ダブルス

「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり…」試合でそんなときに、アナタのテニスを助ける技術とは?

ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませんか?

追い込まれている訳でもないのに、なぜか最後は相手がネットでポイントを獲ってくる。

試合の後半に気付いてストレートに打ち始めても、時すでに遅し・・・ストレートケアがピタリとはまる。

ダブルスの試合で有効な対策を、一緒に考えてみましょう。

 

「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり…」試合でそんなときに、アナタのテニスを助ける技術とは?

 

▪️相手前衛の「心理」を考えてみる

ダブルス巧者の人は、心理的に優位に立とうとします。

まず自分の存在を主張して、自分をしっかり意識させる。

そうすれば、2対2が1対2になり、サービスゲームではサーバーを助けることになると、しっかり理解しています。

だからこそ、リスクを冒してでも自分のいる場所を捨てる「勇気」を持っているのです。

そんなプレイヤーと戦うには、こちらもしっかり覚悟が必要。

「アナタを気にしていません」

「ポーチに出てきても、どうぞどうぞ」

くらいの上から目線で、相手の考えていることを受け止めたうえで配球していきましょう。

技術では無く、気持ちのイメージですので、要は実践するかしないかです。

 

▪️アナタの「ストロークのコース」を変えれる自分のタイミングは?

とはいえ、技術的なポイントはどこか。

アナタがストロークやリターンを打つ時に、コースをギリギリまで隠して決断できる打点はどこか。

これをしっかり自分で把握しましょう。

より引き付けて変更できるなら、相手を足止めできますよね。

お勧めは、スライス系のショット。

打点が後ろでも対応できますし、ロブへの切り替えもしやすい。

レベルが高い選手ほど、スライスの構えに対しては前衛にいても動き辛いのです。

肩の入った横向きスライスの構えを、しっかり見せつけましょう。

 

▪️踏み込んで「ライジングショット」にすれば、ポーチされにくい!

もう一つ、お勧めは前に踏み込んで早いタイミングで打つライジングショット。

特にリターンでは、これが前衛のポーチを抑え込むには一番有効です。

そしてこれに対応しようと前衛の動きだしが早くなれば、しめたもの。

ストレートアタックのチャンスも増えますね。

何度も同じタイミングで後ろから打っていては、やはり前衛の餌食になりやすい。

実際の試合では、自分で緩急を調整できるとベストです。

 

▪️試合の序盤に前衛に対して「ストレートアピール」を!

ストレートアタックは、試合の序盤に!

これはしっかり覚えておいて下さい。

私が試合に出るときは、まず「挨拶代わりのストレート」と決めています。

なぜならそれで、自分自身を「ストレートに打つ人」にイメージ付けできるからです。

前衛に捕まりやすい人は、クロスへの意識が強すぎる人が多い印象です。

これも技術レベルの問題ではなく、やるかやらないかの実践の話。

早いサーブやストロークであれば、ロブでも良いんです。

しっかり相手に意図を見せることが重要です。

 

前衛を手玉に取れるようになると、テニスで「ゲームメイク」の感覚が身に付きます。

後衛はしのいで、つないで・・・という少し地味な仕事も多いですが、しっかり相手の前衛は操れるように。

この感覚が身に付くと、自分が前衛にいるときにはそれに対して有効な対策が思いつくというもの。

テニスでの醍醐味、駆け引きを楽しめるような余裕を、練習の中から養っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. ダブルス

    「技術だけじゃダメってことか」とダブルスで感じれば、テニスの試合はまだまだ勝てるようになる!

    現役時代、試合の殆どがシングルスだった。ダブルスもたまには出ていた…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    味方のペアをカバーする、という概念がアナタを弱くする

    ダブルスの試合、アナタ自身「頑張り所」を間違えてはいけない。い…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

    よく、「良いダブルスとは、どんなダブルスですか?」と聞かれます。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽に…
  2. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  3. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安…
  4. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を2人、自分の中に用意しておこう
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」…
PAGE TOP