テニス 指導

テニス知識

「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ

皆さんも、外でテニスコートを借りて練習する機会、あると思います。

ルールは各地で色々あるでしょうが、共通するマナーは同じはず。

そして、それを知っていてさりげなく実践出来ている人は、かっこいいですよね。

今回は私が考える、レンタルコートでのマナーについてまとめてみました。

 

「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ

 


 

1.受付は15分前までに済ませておく

ギリギリにコートに到着、慌てて練習に入る・・・。

これだと、コートを管理している側からするとキャンセルなのかどうなのか、不安になりながら待つことになります。

気持ちよく借りて使うために、もしもギリギリになりそうなら連絡を入れるのがマナー。

キャンセル扱いになるルールもありますので、しっかり事前に確認しておきましょう。

 

2.隣のコートにボールが入ったらすぐに対応する

部活で公営のコートを使っているチームでも、意外とほったらかしな学校が多い。

これは、問題です。

隣のコートにボールが入ったら、混ざらないうちにすぐに拾いにいく。

そして一言伝えて、コートに入ってしっかり拾って戻る、というのを徹底しましょう。

自分たちの大事なボールを無くさないだけでなく、隣のコートの人とも気持ち良く練習する為に必要な気配りです。

 

3.隣のコートにボールがいかない工夫と配置を

2.のようにならない為に、コート脇に人を配置する。

ローテーションを組んで、なるべく交代で人を立たせて周囲のコートにボールが飛ばないように工夫すること、も大事です。

よく、サーブ練習でワイドへのサーブが隣のコートに飛散したりしてますが、これも配置要員を作ることで解消されるはず。

ワイドにコートを使う練習は、テニスで不可欠ですよね。

しっかり周りに迷惑がかからないような体制を作ってから、実践していきましょう。

 

4.ゴミを持ち変える

「当たり前」と思うことほど、出来ていない。

自分たちで持って来たゴミ、つい会場のごみ箱に押し込んで帰ってはいませんか?

たまに使うコートならまだ許されるでしょうが、定期的にお世話になっているコートなら、ゴミはまとめて各自で持って帰るのがスマートなマナー。

会場を長く使っている、使わせてもらっているという意識で、お互いを思いやる姿勢が大事です。

こういうちょっとした意識は、自分の「余裕」につながる。

きっとテニスも、強くなっていくはずですよ。

 

5.コート整備は大きく、を意識する

最後に、コート整備。

クレーコートやオムニコートは練習後にブラシがけをすると思いますが、ここで大事なのは「大きくコート整備」をしておくこと。

隣のコートとの間、後ろ、全てを広く、しっかりブラシがけする。

自分たちのコートエリアだけ、の整備になっていると、次に使う人もどこか「うーん。。。」という感じかも知れませんね。

コートの間と間、は自分たちでブラシがけしておく、くらいの意識を持ってみて下さい。

きっと、コート管理側にも気持ちは伝わって、良い練習環境を長く使わせてくれると思いますよ。

 

ちょっとしたことですが、意識してみると雰囲気が変わる。

部活で公営のコートを使っているなら、アナタ自身のチームが地域に「応援される」存在になって欲しい。

その逆、はたくさん観て来ました。

「またあの学校か・・・マナー悪いんだよな・・・」という評判は、テニス界ではすぐ広がります。

それが何を意味するか、アナタなら分かるはずです。

チームでこの機会に、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

    まさにこれからが、夏本番。テニスの試合、苦しい試合の連続・・・…

  2. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

    「プッシュアップバー」という器具について、聞いたことはありますか・・・…

  3. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

    頂いたアンケートを拝見していて、感じたこと。意外と、「シングル…

  4. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

    スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスで…

  5. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

    テニス選手にとって、試合で使えるフットワークは不可欠。でも、足…

  6. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?
  2. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  3. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
PAGE TOP