テニス サーブ

サーブ

サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

サーブ&ボレーに迫力がある人って、トスアップが違う。

私はそう思っています。

ベテラン、シニアの方でも、「そんなに足速い!?」と思うくらいの人が、スムーズにサーブから前に出て来るようなケース、ありますよね。

その秘密は、トスアップにある。

もっともっと、みなさん「相手側」に上げて良いと思いますよ!

 

サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

 

1.迫力のある前へのダッシュ、はトスアップと連動させよう!

サーブを打って前、のサーブ&ボレー。

でも、前への迫力がある人は、打ちながらもう前に入っていくような感じ、ありますよね。

でも、私たちが真似しようと思っても、打ちながら前、って結構難しい。

ともすれば、サーブが中途半端になってしまいますからね。

ここでヒントになるのは、トスアップの方角。

つい、私たちは自分の目の前、にトスを上げたがってしまいますが・・・これでは、実は不十分。

もっともっと、相手側にトスを上げるくらいで良いでしょう。

 

2.走っていく方角、にボールがある方が楽

サーブを打って前、その前へ走る方角にトスを上げてみる。

かなり、ネットの方向に腕を出してトスアップしないといけないので、最初は難しいはずです。

でも、慣れるとこれがやりやすい。

実際に、打ちながら前へ入っていく動き、がすごく自然に出来ますからね。

自分の身体の前、ではなくて、右利きの方であればハッキリ自分の左側。

ボールを落として、コートの内側30cmくらの場所、に落ちるようなイメージでしょう。

 

3.「トスが遠い・・・」くらいの方が、キックして飛んで打てる

実際、最初は遠く感じるはずです。

自分のトスが打ち辛い、と感じるでしょう。

でも、これで良いと私は思いますよ。

だって、思い切り身体を使って打てる、方が試合でも実は楽。

自分で調整、出来ないじゃないですか。

しっかり膝を曲げてジャンプ、してようやく到達するくらい、相手方向に向かってトスを上げる。

緊張した場面でも、毎回同じように打てて、前にも入りやすい。

これって、良いサーブだと思いませんか?

 

4.打ちやすいサーブは、調整出来るから危険なんです

実際に、試合でダブルフォルトが多い人は、これにはまってしまっています。

打ちやすいサーブ、にしているから、自分で調整してしまう、手元で調整出来てしまう。

試合の緊張感高まる場面で、ビビッて調整なんて出来ないですよ。

だったら、しっかり身体を大きく使えるように、予めトスアップで自分の余裕を無くしておく。

どうでしょう、この方が安定感アップすると思いませんか?

調整出来ない分、毎回ほぼ全力。

だから同じようなサーブ、を何回でも打てるんです。

 

きっと、サーブ&ボレーに必要なダッシュ力はトスアップで変えることが出来る。

前方向、相手の方に向かってトスアップ、そのトスに合わせて前にダッシュしていきましょう。

まだまだ自分の身体の前に上げている人、多いんじゃないでしょうか。

良いサーブは、良いトスアップから。

安定感もアップ出来るこの方法、オススメです!

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

    全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。それ…

  6. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

    試合でサーブが入らない。入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    指示や指導で、基本人は動かないしテニスも変わらない
  3. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に…
  5. 戦術

    ラリーが続くと力んでくる、のはまだまだ試合中級者
PAGE TOP