テニス サーブ

リターン

切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。

これは、上のレベルの試合ではきっとよくある話。

でも、皆さんとしてしっかり対策、出来てますか?

本気で県内上位に進出する、ことを目指すのであれば、きっと避けては通れないのがこのサーブ対策の問題。

特に切れ味鋭いサーブ、への対策は絶対に必要でしょう。

 

切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

 

1.一番の差は、バウンド後の切れ味

強い選手と試合で対戦する。

そのときに、まず感じること、いつもとの差、はココじゃないでしょうか。

相手のサーブがバウンドした後の切れ味、勢いに押されてしまう。

スライスサーブ、スピンサーブ、これはしっかり対策として立てて準備しておかないと試合にならない。

これくらいの意識が大事です。

アナタの部活やサークル、チームに、こういった危機感はありますか?

 

2.試合にならないのは、リターンが返らないから

格上相手で試合にならない、競ることも出来ない理由は明白です。

それは、リターンが返らないから。

アナタ自身のサーブが良ければ、さほどブレイクされることも無いかも知れません。

でも、格上の選手、安定したシード選手はサーブが良い。

その回転量が多いサーブを返球出来ないから、試合にならないケースがほとんどでしょう。

なぜ、リターンが出来ないのか、返球がコートに収まらないのか。

結局それって、「周りに同じくらいのサーブを打つ選手がいない」に尽きるんじゃないですかね?

 

3.徹底した回転系サーブ対策を、実践しよう!

私が大学時代には、こういう練習をしていました。

ベンチを持って来てサービスラインくらいに置く、その上から、「回転量」だけすごく与えたサーブを打つ。

思いっきりスライス、思いっきりスピン。

ただし、球速はそこまで速くしないで良い。

回転量が多く、バウンド後にしっかりキックしたり滑ったりするボールを、徹底して高い位置から打つ。

それをひたすら、リターンする。

出来れば、リターンも浮かないように、ダブルスであればストレートにも打てるように練習する。

これくらいの覚悟、が大事でしょう。

普通のサーブ練習では、アナタのチームのレベルのサーブ、しか打つことは出来ない。

ということは、リターン練習もそこまでしか出来ないということ。

この現実を、しっかり受け止めて工夫することが大事です。

 

4.サーブを打つ側も回転をかける練習、にもなる

これはリターンの練習だけじゃない。

ネットの近くから、回転量が多いサーブを打つ、これも良い練習になる。

意外と、ネットの近くからでもしっかり回転をかけてサーブを入れるのって、難しいですよ。

良いリターン練習にしていく為には、良いサーブの球出しが必要。

これは、しっかり意識してチーム全体で取り組んで欲しい課題、です。

格上選手に自分がなったつもりで、サーブを近づけて打てるように。

バウンド後の回転、しっかり自分でチェックしてみて下さい。

ネット近くから打てれば、きっとベースラインからだって打てるようになるはずです!

 

リターン練習は、思い切った工夫が大事。

思い切った工夫、つまりは、アナタのチームで「打てないサーブ」まで繰り出してしまうような工夫、です。

強い相手のサーブ、切れ味鋭いサーブを、どう攻略していくのか。

ここを避けては通れない。

それくらいの覚悟で、ぜひチームとして挑んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性

    サーブレシーブからテニスはスタートする。最初のこの部分で勝負が…

  2. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

    テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

    ダブルスが上手い選手は、リターンが上手い。これは、何度か書いて…

  4. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。ぜひ、みなさん…

  5. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

  6. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう
  2. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない…
PAGE TOP