テニス サーブ

フットワーク

サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。

テニスでは、ベースラインのポジションから前に出る、ようなプレーは多くありますよね。

でも、このプレーをスムーズにできる人って、実は少ないんですよね。

並行陣にトライしたい人も、この壁を乗り越えないといけない。

今回は、あえて基本から違う・・・と思われるかも知れませんが、私の考えを書いてみたいと思います。

 

サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

 


 

1.相手が打つ瞬間には、しっかり止まって待ち構えるのが大事!

まず、相手が打つ瞬間。

この時には、ある程度ステップをして余裕を持って待つ、ことは大事だと私は考えています。

つまり、例えデッドゾーン、ベースラインとサービスラインの間のような場所でも、止まる方が良い。

サーブ&ボレー、のときに「出来るだけ前に出て、スプリットステップ!」と思っている方、間違いじゃないんですけど・・・実戦ではどうですか?

その方針で、相手のリターンやストロークに、しっかり対応出来ますか?

私はここ、非常に疑問です。

前に出るのは大事ですが、早く止まった方が絶対に楽だし、良いボレーが打てる。

そう考えています。

 

2.サーブ&ボレーなら、デッドゾーンで止まって良い

実際に、私はこんな感じです。

よく、「サービスラインまでダッシュしないと!」と言うコーチもいますが、出来ます?それ。

めちゃくちゃサーブが遅いなら出来ますけど、実際にはサービスラインに走って到達する前に、リターンが返って来ることの方が多くないですか?

自分で自分を、しんどくしているだけ。

だったら、もっと早くストップ、ステップして良い。

デッドゾーンで止まって、リラックスした状態で前に入りながらボレーをする。

そうすると、打ち終わって良いポジション、つまりサービスライン上くらいに立てているはずなんですよね。

 

3.ネットから遠いボレーは、難しい?

確かに、一見難しそうですよね。

ネットから遠いボレーは、不安になる気持ちも分かります。

でも、考えてみれば「かなり大きくクロスに打っても、アウトにはならない」とも言えます。

だからのびのび、動きながらファーストボレーで良いじゃないですか。

前に踏み込む、というよりは、前に歩きながらボレーする感じ。

この件に関しては、鈴木貴男選手も同じ意見で解説されてますね。

現実的に、こっちのほうが試合で使えるはず。

サーブ&ボレー、が使えない人はそもそも前に突っ込みすぎ、かもしれませんよ。

 

4.常識を疑って、自分で試してみることが大事

何度も書いてきましたが、これは一つの常識破りのようなもの。

コーチに怒られても、理由を説明できるようになって下さい。

アナタ自身が納得して、試合で使えるようになることが大事。

そのために、徹底的に練習から試してみる。

試行錯誤、してみる。

そうすれば、テニス界の常識何て、実は使えないことが多いことに気付くはずです。

 

サーブ&ボレーが上手くいかないのは、技術よりもステップワーク。

ポジショニング。

この意識が低い人、が多いからチャンスなんです。

脚力も無いのに速いサーブで一気に前に出ようとしている、ベテランのみなさん。

そりゃ無理ですって。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い

    「打ったら戻って!構えて!」こういうアドバイス、皆さんもたくさ…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

    試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょ…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のボールに対しての「反応速度を上げる」為に、必要な4つのポイント

    相手のボールに、素早く反応する。これが、なかなかテニスでは難し…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に

    試合に出ている人、強い人って、すぐに分かります。練習でも試合で…

  6. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返しの技術

    テニスコートをカバーするのは、足の速さとはまた別な能力。そう、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要
  2. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合
  3. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
  4. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない
PAGE TOP