テニス ストローク

ストローク

オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

「オープンスタンスのストロークが、難しい・・・」と、よくご質問を頂きます。

確かに、簡単なようで難しい、特にクロス方向にしっかり打つには技術がいりますよね。

今回は、改めて打点を変えてコースを変える、基本を見直してみましょう。

オープンスタンスで打つなら、クロス方向へのショットは打点近め、でいきましょう!

オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

1.オープンスタンス、しっかり打ち分け出来る?

結構怪しい人多いんじゃないですかね?

ストロークのクロス、ストレート、しっかりとコントロールして打ち分ける。

しかも、威力を保ってとなると、なかなか難しい。

ストレートに流したり、ダウンザラインは打ちやすいんです、オープンスタンスだと。

ですが、クロス方向となると、これが難しい。

だから、ついクロス方向へ打つときは前にしっかり踏み込んでクローズドスタンス、のようになってしまう。

実はこれって、コースがばれてしまう一番の要因なんですよね。

2.クロス方向へのコントロールは、打点で調整しよう

引っ張るようなクロス方向への打ち方、難しいです。

出来るだけ打点だけ、でコースを変えるように打てる癖を身に付けたいところですよね。

ストレートへ打つ時、よりも少し打点は前が基本。

さらに、これがオープンスタンスだと「自分の身体の近く」くらいの意識でちょうど良いと思いますよ。

打点が近すぎて打てない、窮屈、になることもあると思いますが、オープンスタンスならラケットを振りやすいはず。

むしろ、リーチは短くなるので、遠くの打点だと力が入らないですからね。

しっかり、自分の打点にボールを呼び込めるように。

意識してみて下さい。

3.身体が開かないで待てるタイミング、を作ろう

オープンスタンス、でもしっかり肩を入れること。

そして横目で相手コートを見て、溜めるタイミングを作ればクロス方向にも打ちやすい。

腕先だけで打っている人もいますが、絶対に安定しません。

打点に呼び込む姿勢、肩の入れ方、ぜひ鏡の前で確認してみて下さい。

打点でコースを変えるので、その時点ではどちらでも打てるイメージをもって、待つこと。

これが大事ですね。

4.浅いボールの処理にも大活躍!

でしょう、きっと。

オープンスタンスでクロス方向にも打てると、アプローチショットも打ちやすい。

そのままネットに出る動きもスムーズですからね。

クロス方向にしっかり打てる打点、身体の少し近めで探してみて下さい。

私の感覚では、右利きのフォアハンドの打点は右足の30cm前くらい。

意外と近くても、振り切れますから。

ぜひ、練習してみて下さいね。

簡単そうに見えて奥が深い、オープンスタンス。

きっと、モノにすればアナタのレベルは確実に上がります。

クロス方向に振り切れる打点、フォアハンドから探してみて下さい。

意外と身体の近く、がオススメです!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ

    シングルスの試合で、苦戦するショットの代表格。それは、バックハ…

  2. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

    最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピ…

  3. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない

    ダブルスの試合で、打てないと厳しいもの。それは、私はこれだと思…

  4. ストローク

    打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る

    ストロークでもボレーでも、これが大事なポイント。腕力に任せてラ…

  5. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に

    夏に合宿を行ったテニス部は多いと思う。いつもの学校のテニスコー…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?

    皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。バック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない
  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブ…
  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスでの試合、「コートカバーリングの発想」を変えて、コートの真ん中に立つの…
  5. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
PAGE TOP