テニス ボレー

リターン

ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

リターンゲームの、基本スタンス。

試合に勝ちたいなら、これをしっかり確認しておきましょう。

相手の立場になって、リターンをどういう姿勢でいくのかを考えれば、大丈夫。

ミスしたくない場面、ではありますが、勝負に出る姿勢は大事です。

 

ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

 

1.相手のサーブ、攻撃的にいく?確実にいく?

これは、意見の分かれるとことでしょう。

相手のセカンドサーブ、こちらはチャンスがある。

この時に、攻撃的にいくのか、それとも確実に返球してラリーに持ち込むのか・・・意見が分かれるところだと思います。

私の結論はシンプルで、「両方大事!」です。

もっと言えば、両方しっかり見せておくことが大事、だと思っています。

打つべきところは打っていく、確実にいくところは、確実にいく。

このメリハリ、アナタ自身の出し入れが大事だと思いますよ。

 

2.打っていく場面、はハッキリ攻撃的に

例えば0-40、15-40のような場面。

ハッキリと攻撃的にセカンドサーブを打っていく、ことでしっかり相手にプレッシャーをかけること。

これが大事、だと私は思いますよ。

セカンドサーブを「どんな場面でも打って来ない」ような相手、はサーブを打っていてもすごく楽。

とにかくサーブを入れて、ラリーに持ち込んでから考えれば良いですからね。

しっかりブレイクチャンスでは、セカンドサーブは打っていく。

この姿勢が無い選手は、それだけ勝つチャンスを逸していると私は思いますよ。

 

3.30-30、40-30のような場面では、確実にラリーに持ち込む

私なら、この作戦でいきます。

相手のセカンドサーブ、サービス側優位なカウントの時。

これは、攻撃的にいってミスしてもあまりプレッシャーがかからない。

そのままゲーム、で自分側のサービスゲームになってしまいますからね。

攻撃的にいってミスした後、更にポイントがサーブ側が劣勢で続くようなら、リスクを冒す価値がある。

メリハリと根拠を持って、セカンドサーブをどうするのかを決めておくのに、ポイントシチュエーションはヒントになるはずです。

 

4.意図が見えるミス、をリターンで!

相手のセカンドサーブに対しては、これでいきましょう。

何をしたかったのか分かる、ようなリターンからのアタックは、相手にも強く印象として残ります。

私が結構やるのが、リターンからいきなりドロップショット、ロブ、といった変化を付けるショットですね。

セカンドサーブですから、前に入って打てば何とかなる。

攻撃的に・・・と言っても、強打で押していく、のはリスクが高いし相手も警戒しているはず。

ですのでオススメは、変化を付けるようなショット、ですね。

 

リターンからしっかり、攻撃していく。

相手のセカンドサーブ、これを使わない手はありません。

リターンのバリエーションを増やして、攻撃的にプレーしていけば相手はサーブどころではなくなるでしょう。

そうやって追い込んでいくのは、アナタ自身、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  2. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

  3. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

  4. テニス 客観視

    リターン

    ダブルスの試合では、「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  2. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を
  4. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメン…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける
PAGE TOP