ストローク

ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ

相手のストロークが深くて、自分が下がれない時。

こういう時には、もうその場でライジングショット、ハーフバウンドで処理するしかないですよね。

少し前までは、この技術はすごく難しい、上級テクだったかもしれません。

でも、最近ではそうでも無いと思いますよ。

 

ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ

 

1.確実にラケットで捕らえること、が大事

最近のラケットなら、大丈夫。

しっかりラケット面で捕らえることが出来れば、しっかりボールは飛んでくれます。

深いボール、をハーフバウンドでのストロークでも、ボールに負けないで面もぶれない。

確実に、まずはラケットの真ん中に当てること、が大事。

相手の深いボレー、をストロークで返球する時には、この技術は絶対に必要。

コツは、伸び上がらないで低い態勢で打ち終わる、ということです。

 

2.目線を低く、膝を曲げて腰を落とす

ハーフバウンド、のストロークは出来るだけ態勢を低くしたい。

背筋は伸ばして、そのまま腰を落として目線はネットの高さくらい。

ここまで低くなって、そのままピュッと打ち終わる。

ボールを持ちあげたいからと言って、伸び上がるような感じにならないこと、が大事です。

アゴを締めて、顔を残す。

これが、意外と出来ないんですよ。

深いボールはそれだけで圧迫感がありますからね。

焦ってつい、身体が伸び上がってしまう。

そうじゃなくて、低いまま、で打ち終わる感覚が大事です。

 

3.少しだけ薄いグリップ、がお勧め

普段、厚いグリップでスピン回転を打つ方も、握りを少しだけ薄くする。

激しい回転量、を与えるのはハーフバウンドだと難しいんです。

もちろん、何とかかけることは出来ますが、打点を本当に点で合わせないといけない、くらいちょっとずれるとガシャってしまう。

グリップを少しだけ薄くするだけで、後ろから前に押せるようになる、のが特徴です。

後ろから前、に押していきながら、ボールがバウンドした直後をしっかり捕らえる。

この意識で、ぜひ取り組んでみて下さい。

 

4.雑にならない、ことが何より大事

深いボレー、を喰らってしまうとすぐ雑になる人、多くないですか?

練習からも、「入る雰囲気が無さそうな、ライジングショット」を打っている人いますよね。

こういう人は、まず試合でも無理。

丁寧さ、が無いとハーフバウンドのストロークは難しいと思って下さい。

丁寧だけど、振り出しは速く、大胆に。

低い姿勢のままで打ち終わる、と思ったら、動作も自然にシンプルになりますからね。

相手のナイスボール、ですから無理せず丁寧にいきましょう!

 

ダブルスで、このボールがしっかり返せるかどうか。

深いところに入ったボールを、ストロークで応戦出来ないと厳しいですよね。

普段の練習から、低い態勢で、低い態勢のままで打ち終わるようなイメージ、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり

    ショットが甘いとやられる。だからショットは甘くならないようにしなき…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

    相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?もち…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

  4. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる

    ストロークでもサーブでも、スウィングの切れ味をアップしていくこと。…

  5. テニス リターン
  6. テニス 練習

    ストローク

    力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる

    ストロークで、自分がミスをするとき。皆さん、ほとんどが力んでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  3. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  5. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
PAGE TOP