テニス 打点

その他

遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること

ラケットでボールを遠くに送ること。

意外と、この機会って多いと思いませんか?

練習でラリーを始めるときも、また試合で相手にボールを送るときも、使いますよね。

でもこのコントロール、基本が出来ていないと、ムダに神経を使うことになってしまう。

意識したいのは、ラケットを大きく引くこと、です。

 

遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること

 


 

1.遠くへの球出し、出来てますか?

しっかりとコントロール良く、フラットに当てて相手にワンバウンドで届く。

高い軌道で、遅くもなく速くも無く・・・って難しいですよね。

これが出来ないと、試合でも毎回気を遣うことになります。

またテニスコーチを志す方なら、ラケットで安定した球出しが求められますからね。

しっかりと意識して、出来るようになるとテニス人としての格が上がる。

逆に出来ないと、試合でも不安な感じになって堂々と出来ない。

小さいことですが、相手への威圧感も全く違うモノになるでしょう。

 

2.ラケットをしっかり身体から離すこと、が大事

私が意識しているのは、しっかりラケットが加速した状態でボールに当たる、ということ。

加速する、ということは、ボールに当たる打点までにしっかり動く時間があるということです。

ラケットを後ろにセットして、大きく動かしてボールを打つ。

ゆったりした動きで打てば、ボールもそこまで強く飛ばないで良い感じ、の山なりなボールになるでしょう。

これが苦手な人って、小さく引いて「えい!」と打つ感じ。

後ろへの引きが少ないと、実は球出し練習でもすごく打ち辛い感じになってしまう、のがテニスなんです。

 

3.ラケットの動きが見えるから、相手も安心する

相手も、ラケットの動きを見ている。

テイクバックから打点、までの動きが見えるから安心して、捕球の準備が出来るんですよね。

ラケットの動きが見えないで、いきなり打たれると球出し練習なんかはすごく難しい。

テンポが合わせ辛いんですよね。

球出しが打ちにくいコーチって、こういう動作が苦手なんです。

手元だけで打って、相手に届けば良いと思っているし、動作も忙しい。

アナタ自身、ゆったりした動きで相手に正確にボールを送ること。

これを何より、意識してみて下さい。

 

4.コンチネンタルグリップで、フラットに当てるのが基本

スピン系で相手にボールを送っている人もいますが、これは卒業しましょう。

しっかりと薄い握り、コンチネンタルグリップで、フラットに当ててボールを飛ばす。

出来るだけ省エネルギー、コントロール重視、のスタンスが一番です。

打ちやすい方法、で打っている内は、成長出来ない。

以前にも書きましたが、ボールを送る動作一つも、テニスの大事な練習です。

薄いグリップで、しっかりとコントロールしていくこと。

これを意識して、試合に臨んでみて下さい。

 

ボールを送る、その軌道と回転、コントロール。

これはアナタ自身の、大事なメッセージ。

テニスにおけるコミュニケーション、のようなものですからね。

しっかり意識するだけで、「ちゃんとした人だな、技術があるな」と思われるはず。

アナタ自身、そうなれば試合でも結果は自然とついてくるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ルール

    その他

    Q&A「テニスの試合で、タイブレークの勝率が悪いのですが、何か良い作戦はありますか?」

    プロ選手の間でも、しばしば議論になるこの話題。「タイブレになっ…

  2. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練習しよう

    皆さんは利き腕、どちらか聞かれればすぐに答えることができますよね。…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  4. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です

    自分のテニスを見つめ直す機会、皆さんは今まで経験してますでしょうか?…

  5. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

  6. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合ですぐに足が疲れてしまう人は、「つま先を使い過ぎて負担が大きい」のかも知れません

    テニスの試合は、実際にスタミナ勝負なところが否めません。ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」から…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ
  3. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です…
  4. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛の腕の見せどころは、これでしょう
PAGE TOP