テニス ボレー

戦術

イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

試合の中で、カウントが進んでいく。

このカウントについて、しっかり意識を持って進めていくこと、出来ていますか?

漠然と、目の前のポイントだけに集中、だと・・・調子が良いときは良いんですけどね。

どういうカウント、に自分自身していきたいのか。

意識してプレーしておく、方が私は試合に勝てると思いますよ。

 

イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

 


 

1.最初の2ポイント、でリードが理想

特に、サービスゲーム。

30-0、にしていけばかなり優位に立てるし、余裕が生まれる。

30-0にする、ために、アナタ自身具体的なプランはどうでしょう?

しっかり、確率の高い自分の得意パターン、をまず2回しっかり確実に行うこと、が大事ですね。

最悪、15-15。

こういうカウントを、自分から作っていく、という意識が試合では大事です。

 

2.カウントは「なる」じゃなくて、「作る」のが試合

結果的に40-0、になることもある。

でも、結果的に0-40、になるサービスゲームは大問題です。

何の問題も無く、0-40になる、ということはあり得ない。

そんなに実力差があるなら、アナタ自身が出る大会を間違えた、のかも知れません。

でも、そんなことは稀でしょう。

アナタ自身、何も考えないでプレーしているから、こうなってしまう。

カウントを作っていこうという意識が無く、ただこういうカウントに「なってしまう」感じの試合、でしょうから。

これでは試合に勝てる訳無い、ですよね。

 

3.カウントを作る、為の武器はアナタにあるか?

試合で使える武器、強力なショット?

それも必要なも知れませんが、カウントを作っていくのに必要なのは、私は強力な守備力、だと思います。

安定して使える盾、のようなもの。

武器には波があるけど、盾には波が少ない。

粘ってポイントを取り返す、カウントを整えるような守備、こそ私は大事だと思いますよね。

カウントを作るのって、攻撃だけじゃない。

計算出来る守備、こそ、試合では必要だと思います。

 

4.相手の嫌なところに返す、その技術を練習から磨こう

「よし、じゃあ走って粘ろう!」というのも一つの手。

でも、ベテランやシニアの方、一般の方は脚力も体力も限りがありますから。

それよりも、相手の攻撃を予測して相手の「嫌なところ」に返球する。

攻撃されても「あそこに返せば、嫌だろうな」という場所を見つけておく。

私なら、ロブをどこに打つか、を決めておく。

あとは足元、でバックボレーをさせるような配球、が出来るまで我慢する。

こういう意識、で練習しておくこと、が大事ですよ。

 

カウントを作る、には渋いプレーも必要。

守備から流れを変える、

「こういうカウントにして、相手にプレッシャーをかけるぞ!」と、自分で考えておく。

これが、出来る選手は試合でも強いし、簡単には負けない。

さぁ、アナタ自身はどうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

    初対戦の試合って、みなさん得意ですか?苦手という方、の方が実際…

  2. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大

    試合の後半、疲れてきても・・・・ぜひ、冷静に相手を見て欲しい。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

  4. テニス ストローク

    戦術

    失敗を恐れない相手ほど、試合で怖いものは無い

    対戦するときに、嫌な相手。それって、どんな相手でしょう?…

  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

    試合の中で、挽回出来る人。それはやっぱり、どこかで修正が効く人…

  6. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝

    ダブルスの試合で、前衛の上をロブで抜かれる。そうすると、チェン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    ダブルスの試合は、後からサーブを打つ選手がしんどくなる件
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟
  3. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?
  4. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると…
  5. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に…
PAGE TOP