テニス サーブ

スマッシュ

意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。

横向きを作ってしっかり狙う、打ち切るスマッシュって難しいですよね。

どうしても、人は前を向いて相手を見たくなるもの。

だからこそ、大事なのは横向き以上、の意識です。

 

意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

 


 

1.横向き、でもいつの間にか・・・

打つ前に身体が前を向く、スマッシュになる方が多いですよね。

右利きの方であれば、身体が開いて右肩が前に出てきてしまう。

これは、相当意識していてもなかなか直らないもの、なんですよ。

どうしても、前を向いて打つ方が楽だし、相手コートも良く見える。

でもその代わり、スマッシュ自体の威力は無くなるし、コントロールも出来なくなる。

横向き、くらいの感覚だと難しいのが現実なんですよね。

 

2.横向き、から一瞬後ろ向き、くらいで良い!

私が考えるスマッシュのコツは、一瞬「後ろ向き」のような感覚で肩を入れる。

打つ前に、上半身をひねるような感じですかね。

そこから、しっかりと振り切っていく。

横向きだけだと、実際には正面を向いてしまう。

だから、自分の胸をコートの後ろ、に向けるくらいひねってみて下さい。

そうなると、確実に横向きの状態はキープ出来るはず。

ひねって戻す、というスマッシュの動きが出来ると、上半身の力は要らないですからね。

もっとシンプルに、スマッシュをパワーアップ出来るはずです。

 

3.スマッシュを打つ動作も、ひねり、戻しで良い

このひねって戻す、肩を入れて戻す、という動きが大事。

すごくシンプルですからね。

上半身の力は抜いて、骨盤あたりの動きに集中する。

コツとしては、ボールが落下してくる、自分が打ちにいく前、早めに身体をひねって戻す。

この動き、結構遅れがちですからね。

早くやりすぎてしまうくらい、でちょうど良いでしょう。

 

4.腕だけで打とうとするから、身体が開いていく

腕任せ、にしているとどんどん身体は開いていきます。

正面を向いて、しっかり打つことが出来なくなりますから。

腕だけで打とうとするから、おかしくなる。

骨盤から上半身をひねる動き、に変えてみましょう。

その時に、自分の胸を一瞬後ろに向ける、そしてそれを戻すだけ。

スマッシュはシンプルに、これだけでいきましょう。

 

威力のあるスマッシュほど、シンプルな動作で良い。

意外と、知られていないコツだと思いますよ、この胸の使い方。

後ろ向きにひねるのは怖いですが、やってみたら意外と簡単。

積極的に、試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

    スマッシュが強い相手は、試合で嫌ですよね。ロブが効き辛い、とい…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンスマッシュを積極的に使っていこう!

    スマッシュが得意な人は、回転をかけるのが上手い。でも、サーブな…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

  5. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

    ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。この対処を…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
  3. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る
  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
  5. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
PAGE TOP