テニス グッズ

メンタル

相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

ボールを打ち合う競技、それがテニス。

もちろん、経験も大事です。

ですが、初心者の方でもこの意識は大事にして欲しい。

練習の中から、相手とのラリーで心理戦を制すること。

「え?こっち?」じゃなくて、「やっぱりね」、が大事です。

 

相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

 

1.試合で疲れるのは、「え?え?え?」の繰り返し

みなさんも、疲れる試合ってあるじゃないですか。

大して動いていないのに、精神的に疲れてしまう。

そういう試合って、相手の予測が出来ない。

どこに打って来るのか、何を考えているのか、掴めないような時って、神経を使う。

「え?こっち??」みたいなショットが多いと、本当に疲れますよね。

逆に、「やっぱりね」と思えることが多いと、全く疲れない。

みなさん、試合ではこれを理想にしていきましょう。

 

2.必ず練習でも試合でも、「あるある」が9割

必ず、テニスには法則がある。

それをしっかり、自分の中で認識して、ストックしていくこと。

繰り返しラリーしていく中で、「やっぱりね」と思えるような瞬間を増やしていく。

きっと、調子が良いときはそう思えることが多いはずなんです。

何も考えていないと、そんな感覚も気付かないかも知れませんけどね。

「あるある」に始まり、「あるある」に終わる。

これをしっかり、自分で積み重ねていかないと試合で強くなるのは難しい。

ただ、疲れるだけですからね。

 

3.相手には「やっぱりね」と思われないように

何が出来るでしょうか?

毎回配球を変える、そして試合の中では「ここで動くの?」というような場所で、動いてみる。

自分自身に、意外性を持たせることの良いきっかけになると思います。

テニスが強い相手って、絶対に「やっぱりね」と思う機会が多い。

そう思われているうちは、絶対に勝たせてもらえない。

だからこそ、自分に対して客観的な視点を持つきっかけになるはずですから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

4.まずは、普段テニスしている仲間から

「やっぱりね」と思える機会、増やしていきましょう。

普段テニスをしている仲間、から「やっぱりね」と思えるポイントを探していく。

こう考えると、予測に積極的になるじゃないですか。

本番の試合では、ほぼ初対面の相手ですからね。

普段の仲間から予測出来ないと、初対面の人なんて無理でしょう。

繰り返しているうちに、初めて対戦した相手でも「やっぱりね」と思えるようになる。

その時には、きっと試合に強くなっているでしょう。

 

テニススクールでラリーしているコーチ、を見てみて下さい。

何時間も、何十人も、ずっとラリーし続けているじゃないですか、ミス少なく。

それは、「やっぱりね」と思いながらラリーしているから。

「この人はここに来る、ほら、やっぱりね」と。

そういう雰囲気、見て感じて欲しい。

良いお手本は、意外と身近にいると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、どこかで気付かないと試合で勝てる選手にはなれない

    冷静に試合を進めているつもりでも、客観的に思い出してみると結構、こうい…

  2. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ

    今日もどこかのテニス大会の会場で、聞こえて来そうなセリフばかり。…

  3. テニス メンタル
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  5. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

  6. テニス 雑記

    メンタル

    「読み返して意味があるテニスノート」を作る為に、意識したい5つのポイント

    このサイトでも何度か紹介しているテニスノート。皆さん、練習の後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこ…
  2. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オスス…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」なのです…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
  5. テニス テニススクール

    その他

    テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強…
PAGE TOP