フットワーク

ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう

前に出る、ネットに出るのに苦手意識がある人。

こういう人は、やっぱり迷いがあるからか出足が鈍いですよね。

鈍いから足元に沈められるし、ロブも打たれる。

これを解消するには、決断力が大事。

前に出る、時に必要なのはこの意識です。

 

ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう

 


 

1.前に出るのに必要なのは、「どこに」止まるのか?

実際に、この決断力が大事です。

前に出るときに、どこに止まるのか、が大事です。

前に出るときに、自分が止まる場所のイメージが出来ているのかどうか。

これって、結構怪しい人が多いと思いませんか?

サーブ&ボレーにせよ、アプローチからのネットダッシュにせよ、どこかで止まらないといけない。

その止まる場所が決まっているかどうか、が大事なんです。

 

2.どこに止まるのか?が決まれば、全力で走れる

「ここで止まるんだ!」と決めれば、後は迷いが消える。

とにかく走って、そこで止まる。

最短距離をしっかり動けるから、良いポジションが取れる。

ネットプレーで良いポジションが取れれば、もう良いプレーの半分は出来たようなもの、ですからね。

どこで止まるのかあやふやな選手は、打った後に探り、探りですから。

そうじゃなくて、しっかり早く、良いポジションに入る。

コツは、打つ前から決めてしまうこと、ですよ。

 

3.このショットを打って、あそこに動く、と決めよう

この繰り返し、がテニスです。

ネットプレーなんかは、まさにこの決断力がイメージが大事です。

とにかく自分でショットを打つ前に、「これを打ったら、あそこに動く!」というイメージが湧くかどうか。

流れがスムーズな選手は、これを無意識で行っている。

試合に強い選手って、ここが優れているだけ。

ラケットワークとか、細かい技術は差が少ないと思いますよ。

 

4.自分の脚力と相談して、しっかり考えて決めておく

ことが大事、ですね。

自分の脚力、でどこまで前に出れるのか。

相手が打つときに、備えられるようにしっかり止まれる場所はどこか。

そこに、迷いなく動けるように、しっかり自分を客観視してみましょう。

サーブ&ボレー、リターンダッシュ、なら計算しやすいと思いますよ。

決めておく、先に準備しておくこと。

これだけで、かなり変わってくると思いますよ。

 

自分が打って、相手が打つ。

それまでに、いかに迷い無く質の高いプレーが出来るかどうか。

決断力に必要なのは、準備であり、自分を知る知識でしょう。

とにかく、アナタ自身に必要なのは「打つ前に、打った後のポジションをイメージ出来る」こと。

難しくは無いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 準備
  2. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  3. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう

    今回は、とっておきのテニスの裏ワザ、お伝えします。経験則、から…

  5. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!

    ストロークもボレーもスマッシュも・・・・。相手が打った瞬間に反…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

    テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    「アナタとラリーを続けたい」精神で
  2. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使え…
  3. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?
  4. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ
PAGE TOP