サーブ

良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない

最近の試合を見ていると、本当にリターンの強い選手が多い。

ラケットやガットの性能がアップしたのもあると思いますが、確実にサーブ側が厳しい時代、になってきていると感じています。

みなさんも、試合の現場でこういうリターンが上手い、強い相手と対戦する機会も多いでしょう。

ここで考えておかないといけないのは、このポイントです。

 

良いリターンに、良いサーブで対抗する…のは、現実的じゃない

 


 

1.意地になっても、サーブの威力は変わらない

サーブの威力、ムキになっても変わらない。

試合の現場で、リターンに対抗しようとするのはすごく危険。

そもそも、現代テニス、私たち一般の試合ではリターン側が強い、なんてことはよくある話。

意地になっても、アナタ自身のサーブは乱れていくだけ。

まずは、冷静に客観的に目の前の現実を受け入れること。

勝負はそこから、です。

 

2.ファーストサーブに集中する、のが大前提

良いリターン、を持っている相手ならなおさらです。

ファーストサーブに集中する、でもこれって、速さや精度を上げていく・・・ことじゃない。

もちろん、調子が良ければそれでも良いと思いますけどね。

大事なのは、確率。

とにかく、セカンドサーブを打たないこと、を第一に考える。

むしろ威力を落としてでも、しっかりファーストサーブを確率良く入れていくことが大事、だと思いますよ。

 

3.リターンが得意な相手は、セカンドサーブが大好物

実際に、ここからリズムをとってきます。

リターンが大好きな人は、相手のセカンドサーブが大好物。

この場面で絶対に優位に立てる自信があるからこそ、踏み込んでいく。

踏み込んでいくことが出来る、のはあなた自身がセカンドサーブになっているから。

この事実に気づけないと、ずっと後手に回ってしまいますからね。

とにかくファーストサーブ、をしっかり打つことが大事です。

 

4.バック狙い、意外のサーブの狙いを作ろう

基本はバック狙い、で良いと思います。

でも相手も慣れてくるし、しっかり対応してくるのが普通でしょう。

このバック狙い、意外の手はアナタ自身にありますか?

バック狙いで相手が警戒しているなら、フォアハンドの浅い場所、も狙い目ですよね。

サーブで対抗するなら、駆け引きで。

良いリターンを打つ相手、にどんな手があるのかを自分で考えておきましょう!

 

試合で使えるサーブ、実は地味かもしれませんね。

実際に、良いリターンを打つ選手を崩していくのは大変です。

冷静にならないと、特に男性は自分のサーブに強いプライドを持ってますからね・・・。

ファーストサーブと、駆け引きに使えるアイデア。

この準備だけでも変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  2. テニス サーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に

    不思議なことに、テニスの大会に出ると「ファーストサーブは、リターンが返…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

    錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。改めて感じたのは、「サ…

  5. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

    試合でサーブが入らない。入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

コメント

    • パセリ
    • 2018年 3月 05日

    ファーストサーブの確率アップと前後への配球を意識して練習してみます。

      • tomita
      • 2018年 3月 05日

      はい、ぜひ試してみて下さい!サーブも前後に使えるようになると、試合ですごく使えるはずです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?
  2. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ…
  3. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?
  5. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
PAGE TOP