シングルス

シングルスの試合で攻撃していく時に必要な、バウンド地点の見極めとコースについて

シングルスの試合で、確実に攻撃していくこと。

なかなか、みなさんも攻めるか守るか、決断に悩んでプレーが中途半端になってるんじゃないでしょうか。

私はいつも、自分のコートを大きく3つに分けて、バウンド地点によって攻撃方法を考えています。

もちろん、浅くてもドロップショットみたいに厳しい相手の攻撃、という場面もありますが・・・。

今回は、本当にざっくりで申し訳ないのですが、バウンド地点からの攻撃と守備、についてシングルスの試合を想定しながら考えてみましょう。

 

シングルスの試合で攻撃していく時に必要な、バウンド地点の見極めとコースについて

 

1.浅い、中間、深い、の3つの分けてみる

順番に、赤、黄色、青い矢印で示してみました。

相手コートに近い、浅いボールほど基本は攻撃しやすい、のがテニス。

ですので、どこでバウンドするかによって、自分が攻撃するのか守るのか、を考えていく。

浅いボールから攻撃していく時も、「攻撃だ!」と0.1秒でも早く感じられることが出来るかどうか、が試合では大事ですね。

シングルスの試合は、自分一人でコート全部をカバーしないといけないですから。

自分で決めて、自分で準備すること、その意識が大事です。

 

2.バウンド地点によって、素早く判断!

例えばこういう赤い地点、でのバウンドは100%攻撃。

相手のドロップショットを追いかける、ギリギリで届くにせよ、とにかく攻撃のマインドが大事です。

次に黄色いゾーン。

ここは、攻撃か守備=つなぐか迷いどころですが、私は攻撃のスタンスでいくのが基本です。

サービスライン付近、前後1メートルくらいなら、コースを狙った攻撃。

そのままネットに出る、ことが多いのもこのエリアのバウンドです。

そして、深めの青いゾーン。

ここのボールは、さすがに守備の意識を高く返球したいですね。

ボールがバウンドするのが深い、ということは力を持った状態で自分も打つことになる訳ですし、ポジションも後ろ。

ネットから遠い位置からの攻撃、はミスの元になるのがテニスです。

という感じで、ざっくりで良いので3分割、くらいが出来ていると試合でも楽でしょう。

相手のボールがどこにバウンドするか、の予測さえ早く立てられれば、何も怖く無いですからね。

 

3.さぁ、問題はどこに攻撃していくか

ですね。

それぞれ、あくまで基本の攻撃コース、スタンスを考えてみましょう。

赤いゾーンの浅いボール、シングルスの試合なら私はそもまま浅いドロップ、アングルショットで切り返したい。

図で描くと、こんな感じでしょうか。

浅いところから浅い場所、には狙いやすいのがテニス。

当然相手も警戒して前に走って来る可能性はありますが、気にしないで走らせるくらいで良いでしょう。

相手をチラっと見て、逆を突く位の余裕があるとベストです。

次に、黄色のゾーンですね。

ここは、まず深くしっかり相手を左右に動かして、前に出る。

私は、なるべく相手のバックハンドを狙ってアプローチ、前に出てボレー勝負、な感じにもっていきます。

スライスが使えると、前に出る時間も稼げるし相手の打点も低く出来る。

とにかく、黄色いゾーンは攻撃と自分の中で決めておきましょう。

このゾーンをつないでいると、いつまで経っても成長しないですから。

最後に、青い深いゾーンですね。

これは、とにかく相手のセンター深くに返球する。

ただの守備、ではなくなるべく相手に攻撃させないような守備、にしたいですから。

安易に強打したり無理してミス、するのではなく相手コートの中心深くを狙う。

この割り切り、があればミスも減るでしょう。

青いゾーンから強打しているうちは、シングルスの結果は出ないと思った方が良いです。

 

あくまで私自身の感覚、で書かせて頂きました。

実際には黄色いゾーンでも粘ったり、アングルに打ったり、色々なスタイルがあると思います。

とにかく、シングルスの試合は自分のコートのバウンド地点を起点にすると、試合がしやすいと思います。

相手のショットを、「ここにバウンドさせたい!」と思って逆算も出来ますからね。

ぜひ、ご自身で考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

    テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。そう、…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  3. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備でバッチリ!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  4. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意識し…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスの試合のタイブレークで勝ちきれない人は、「今までのゲームとは違う場所から…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  4. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ボレーが苦手なら、ダブルスで無理に前に出る必要は無い
PAGE TOP