが終わらないとサーブを打つ人は変われない。

ミスしたら次の人、という訳にいかないですよね。

それに、1回目のミスはOK、という形でセカンドサーブがありますが、それはそれで2回だから入れないといけないというプレッシャーがある。

1回目失敗、というイメージも、どうしても引きずってしまいませんか?

2回中1回、入れば良い、とはいえ・・・2回目のプレッシャー、セカンドサーブの緊張感ってすごいじゃないですか。

この辺り、レベルに限らずやっぱりテニスの緊張感ってすごいと思いますよ。

だからこそ、アナタ自身は相当覚悟して切り替え、の準備をしておかないといけない、ですから。

 

3.サーブは好きか嫌いか、という問題ではない

実際、私の周りでも2つの分かれるような気がします。

サーブが好きな人、嫌いな人。

女性の方ですと、嫌い=苦手意識が強い人が多いですかね。

すごく気持ちは分かりますし、書いてきた通り得意になれという方が難しい、でしょう。

でも、やっぱりこれって損ですからね。

サービスゲームは、やりません!という訳にはいかない。

だったら、好きになることは出来なくても、計算出来るようにはなっておきたい。

そのために、必要なことって何でしょう?

 

4.どんなに入らないサーブでも、1ゲームで終わる

少し、客観的に考えてみましょう。

私は、どうにもサーブが入らない時には、こう考えるようにしてます。

「しっかり振って入らないなら、しょうがない」と。

それを言ったらおしまいじゃないか、と思うかも知れませんが・・・試合の現場では、仕方ないですよ。

ネットだけはしない、オーバーフォルトは仕方ない。

もちろん、必死で修正しようとしますよ。

でも、テニスではどんなにダブルフォルトを連発しても、1ゲーム失うだけ。

それから切り替えれば良い。

野球やサッカーのように、致命的な1点が入る訳じゃない・・・と、残酷なテニスのルールの中にも光を見出す。

要は、考えようですね。

もちろんブレイクされるのは痛いですが、1ゲーム失うだけでとどまるんだ、という意識も大事でしょう。

 

サーブは難しい、だから面白い。

そして、人と差を付けやすい部分だとも思っています。

嫌いになる、苦手意識を持つこと、が自然です。

問題は、そこから。

アナタ自身が、自分のサーブを、サービスゲームをどうしたいのか。

そこにかかっている、と思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

    安定感があって攻撃的なサーブ、理想ですよね。まずイメージするの…

  2. テニス サーブ
  3. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも

    サーブが苦手・・・な人が、よく持つ感想としてこんな話を聞きます。…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4つ

    サーブ&ボレーの選手が勝てなくなって久しいと言われていますが、…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

  6. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる
  2. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!
  3. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ…
  5. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう
PAGE TOP