サーブ

良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない

最近の試合を見ていると、本当にリターンの強い選手が多い。

ラケットやガットの性能がアップしたのもあると思いますが、確実にサーブ側が厳しい時代、になってきていると感じています。

みなさんも、試合の現場でこういうリターンが上手い、強い相手と対戦する機会も多いでしょう。

ここで考えておかないといけないのは、このポイントです。

 

良いリターンに、良いサーブで対抗する…のは、現実的じゃない

 


 

1.意地になっても、サーブの威力は変わらない

サーブの威力、ムキになっても変わらない。

試合の現場で、リターンに対抗しようとするのはすごく危険。

そもそも、現代テニス、私たち一般の試合ではリターン側が強い、なんてことはよくある話。

意地になっても、アナタ自身のサーブは乱れていくだけ。

まずは、冷静に客観的に目の前の現実を受け入れること。

勝負はそこから、です。

 

2.ファーストサーブに集中する、のが大前提

良いリターン、を持っている相手ならなおさらです。

ファーストサーブに集中する、でもこれって、速さや精度を上げていく・・・ことじゃない。

もちろん、調子が良ければそれでも良いと思いますけどね。

大事なのは、確率。

とにかく、セカンドサーブを打たないこと、を第一に考える。

むしろ威力を落としてでも、しっかりファーストサーブを確率良く入れていくことが大事、だと思いますよ。

 

3.リターンが得意な相手は、セカンドサーブが大好物

実際に、ここからリズムをとってきます。

リターンが大好きな人は、相手のセカンドサーブが大好物。

この場面で絶対に優位に立てる自信があるからこそ、踏み込んでいく。

踏み込んでいくことが出来る、のはあなた自身がセカンドサーブになっているから。

この事実に気づけないと、ずっと後手に回ってしまいますからね。

とにかくファーストサーブ、をしっかり打つことが大事です。

 

4.バック狙い、意外のサーブの狙いを作ろう

基本はバック狙い、で良いと思います。

でも相手も慣れてくるし、しっかり対応してくるのが普通でしょう。

このバック狙い、意外の手はアナタ自身にありますか?

バック狙いで相手が警戒しているなら、フォアハンドの浅い場所、も狙い目ですよね。

サーブで対抗するなら、駆け引きで。

良いリターンを打つ相手、にどんな手があるのかを自分で考えておきましょう!

 

試合で使えるサーブ、実は地味かもしれませんね。

実際に、良いリターンを打つ選手を崩していくのは大変です。

冷静にならないと、特に男性は自分のサーブに強いプライドを持ってますからね・・・。

ファーストサーブと、駆け引きに使えるアイデア。

この準備だけでも変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. サーブ

    リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?

    スライスサーブで、相手を外に追い出してボレーでポン。こんなポイ…

  2. テニス 攻撃
  3. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう

    試合が怖い、サーブが打ちたくない・・・。ダブルフォルトの恐怖は…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない

    ダブルフォルトに悩む人、試合では多い。試合に勝てない以前に、サ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

    サーブ&ボレーに迫力がある人って、トスアップが違う。私はそう思…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合でのダブルフォルトは、恥ずかしいことでも何でも無い

    最近、練習でも試合でもすごく感じること・・・について。日本人だ…

コメント

    • パセリ
    • 2018年 3月 05日

    ファーストサーブの確率アップと前後への配球を意識して練習してみます。

      • tomita
      • 2018年 3月 05日

      はい、ぜひ試してみて下さい!サーブも前後に使えるようになると、試合ですごく使えるはずです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない
  3. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノ…
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
  5. テニス サーブ

    その他

    「失敗するのが恥ずかしい」と思われるようなチームの雰囲気なら、勝てるチームへの躍…
PAGE TOP