サーブ

良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない

最近の試合を見ていると、本当にリターンの強い選手が多い。

ラケットやガットの性能がアップしたのもあると思いますが、確実にサーブ側が厳しい時代、になってきていると感じています。

みなさんも、試合の現場でこういうリターンが上手い、強い相手と対戦する機会も多いでしょう。

ここで考えておかないといけないのは、このポイントです。

 

良いリターンに、良いサーブで対抗する…のは、現実的じゃない

 

1.意地になっても、サーブの威力は変わらない

サーブの威力、ムキになっても変わらない。

試合の現場で、リターンに対抗しようとするのはすごく危険。

そもそも、現代テニス、私たち一般の試合ではリターン側が強い、なんてことはよくある話。

意地になっても、アナタ自身のサーブは乱れていくだけ。

まずは、冷静に客観的に目の前の現実を受け入れること。

勝負はそこから、です。

 

2.ファーストサーブに集中する、のが大前提

良いリターン、を持っている相手ならなおさらです。

ファーストサーブに集中する、でもこれって、速さや精度を上げていく・・・ことじゃない。

もちろん、調子が良ければそれでも良いと思いますけどね。

大事なのは、確率。

とにかく、セカンドサーブを打たないこと、を第一に考える。

むしろ威力を落としてでも、しっかりファーストサーブを確率良く入れていくことが大事、だと思いますよ。

 

3.リターンが得意な相手は、セカンドサーブが大好物

実際に、ここからリズムをとってきます。

リターンが大好きな人は、相手のセカンドサーブが大好物。

この場面で絶対に優位に立てる自信があるからこそ、踏み込んでいく。

踏み込んでいくことが出来る、のはあなた自身がセカンドサーブになっているから。

この事実に気づけないと、ずっと後手に回ってしまいますからね。

とにかくファーストサーブ、をしっかり打つことが大事です。

 

4.バック狙い、意外のサーブの狙いを作ろう

基本はバック狙い、で良いと思います。

でも相手も慣れてくるし、しっかり対応してくるのが普通でしょう。

このバック狙い、意外の手はアナタ自身にありますか?

バック狙いで相手が警戒しているなら、フォアハンドの浅い場所、も狙い目ですよね。

サーブで対抗するなら、駆け引きで。

良いリターンを打つ相手、にどんな手があるのかを自分で考えておきましょう!

 

試合で使えるサーブ、実は地味かもしれませんね。

実際に、良いリターンを打つ選手を崩していくのは大変です。

冷静にならないと、特に男性は自分のサーブに強いプライドを持ってますからね・・・。

ファーストサーブと、駆け引きに使えるアイデア。

この準備だけでも変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップのコツ」をつかめばサーブはもっと良くなる!テニスの試合で使えるサーブを磨きましょう

    サーブがどうしても苦手・・・という方は、まずトスアップから苦手意識があ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

    サーブは深いのが大前提。深さがあるから相手も踏み込めないし、リ…

  4. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、「自分の作戦が決まっていない」ときが多い

    ダブルフォルトに悩む人、試合では多い。試合に勝てない以前に、サ…

コメント

    • パセリ
    • 2018年 3月 05日

    ファーストサーブの確率アップと前後への配球を意識して練習してみます。

      • tomita
      • 2018年 3月 05日

      はい、ぜひ試してみて下さい!サーブも前後に使えるようになると、試合ですごく使えるはずです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、アナタは必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてはいないか…
  4. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ
PAGE TOP