テニス ボレー

リターン

ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

リターンゲームの、基本スタンス。

試合に勝ちたいなら、これをしっかり確認しておきましょう。

相手の立場になって、リターンをどういう姿勢でいくのかを考えれば、大丈夫。

ミスしたくない場面、ではありますが、勝負に出る姿勢は大事です。

 

ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

 


 

1.相手のサーブ、攻撃的にいく?確実にいく?

これは、意見の分かれるとことでしょう。

相手のセカンドサーブ、こちらはチャンスがある。

この時に、攻撃的にいくのか、それとも確実に返球してラリーに持ち込むのか・・・意見が分かれるところだと思います。

私の結論はシンプルで、「両方大事!」です。

もっと言えば、両方しっかり見せておくことが大事、だと思っています。

打つべきところは打っていく、確実にいくところは、確実にいく。

このメリハリ、アナタ自身の出し入れが大事だと思いますよ。

 

2.打っていく場面、はハッキリ攻撃的に

例えば0-40、15-40のような場面。

ハッキリと攻撃的にセカンドサーブを打っていく、ことでしっかり相手にプレッシャーをかけること。

これが大事、だと私は思いますよ。

セカンドサーブを「どんな場面でも打って来ない」ような相手、はサーブを打っていてもすごく楽。

とにかくサーブを入れて、ラリーに持ち込んでから考えれば良いですからね。

しっかりブレイクチャンスでは、セカンドサーブは打っていく。

この姿勢が無い選手は、それだけ勝つチャンスを逸していると私は思いますよ。

 

3.30-30、40-30のような場面では、確実にラリーに持ち込む

私なら、この作戦でいきます。

相手のセカンドサーブ、サービス側優位なカウントの時。

これは、攻撃的にいってミスしてもあまりプレッシャーがかからない。

そのままゲーム、で自分側のサービスゲームになってしまいますからね。

攻撃的にいってミスした後、更にポイントがサーブ側が劣勢で続くようなら、リスクを冒す価値がある。

メリハリと根拠を持って、セカンドサーブをどうするのかを決めておくのに、ポイントシチュエーションはヒントになるはずです。

 

4.意図が見えるミス、をリターンで!

相手のセカンドサーブに対しては、これでいきましょう。

何をしたかったのか分かる、ようなリターンからのアタックは、相手にも強く印象として残ります。

私が結構やるのが、リターンからいきなりドロップショット、ロブ、といった変化を付けるショットですね。

セカンドサーブですから、前に入って打てば何とかなる。

攻撃的に・・・と言っても、強打で押していく、のはリスクが高いし相手も警戒しているはず。

ですのでオススメは、変化を付けるようなショット、ですね。

 

リターンからしっかり、攻撃していく。

相手のセカンドサーブ、これを使わない手はありません。

リターンのバリエーションを増やして、攻撃的にプレーしていけば相手はサーブどころではなくなるでしょう。

そうやって追い込んでいくのは、アナタ自身、ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  2. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  3. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

    リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。リ…

  5. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  6. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    負けること以上に、勝つことから逃げてはいけない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  3. テニス フェデラー

    メンタル

    失点したときこそ、あたかも得点したかのように振る舞おう
  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う
  5. ダブルス

    サーブ&ボレーの相手に、スライスでチップ&チャージ!
PAGE TOP