テニス ストローク

その他

テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー

これからテニスの試合に出ていく、出始めたみなさんに、意識して欲しいこと。

それは、相手にボールを渡すとき、の意識です。

「は?そんなの必要?」と思う方も多いでしょうが、大事です。

試合では2つのボールをお互いに使い合っていく、ラケットで打って相手に渡すことも多いですからね。

ちょっとしたことですが、これが上手くいかないとリズムもおかしくなっていく。

マナー良く、気持ちよく行えば、きっとアナタのテニスの調子も上がっていくはずです。

 

テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー

 


 

1.相手と目を合わせてから、ボールをおくる

まずこれが基本です。

相手にボールをおくる、ときにはしっかり目を合わせてから。

「ボールおくります」という声をかけて、相手に打ってあげる。

基本ですが、つい試合で視野が狭くなってしまうと、相手を見ないで打ってしまいがち。

しっかり相手が気付いて、捕球体制を作ってもらう中でボールを渡すようにしていきましょう。

 

2.相手にワンバウンドで腰の位置、に達するように

これも、結構難易度高いのですが・・・。

相手が、ワンバウンドで捕球しやすい場所、に打ってあげましょう。

どこでバウンドさせると、ボールをキャッチしやすいのか、を考えてみる。

小さいことですが、こういう場所でもテニスのコントロールの練習になりますから。

しっかり山なりで、相手に向かって優しく打つ。

意外と難しいですよね・・・だからこそ、普段の練習からしっかり意識しておく。

ラケットで打ってボールをコントロールする、こと自体に慣れていけるように意識しておきましょう!

 

3.近い距離なら、手で投げるかラケットに乗せてあげる

もし相手が近い距離、にいるなら、ラケットで打つ必要はありませんね。

手でトスするように軽く投げるから、相手のラケットに乗せてあげる感じでもスマートです。

ネット近くで渡せるなら、これが基本。

ラケットを使うのは、あくまで遠くの距離、にいるときだけで良いでしょう。

 

4.フラットな回転、で打てればカッコ良い

相手にボールをおくるときに、回転は出来るだけかけないこと。

その方が相手も取りやすいですしね。

でも、このフラットに当ててボールを飛ばすのって、意外と難しいと思いませんか?

薄いグリップで、打てるかどうか・・・みなさんもぜひ、やってみて下さい。

スピンでもスライスでも、相手は取りにくいはずですから。

フラットで自然なバウンド、に仕上げていければ、ただボールを渡すだけでも素敵、です。

 

試合で使うボール、自然に相手と受け渡しが出来ているかどうか。

「なんだか、嫌な相手・・・」と思った試合、思い出してみて下さい。

きっと、ボールの受け渡しからうまくいっていないと思うんです。

対戦相手は、試合後にコミュニケーションを取ったり、練習仲間になるかもしれない、大事な相手。

しっかりマナー良くボールをおくること、でアナタ自身のテニスの成長にも必ずつながります。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける

    中学、高校、大学とたくさんテニスの大会はあるけど、公式戦って意外と少な…

  2. テニス 新入生

    その他

    なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?

    4月に入り、部活やサークルにも少しずつ新入生、が増えてきたと思います。…

  3. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

  4. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について

    この時期、色々な暑さ対策を皆さんも行なっているかと思います。テ…

  5. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオーダーとは?

    新学期、色々な学校で新しいチームが始動しています。新入生の受け…

  6. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」

    自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。それ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことで…
  2. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」…
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるように…
PAGE TOP