テニス マナー

その他

「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていますか?

テニスの試合は基本的にはセルフジャッジ、そしてもちろんボールも自分達で拾って管理する形。

相手に気持ち良くボールを送り試合を進行していくことは、最低限のマナーですよね。

熱い試合でヒートアップしても、この部分はしっかり守って欲しい。

そして試合に初めて出る、という方もまずは頭の中に入れて本番に臨んでみて下さい。

 

「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていますか?

 


 

■近い距離は手で、遠い距離はラケットでボールを送る

ネットを挟んだ相手にボールを送るのは、慣れるまで簡単ではありません。

しっかりコントロールして、相手が自然な形で受け取れるように気遣いしてあげたいところ。

近い距離であれば手で渡したり、下から軽く投げたりする形。

遠い距離であれば山なりのボールをラケットで打って送れるように、普段の仲間同士の練習からこの軌道の精度を上げましょう。

試合のインプレー以外の部分も、アナタのプレーに代わりは無いのです。

 

■スライス気味のフラットな打球でワンバウンドさせる

ボールをラケットで送る際に、気を付けたいのが回転の部分。

間違っても、強烈なトップスピンをかけたりしないようにしましょう。

打球の勢いが無くなりやすいスライス、それもフラットに近い形で回転量は抑えて打てるとベストです。

相手にワンバウンドで手元に届くように、愛情を持って送りましょう。

こういった軌道のボールを安定して打てるようになると、テニスの試合でも活かせます!

 

■相手にしっかり声をかけて、意識を向けてから送ること

「ボールいきます」の声は、相手の意識をこちらに向ける為。

しっかりと「ボールが来る態勢」を作ってもらってから、送るようにしましょう。

もちろん、捕球しやすいように2球同時に送らない。

そして、ダブルスなどで2人から相手コートに送る際には、遠い距離にあるボールから先に送とスマートです。

 

試合に出慣れている人からすれば、「なんて基本的なこと・・・」と思われるかも知れません。

ですが、この基本こそ、試合を行ううえで大事にしたい部分。

テニスが強い、トーナメントで勝ち進む人は、こういったインプレー中以外の仕草がすごくスマートです。

たまに例外な選手はいますが・・・アナタ自身、マナーをしっかりすることで、テニスも強くなります。

細かい部分ですが、意識して試合に臨みましょう!

 

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開します

    いつも、T-PRESSをご覧頂きまして、ありがとう御座います。…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「序盤にリードして少しずつ追いつかれてきた・・・」ら、アナタならどうしますか?

    テニスの試合、辛いときはどんなときですか?試合に負けそうなとき…

  3. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について

    高校に入学してからテニスを始めた。で、高校2年生の夏休み、テニ…

  4. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について

    この時期、色々な暑さ対策を皆さんも行なっているかと思います。テ…

  5. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

    テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?でも実際…

  6. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?

    テニスの試合、勝ったり負けたり。色々な人と、試合出来ますよね。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
  2. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ち…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成…
  5. テニス 試合

    メンタル

    「相手がどこに打つか分かるかい?」テニスの試合で必要な予測と思い切った実践力
PAGE TOP