フットワーク

ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう

前に出る、ネットに出るのに苦手意識がある人。

こういう人は、やっぱり迷いがあるからか出足が鈍いですよね。

鈍いから足元に沈められるし、ロブも打たれる。

これを解消するには、決断力が大事。

前に出る、時に必要なのはこの意識です。

 

ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう

 


 

1.前に出るのに必要なのは、「どこに」止まるのか?

実際に、この決断力が大事です。

前に出るときに、どこに止まるのか、が大事です。

前に出るときに、自分が止まる場所のイメージが出来ているのかどうか。

これって、結構怪しい人が多いと思いませんか?

サーブ&ボレーにせよ、アプローチからのネットダッシュにせよ、どこかで止まらないといけない。

その止まる場所が決まっているかどうか、が大事なんです。

 

2.どこに止まるのか?が決まれば、全力で走れる

「ここで止まるんだ!」と決めれば、後は迷いが消える。

とにかく走って、そこで止まる。

最短距離をしっかり動けるから、良いポジションが取れる。

ネットプレーで良いポジションが取れれば、もう良いプレーの半分は出来たようなもの、ですからね。

どこで止まるのかあやふやな選手は、打った後に探り、探りですから。

そうじゃなくて、しっかり早く、良いポジションに入る。

コツは、打つ前から決めてしまうこと、ですよ。

 

3.このショットを打って、あそこに動く、と決めよう

この繰り返し、がテニスです。

ネットプレーなんかは、まさにこの決断力がイメージが大事です。

とにかく自分でショットを打つ前に、「これを打ったら、あそこに動く!」というイメージが湧くかどうか。

流れがスムーズな選手は、これを無意識で行っている。

試合に強い選手って、ここが優れているだけ。

ラケットワークとか、細かい技術は差が少ないと思いますよ。

 

4.自分の脚力と相談して、しっかり考えて決めておく

ことが大事、ですね。

自分の脚力、でどこまで前に出れるのか。

相手が打つときに、備えられるようにしっかり止まれる場所はどこか。

そこに、迷いなく動けるように、しっかり自分を客観視してみましょう。

サーブ&ボレー、リターンダッシュ、なら計算しやすいと思いますよ。

決めておく、先に準備しておくこと。

これだけで、かなり変わってくると思いますよ。

 

自分が打って、相手が打つ。

それまでに、いかに迷い無く質の高いプレーが出来るかどうか。

決断力に必要なのは、準備であり、自分を知る知識でしょう。

とにかく、アナタ自身に必要なのは「打つ前に、打った後のポジションをイメージ出来る」こと。

難しくは無いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている

    「フットワークは、自分の武器です!」と、言い切れる人はきっと足…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い

    「打ったら戻って!構えて!」こういうアドバイス、皆さんもたくさ…

  3. フットワーク

    ワイドに来たら、斜め前に入る!

    強い相手との試合では、アナタは間違いなく走らされる。これを、…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?

    相手のポジショニング、アナタはどの程度意識できていますか?全く…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

    色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?それは、「動い…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう

    例えば、ショートクロスのようなショットで相手をコートの外に追い出すとき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴
  2. シングルス

    シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ
  3. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを
  4. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、…
PAGE TOP