テニス 観察

その他

興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

新しいことに挑戦したい、自分を成長させていきたい。

そう考えているなら、私はぜひみなさんにこれをお勧めしたい。

実は、今まで自分が踏み込んだことが無い部分、世界。

テニスの成長にも、この視点は欠かせないと思うんですよね。

 

興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

 


 

1.自分らしさ、みたいなのを捨ててみる

言っても、みなさんもそうだと思います。

自分が今まで興味がある、好きなこと、には積極的にトライしてきた。

だからこそのテニス、だと思います。

でも、それだと自分の興味が無いこと、世界には、なかなか触れられないですよね。

仕事でもない限り、自分の好きなことだけやっていたいじゃないですか。

もちろん、基本はそれでもOK。

でも、テニスが強くなって試合に勝ちたいなら、話は別。

もっと自分の世界を広げる、触れてこなかった世界に飛び込んでみる、というのも大事なんです。

 

2.実は上達のヒント、が新しい世界にはある

何せ、自分が今まで意識していない、触れてこなかった世界ですから。

それがもしかしたらシングルスへの挑戦なのかもしれないし、後ろを任せないスマッシュで打ち切る自分なのかもしれない。

身近なテニスにも、たくさんあると私は思いますよ。

興味がわかない、どこか避けてきたこと。

それに、一番の上達のヒントが詰まっている。

自然とみなさんが避けてきたこと、かもしれないですしね。

 

3.やってみないと分からない、結局損するだけ

「いや、自分には向いていないから」と、避けるのは簡単。

でも、そのままだと上達スピードも変わらないし、結局いつもの自分、のままですから。

やってみないと分からないこと、テニスだってたくさんあります。

大人になると、自分で選択出来るからたちが悪い。

避けている自分に気付いて、あえて興味が無いことに取り組んでみる。

こういう人が、テニスの上達も早いし、最後は結果を出していく。

私はそういう人をたくさん見て来ましたから。

 

4.やって来なかったことを始める、のが一番の練習であり成長

だと、私は思いますよ。

興味があること、慣れていることをこなすのは当たり前。

それって、本当に自分の練習になるでしょうか?

私は、結構怪しいと思っています。

テニスの試合こそ、新しい困難、の連続ですからね。

今までやって来なかったこと、興味がわかなかったこと、に日頃から挑戦出来ていない人にとっては、辛いと思います。

逆に、普段から自分の枠を超えて挑戦出来ている人にとっては、試合だって近いものがあるはず。

この差って、テニスの実力差につながっていくと私は思います。

 

自分らしさ、という檻の中でもがいている人。

それに気づいていない人って、一般テニスプレイヤーの方で多いと思います。

ちょっと、自分の世界を飛び越えてみる。

「なんか最近、変わってたね・・・」と、周りから言われるくらいで良いですよ。

私もみなさんに負けず、どんどん変わり続けていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない

    「人と比べられないで、自分らしくありたい」すごく大事なことです…

  2. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

    日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。…

  3. その他

    満たされないから、創造性は高まる

    これって、まさに自分自身のことだと思います。テニスを始めた中…

  4. テニス ミーティング
  5. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その…

  6. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知るのが大事

    どんなにテニスが上手い人も、まず最初は自分の「下手さ」を知るところから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しまし…
  3. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?
  4. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ使える前衛です
  5. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?
PAGE TOP