テニス ダブルス

ロブ

一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。

ダブルスの試合なら、相手の陣形を崩す、ようなショットを使っていきたい。

その発想があれば、こういうロブが自然と打てるようになるはずです。

精度が高い、だけじゃ試合で通用しない。

触れそうで触れない、から相手が崩れてくれるんです。

 

一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

 

1.最高のロブは、前衛も諦めるのが早い

良いロブ、最高に深くて高いロブは、確かに大事。

でも、どうでしょう。

そんなロブだったら、前衛は迷うことなくさっさと後衛に任せてしまう。

後衛も明らかに前衛が取れない、とすぐに気づくでしょうから、カバーに走る走り出しも早い。

これは一見崩しているようで、そうでもない。

相手のナイスショットに、素早く反応されてしまう典型例でしょう。

 

2.前衛が触れそうなロブ、は両者に迷いが生じる

前衛も後衛も、迷うロブ。

それは、触れそうに一見見えるロブ、ですね。

前衛も「打てるかも!」と思って少し下がる、スマッシュを打ちそうな素振り、を見せる。

後衛も、そんな前衛に期待する。

「お、これは打ってくれるよな」と思って、カバーに入る気持ちを無くしてしまう。

でも結果的に、実は甘いロブではなくて前衛も触るのがやっと、または触ろうとしたのに後衛に任せてしまう。

こういうロブ、が試合を動かすし相手のメンタルも削っていく。

それがダブルス、なんですよね。

 

3.低いスライスロブ、から挑戦してみよう

まず、高いロブから低いロブ、に変えてみる。

少しスライス回転をかけて、ボレーのような感覚で良いと私は思いますよ。

少し下がれば触れる、くらいの甘いロブで良い。

これを相手の前衛が、どう感じるか、が大事ですから。

そもそも、積極的に打ちに来るような相手なら、下がって打って来るかも知れない。

消極的な相手なら、パッと任せるかも知れない。

とにかく相手に応じて、任せるか自分で打つかの境目、のような軌道を探ってみることが大事です。

 

4.任せてばっかりの前衛、にはどんどんスマッシュやハイボレーを打たせよう

実際の試合では、結構任せる人多いと思うんですよね、前衛で。

とにかくロブ=自分のボールではない、と考えている人も多いですから。

こういう人には、どんどん触らせてOK。

甘いロブ、でも良いんです。

後衛の選手も、きっと甘いロブでも全部自分がカバーしないといけない、くらいに思っていますから。

打たせてミスを誘う、ますます試合に参加し辛くさせてしまう。

これでダブルスは、もう勝ったようなものです。

 

相手の陣形を崩すには、迷いを誘うこと。

自分で打つのか任せるのか、その境目を探るにはロブが一番効果的です。

「なんだよ・・・今の、どうすれば良いの?」と、相手が両方感じてくれるようなショット。

それがダブルスに必要な、相手を崩すショットですね。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  2. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

    ミックスダブルスで、今年は結果を出していきたいみなさん。まず、…

  4. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

特集記事

  1. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼…
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」という場面を…
PAGE TOP