テニス ストローク

ストローク

オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

「オープンスタンスのストロークが、難しい・・・」と、よくご質問を頂きます。

確かに、簡単なようで難しい、特にクロス方向にしっかり打つには技術がいりますよね。

今回は、改めて打点を変えてコースを変える、基本を見直してみましょう。

オープンスタンスで打つなら、クロス方向へのショットは打点近め、でいきましょう!

 

オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

 

1.オープンスタンス、しっかり打ち分け出来る?

結構怪しい人多いんじゃないですかね?

ストロークのクロス、ストレート、しっかりとコントロールして打ち分ける。

しかも、威力を保ってとなると、なかなか難しい。

ストレートに流したり、ダウンザラインは打ちやすいんです、オープンスタンスだと。

ですが、クロス方向となると、これが難しい。

だから、ついクロス方向へ打つときは前にしっかり踏み込んでクローズドスタンス、のようになってしまう。

実はこれって、コースがばれてしまう一番の要因なんですよね。

 

2.クロス方向へのコントロールは、打点で調整しよう

引っ張るようなクロス方向への打ち方、難しいです。

出来るだけ打点だけ、でコースを変えるように打てる癖を身に付けたいところですよね。

ストレートへ打つ時、よりも少し打点は前が基本。

さらに、これがオープンスタンスだと「自分の身体の近く」くらいの意識でちょうど良いと思いますよ。

打点が近すぎて打てない、窮屈、になることもあると思いますが、オープンスタンスならラケットを振りやすいはず。

むしろ、リーチは短くなるので、遠くの打点だと力が入らないですからね。

しっかり、自分の打点にボールを呼び込めるように。

意識してみて下さい。

 

3.身体が開かないで待てるタイミング、を作ろう

オープンスタンス、でもしっかり肩を入れること。

そして横目で相手コートを見て、溜めるタイミングを作ればクロス方向にも打ちやすい。

腕先だけで打っている人もいますが、絶対に安定しません。

打点に呼び込む姿勢、肩の入れ方、ぜひ鏡の前で確認してみて下さい。

打点でコースを変えるので、その時点ではどちらでも打てるイメージをもって、待つこと。

これが大事ですね。

 

4.浅いボールの処理にも大活躍!

でしょう、きっと。

オープンスタンスでクロス方向にも打てると、アプローチショットも打ちやすい。

そのままネットに出る動きもスムーズですからね。

クロス方向にしっかり打てる打点、身体の少し近めで探してみて下さい。

私の感覚では、右利きのフォアハンドの打点は右足の30cm前くらい。

意外と近くても、振り切れますから。

ぜひ、練習してみて下さいね。

 

簡単そうに見えて奥が深い、オープンスタンス。

きっと、モノにすればアナタのレベルは確実に上がります。

クロス方向に振り切れる打点、フォアハンドから探してみて下さい。

意外と身体の近く、がオススメです!

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

    スライスってよく使う?俺はかなりシングルスだけじゃなく、ダブル…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が大事!

    皆さんも経験、あるんじゃないでしょうか。つなぎのラリーで、つい…

  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ

    テニスの試合、ストロークに伸びが無い・・・と自分で感じることはあります…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

    ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

    スライスの打ち方、の肩の使い方。これは、私は究極2つしかないと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない
  4. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実につ…
  5. テニス メンタル

    戦術

    1年前より、楽に勝てるようになっていますか?
PAGE TOP