テニス サーブ

サーブ

「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?

厳しいようですが、こういう言葉、試合後には便利です。

何だか、まるでたまたま、みたいに聞こえますが・・・きっと、そうじゃないはず。

敗因の本当の要因、サーブだけじゃないでしょう。

問題は、サーブに対するアナタ自身のスタンスです。

 

「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?

 


 

1.サーブが入らないのは、技術は不足しているから

よく、メンタルが弱いから、とか言われますよね。

身長が低いから、肩が上がらないから・・・という方も多いでしょう。

でもそれって、サーブが入らない要因、にはなりません。

原因は一つ、サーブに対するスタンスが悪く技術が無いんです。

セカンドサーブだって、一緒です。

メンタルが強ければ入る?

メンタルが最強の人でも、しっかり振り切れるグリップと打点、身体の使い方を覚えないと、サーブは入らないですよ。

そしてサーブを強化しない限り、この言い訳の元で何度も負けていくこと、になるのですから。

 

2.サーブが入らないなら、それは求め過ぎな可能性大

どうでしょう?そもそも、強く打ち過ぎてはいませんか?

サーブで追い込みたい、攻撃されたくないから、直線的なボールで速いサーブ、を打ちたくなる。

ファーストサーブをバン!と打って、セカンドはポワーンと打つ。

こういうリズムの人って、結局ダブルフォルトばっかり。

サーブが入らない人は、そのサーブに対するスタンスを変えていかない限り、難しいですよ。

入らない、のは当然の結果ですから。

 

3.サーブは入れる、じゃなくてサーブから組み立てる意識で

サーブは入れる、という発想も卒業しましょう。

テニスの試合では、サーブからラリー、試合を作っていく。

そこに、アナタ自身の意志があるはずなんです。

センターに打って前衛を活かす、ワイドに打ってロブを誘う、ボディに打って浅いボールを引き出す・・・。

コントロールサーブで試合を作る、ことがイメージ出来れば、すごく進歩出来ると思います。

「入る、入らない」という状況から、脱すること。

卒業すること、がアナタ自身に必要でしょう。

 

4.キーワードは、サーブの軌道

軌道を上げれば、深さが出る。

直線的ではなく、山なりなサーブ。

ネットを越えれば、自分で調整出来るしコントロールも出来る。

サーブを変えたいなら、軌道を変える。

軌道を変えるためには、打点やグリップ、を変えないといけないですよね。

上から押さえつけるのではなく、上に伸びていくようなサーブ、に変えていく。

まずはアナタ自身で、必要性を感じながらトライしてみて下さい。

 

サーブが入らないで、試合にならない。

これは、誰しもが経験する道、でしょう。

でも、そこで止まっているかどうか、言い訳の材料としてずっと使っているかどうか、はアナタ次第。

サーブに対するスタンスを変えないと、ずっと成績は変わらないでしょう。

それくらい、テニスの試合でサーブって大事、ですから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

    試合の中で、サーブが入らないと・・・みなさんどうですか。もう、…

  5. サーブ

    初中級から抜け出す、回転系サーブはこうやって打とう!

    テニスの試合は、サーブから始まる。このサーブが弱い、安定して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  3. テニス 練習

    戦術

    再現性の高さ、こそテニスの真の実力である
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる
  5. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない
PAGE TOP