テニス ボレー

戦術

イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

試合の中で、カウントが進んでいく。

このカウントについて、しっかり意識を持って進めていくこと、出来ていますか?

漠然と、目の前のポイントだけに集中、だと・・・調子が良いときは良いんですけどね。

どういうカウント、に自分自身していきたいのか。

意識してプレーしておく、方が私は試合に勝てると思いますよ。

 

イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

 

1.最初の2ポイント、でリードが理想

特に、サービスゲーム。

30-0、にしていけばかなり優位に立てるし、余裕が生まれる。

30-0にする、ために、アナタ自身具体的なプランはどうでしょう?

しっかり、確率の高い自分の得意パターン、をまず2回しっかり確実に行うこと、が大事ですね。

最悪、15-15。

こういうカウントを、自分から作っていく、という意識が試合では大事です。

 

2.カウントは「なる」じゃなくて、「作る」のが試合

結果的に40-0、になることもある。

でも、結果的に0-40、になるサービスゲームは大問題です。

何の問題も無く、0-40になる、ということはあり得ない。

そんなに実力差があるなら、アナタ自身が出る大会を間違えた、のかも知れません。

でも、そんなことは稀でしょう。

アナタ自身、何も考えないでプレーしているから、こうなってしまう。

カウントを作っていこうという意識が無く、ただこういうカウントに「なってしまう」感じの試合、でしょうから。

これでは試合に勝てる訳無い、ですよね。

 

3.カウントを作る、為の武器はアナタにあるか?

試合で使える武器、強力なショット?

それも必要なも知れませんが、カウントを作っていくのに必要なのは、私は強力な守備力、だと思います。

安定して使える盾、のようなもの。

武器には波があるけど、盾には波が少ない。

粘ってポイントを取り返す、カウントを整えるような守備、こそ私は大事だと思いますよね。

カウントを作るのって、攻撃だけじゃない。

計算出来る守備、こそ、試合では必要だと思います。

 

4.相手の嫌なところに返す、その技術を練習から磨こう

「よし、じゃあ走って粘ろう!」というのも一つの手。

でも、ベテランやシニアの方、一般の方は脚力も体力も限りがありますから。

それよりも、相手の攻撃を予測して相手の「嫌なところ」に返球する。

攻撃されても「あそこに返せば、嫌だろうな」という場所を見つけておく。

私なら、ロブをどこに打つか、を決めておく。

あとは足元、でバックボレーをさせるような配球、が出来るまで我慢する。

こういう意識、で練習しておくこと、が大事ですよ。

 

カウントを作る、には渋いプレーも必要。

守備から流れを変える、

「こういうカウントにして、相手にプレッシャーをかけるぞ!」と、自分で考えておく。

これが、出来る選手は試合でも強いし、簡単には負けない。

さぁ、アナタ自身はどうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合では、「どこに打ちたいか」よりも、「どこに打てるか」で考えないと

    試合では、やっぱり現実的に戦うこと。これが出来る人が、コンスタ…

  2. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ

    テニス選手としてんじょ、「形を作りたい」。私もずっと、これは考…

  3. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という選択肢が有効

    試合の中で、こういう相手は結構多い。相手の攻撃を、「反撃する」…

  4. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わすことができる

    試合で勝てる人は、テニスの技術はもちろん、その使い分けが上手い。…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い

    試合で一生懸命使っていても、効果が無いこと。これ、一番多いのは…

  6. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

    自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。でも、それが通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    Q&A

    Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコ…
  2. テニス ボレー

    その他

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほと…
  3. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう…
  4. テニス 技術

    戦術

    スポーツチームの監督が若手選手を起用するように、アナタ自身も「若手技術」を試合で…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
PAGE TOP