テニス 観察

その他

興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

新しいことに挑戦したい、自分を成長させていきたい。

そう考えているなら、私はぜひみなさんにこれをお勧めしたい。

実は、今まで自分が踏み込んだことが無い部分、世界。

テニスの成長にも、この視点は欠かせないと思うんですよね。

 

興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

 


 

1.自分らしさ、みたいなのを捨ててみる

言っても、みなさんもそうだと思います。

自分が今まで興味がある、好きなこと、には積極的にトライしてきた。

だからこそのテニス、だと思います。

でも、それだと自分の興味が無いこと、世界には、なかなか触れられないですよね。

仕事でもない限り、自分の好きなことだけやっていたいじゃないですか。

もちろん、基本はそれでもOK。

でも、テニスが強くなって試合に勝ちたいなら、話は別。

もっと自分の世界を広げる、触れてこなかった世界に飛び込んでみる、というのも大事なんです。

 

2.実は上達のヒント、が新しい世界にはある

何せ、自分が今まで意識していない、触れてこなかった世界ですから。

それがもしかしたらシングルスへの挑戦なのかもしれないし、後ろを任せないスマッシュで打ち切る自分なのかもしれない。

身近なテニスにも、たくさんあると私は思いますよ。

興味がわかない、どこか避けてきたこと。

それに、一番の上達のヒントが詰まっている。

自然とみなさんが避けてきたこと、かもしれないですしね。

 

3.やってみないと分からない、結局損するだけ

「いや、自分には向いていないから」と、避けるのは簡単。

でも、そのままだと上達スピードも変わらないし、結局いつもの自分、のままですから。

やってみないと分からないこと、テニスだってたくさんあります。

大人になると、自分で選択出来るからたちが悪い。

避けている自分に気付いて、あえて興味が無いことに取り組んでみる。

こういう人が、テニスの上達も早いし、最後は結果を出していく。

私はそういう人をたくさん見て来ましたから。

 

4.やって来なかったことを始める、のが一番の練習であり成長

だと、私は思いますよ。

興味があること、慣れていることをこなすのは当たり前。

それって、本当に自分の練習になるでしょうか?

私は、結構怪しいと思っています。

テニスの試合こそ、新しい困難、の連続ですからね。

今までやって来なかったこと、興味がわかなかったこと、に日頃から挑戦出来ていない人にとっては、辛いと思います。

逆に、普段から自分の枠を超えて挑戦出来ている人にとっては、試合だって近いものがあるはず。

この差って、テニスの実力差につながっていくと私は思います。

 

自分らしさ、という檻の中でもがいている人。

それに気づいていない人って、一般テニスプレイヤーの方で多いと思います。

ちょっと、自分の世界を飛び越えてみる。

「なんか最近、変わってたね・・・」と、周りから言われるくらいで良いですよ。

私もみなさんに負けず、どんどん変わり続けていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. その他

    【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!お陰様で、T-P…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

    テニスの試合でのストローク力は、どれだけ「高い打点で打てるか」が重要な…

  3. テニス 準備

    その他

    テニスの試合で、「試合で相手へ渡すボールは、必ずワンバウンドしっかりコントロールさせる」ことが大事な…

    テニスの試合で、相手にボールを渡すとき、アナタはどんなことを意識してい…

  4. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について

    「てにすまんプロジェクト」で色んな学校に訪問して部活の指導を行うように…

  5. テニス 睡眠

    その他

    「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

    テニス選手であれば、連日連戦・・・なんてこともある。疲労回復が…

  6. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について

    インドアのコートが増えてきたとはいえ、まだまだテニスは屋外スポーツ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ
  3. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする
  5. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点
PAGE TOP