テニス 準備

その他

「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい特効薬

読者の皆さんの中には、部活の中で球出しをしたり、テニススクールでアルバイトをしている中で球出しをしたり、ということが多いと思います。

手で出すのは簡単だけど、ラケットで打って出すのは苦手・・・という方、いませんか?

または苦手意識はなくても、もっと打ちやすいような球出しが出来るようになりたい、と思っている方。

球出しが上手くなれば、間違いなくテニスの試合も強くなる。

今回はちょっとしたコツを、お伝えしたいと思います。

 

「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい特効薬

 


 

1.トスを高くして、ラケットのテイクバックの軌道を見せてあげる

ラケットで打ってボールを相手に送るときに、ボールの出るところ、そして出るタイミングが分からないと打つ方は難しい。

ラケットを少し大きく動かすようにして、しっかりバックスウィングを相手に見せてあげましょう。

トスも少し高めに上げて、ボールが手から離れてラケットに当たるまでを1.0秒くらい、しっかり稼いであげる。

ゆったり、一定のリズムで、を意識すること。

こうすればボールを送られてくる方も、自分でタイミングを取ることが出来ます。

 

2.球出しをする人は、自分の手元を見ないようにする

難しいようですが、慣れると大丈夫。

ボールをラケットで打つ、ときになるべく手元を見ないでボールを出してあげましょう。

そうすると、相手がしっかり準備出来ているか、どのあたりにボールを送れば打ちやすいかが見えてきます。

手元ばかり見ていると、実際にどんな打ち方をしているのか、戻れているのか・・・が把握し辛い。

テニススクールで優秀なコーチの球出し、観てみて下さい。

きっと手元も見ずに、カゴからボールを取って一定のリズムで出し続けているはず。

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

3.スライス回転の球出しは、打ち辛い!

球出しをされて打ち辛いのは、スライス回転がかかってバウンドしたときに止まるようなボール。

無意識にラケットで球出しをすると、実はこういったスライス回転がかかりやすいのです。

ボールを山なりに出そうと思って、つい下側を打ってしまう傾向にありますが、なるべくフラットに近い、順回転のスピンのようなイメージで、ストロークの球出しが出来ると良いでしょう。

難しい技術ですが、これが球出しで出来れば自分のストロークにも活きる。

ぜひ、無駄な練習と思わずに「球出し」も練習してみて下さい。

 

ラケットを使ってボールを送る。

実はこういう作業、試合の中でも多いですよね。

こんなところに、パワーを使っているような余力はありません。

無意識に、自分の意図通りにしっかりボールをラケットで運べる。

球出しの基本は、テニスの基本です。

「自分はテニスを教える機会も無いし、部活にも入って無いし・・・」という人、ちょっと残念ですね。

大事な上達の機会、逃してますので。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ガット

    その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?

    試合前に色々作戦を考えたり、ウォーミングアップしたりするけど、意外と基…

  2. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

  3. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です

    大会に出て試合をするなら、当然勝ちたい。でも、勝ち続けて終わる…

  4. テニス ルール

    その他

    Q&A「テニスの試合で、タイブレークの勝率が悪いのですが、何か良い作戦はありますか?」

    プロ選手の間でも、しばしば議論になるこの話題。「タイブレになっ…

  5. テニス 雪

    その他

    もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

    テニスを続けていれば、楽しいことも辛いこともある。「若いうちは…

  6. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

    セルフジャッジについて、改めて私が感じること。それは、レベルや…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう
  2. フットワーク

    「ザーッと滑りながら追いかける」オムニコートのテニスの試合で必要な技術とは?
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
  4. テニス メンタル

    その他

    今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  5. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
PAGE TOP