テニス 観察

その他

興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

新しいことに挑戦したい、自分を成長させていきたい。

そう考えているなら、私はぜひみなさんにこれをお勧めしたい。

実は、今まで自分が踏み込んだことが無い部分、世界。

テニスの成長にも、この視点は欠かせないと思うんですよね。

 

興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

 

1.自分らしさ、みたいなのを捨ててみる

言っても、みなさんもそうだと思います。

自分が今まで興味がある、好きなこと、には積極的にトライしてきた。

だからこそのテニス、だと思います。

でも、それだと自分の興味が無いこと、世界には、なかなか触れられないですよね。

仕事でもない限り、自分の好きなことだけやっていたいじゃないですか。

もちろん、基本はそれでもOK。

でも、テニスが強くなって試合に勝ちたいなら、話は別。

もっと自分の世界を広げる、触れてこなかった世界に飛び込んでみる、というのも大事なんです。

 

2.実は上達のヒント、が新しい世界にはある

何せ、自分が今まで意識していない、触れてこなかった世界ですから。

それがもしかしたらシングルスへの挑戦なのかもしれないし、後ろを任せないスマッシュで打ち切る自分なのかもしれない。

身近なテニスにも、たくさんあると私は思いますよ。

興味がわかない、どこか避けてきたこと。

それに、一番の上達のヒントが詰まっている。

自然とみなさんが避けてきたこと、かもしれないですしね。

 

3.やってみないと分からない、結局損するだけ

「いや、自分には向いていないから」と、避けるのは簡単。

でも、そのままだと上達スピードも変わらないし、結局いつもの自分、のままですから。

やってみないと分からないこと、テニスだってたくさんあります。

大人になると、自分で選択出来るからたちが悪い。

避けている自分に気付いて、あえて興味が無いことに取り組んでみる。

こういう人が、テニスの上達も早いし、最後は結果を出していく。

私はそういう人をたくさん見て来ましたから。

 

4.やって来なかったことを始める、のが一番の練習であり成長

だと、私は思いますよ。

興味があること、慣れていることをこなすのは当たり前。

それって、本当に自分の練習になるでしょうか?

私は、結構怪しいと思っています。

テニスの試合こそ、新しい困難、の連続ですからね。

今までやって来なかったこと、興味がわかなかったこと、に日頃から挑戦出来ていない人にとっては、辛いと思います。

逆に、普段から自分の枠を超えて挑戦出来ている人にとっては、試合だって近いものがあるはず。

この差って、テニスの実力差につながっていくと私は思います。

 

自分らしさ、という檻の中でもがいている人。

それに気づいていない人って、一般テニスプレイヤーの方で多いと思います。

ちょっと、自分の世界を飛び越えてみる。

「なんか最近、変わってたね・・・」と、周りから言われるくらいで良いですよ。

私もみなさんに負けず、どんどん変わり続けていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

    「部活の和が、乱されてしまう」「テニスは上手いんだけど、周りへ…

  2. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで打てる!

    テニスやスポーツにおいて、「呼吸のリズム」を考えてみたことはありますか…

  3. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  4. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます

    プロ選手でも一般の方の試合、学生さんの試合でも、試合終了後は握手をして…

  5. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 不安

    その他

    テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待し…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足り…
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る
  4. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」、という発想だけだと、余りに単純過ぎる
  5. テニス シングルス

    ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
PAGE TOP