テニス 練習

その他

出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみることが大事

これも繰り返し書いてきたことで、正直言い方を変えているだけ、です。

世の中、やってみないと分からないことって、たくさんある。

でも、ほとんどの人は自分が確実に出来ること、しかやらない。

そしてやってみた時に気付くんです、今までいかに自分が損をして来たか・・・を。

 

出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみることが大事

 

1.やってみれば、大抵のことは50点くらいにはなる

まず、0点ってほとんど無いと思うんですよね。

テニスの中でも、難しいとされる技術や戦術、を実際にやってみて、自分で採点してみると。

50点くらいは、感覚として残ると思いますよ。

もちろん、いきなり100点は無いでしょう。

でも、全く効果が無い、手ごたえが無いような0点、も無いと私は思います。

前に出たときに、抜かれたとしても「何だか相手は嫌そうだな」と感じれば50点。

実際に試合では、もっと高確率で相手に効いて来るはずですからね。

アナタ自身が勇気を持って、試合で使うこと。

表舞台に、新しい技術を引っ張り出すことが大事なんです。

 

2.試合では「ポジションを変える」ことが、難しい

特にこれ、が大変ですよね。

勇気が要るし、実際に前に出たりサーブ&ボレー、ポジションをチェンジするダブルスでのサインプレー、なんかはそうでしょう。

テニスは、ポジションを変えるのってすごく勇気が要る。

だけど、これもやってみないと感覚が分からない。

それも、試合という真剣勝負の場、でやることが大事なんです。

練習テーマとしてやっている時に出来ても、絶対に試合では難しい。

緊張もするし、相手もよく分からない慣れていない相手ですからね。

このあたり、後はアナタの決断だけです。

ずっと動かないか、まずは表に出してみるか。

どっちが結局得をするのか、を考えてみましょう。

 

3.やった者勝ち、がテニスの試合です

何でもそうです。

こういうサイトを見て、「やってみた人」から上手くなっていく。

私自身、色々なネタを公開しているつもりですが、当然全部が自信がある訳じゃない。

でも、実際に試合でやってみれば、その人の感覚は確実に残りますから。

新しいアイデア、の種になってくれるかも知れない。

それにもしかしたら、いきなり新しい作戦がはまるかも知れない。

試合で使ってみて分かることって、たくさんありますからね。

ポジションチェンジ、からまずは初めてみませんか?

 

4.「何か新しいことをやる人」に対する嫌悪感、無いですか?

実際に、みなさんの普段の生活でもいませんか?

新しいこと、に抵抗を感じる人。

何かを変える時に、かたくなに抵抗する人。

こういう人は、なかなかテニスの上達も難しいでしょう。

新しいことに対する嫌悪感を持っている人が多い、それが日本という国です。

だから、みなさんもきっと「こんなことしたら、身の程知らずと思われるな・・・」というのが、一番の障壁になるでしょう。

身の程知らず?

私は、自分の身の程なんて一生、知りたいとは思いません。

 

出来るようになるのを待っていても、絶対に上達は遅い。

出来ないことを試合でやり続けるからこそ、自然に出来ることが増えていく。

この事実、もっとしっかり目を向けないといけないですよね。

試合という表舞台で失敗しても、笑いたい人には笑わせておけば良い。

最後に笑うのは、アナタですから。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ

    約1ヶ月後に迫った、楽天ジャパンオープン2015。今年も錦織選…

  2. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている

    気付いたこと、感じたことを、1~2行で書いておく。これで立派な…

  3. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

  4. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

    このサイトでは、テニスはとにかく安定感が大切であり、それをどう保つかに…

  5. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

  6. その他

    「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?

    「強くなるためにはどうすればいいんだろう。」皆、そう思いながら…

特集記事

  1. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろ…
  3. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「最後は気持ち」という言葉は、しっかりと準備して、現場でやり切った人だけ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    気付いてますか?「ファーストサーブが入らない」だけで、ダブルスの前衛は萎えていく…
PAGE TOP