テニス グッズ

メンタル

相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

ボールを打ち合う競技、それがテニス。

もちろん、経験も大事です。

ですが、初心者の方でもこの意識は大事にして欲しい。

練習の中から、相手とのラリーで心理戦を制すること。

「え?こっち?」じゃなくて、「やっぱりね」、が大事です。

 

相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

 

1.試合で疲れるのは、「え?え?え?」の繰り返し

みなさんも、疲れる試合ってあるじゃないですか。

大して動いていないのに、精神的に疲れてしまう。

そういう試合って、相手の予測が出来ない。

どこに打って来るのか、何を考えているのか、掴めないような時って、神経を使う。

「え?こっち??」みたいなショットが多いと、本当に疲れますよね。

逆に、「やっぱりね」と思えることが多いと、全く疲れない。

みなさん、試合ではこれを理想にしていきましょう。

 

2.必ず練習でも試合でも、「あるある」が9割

必ず、テニスには法則がある。

それをしっかり、自分の中で認識して、ストックしていくこと。

繰り返しラリーしていく中で、「やっぱりね」と思えるような瞬間を増やしていく。

きっと、調子が良いときはそう思えることが多いはずなんです。

何も考えていないと、そんな感覚も気付かないかも知れませんけどね。

「あるある」に始まり、「あるある」に終わる。

これをしっかり、自分で積み重ねていかないと試合で強くなるのは難しい。

ただ、疲れるだけですからね。

 

3.相手には「やっぱりね」と思われないように

何が出来るでしょうか?

毎回配球を変える、そして試合の中では「ここで動くの?」というような場所で、動いてみる。

自分自身に、意外性を持たせることの良いきっかけになると思います。

テニスが強い相手って、絶対に「やっぱりね」と思う機会が多い。

そう思われているうちは、絶対に勝たせてもらえない。

だからこそ、自分に対して客観的な視点を持つきっかけになるはずですから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

4.まずは、普段テニスしている仲間から

「やっぱりね」と思える機会、増やしていきましょう。

普段テニスをしている仲間、から「やっぱりね」と思えるポイントを探していく。

こう考えると、予測に積極的になるじゃないですか。

本番の試合では、ほぼ初対面の相手ですからね。

普段の仲間から予測出来ないと、初対面の人なんて無理でしょう。

繰り返しているうちに、初めて対戦した相手でも「やっぱりね」と思えるようになる。

その時には、きっと試合に強くなっているでしょう。

 

テニススクールでラリーしているコーチ、を見てみて下さい。

何時間も、何十人も、ずっとラリーし続けているじゃないですか、ミス少なく。

それは、「やっぱりね」と思いながらラリーしているから。

「この人はここに来る、ほら、やっぱりね」と。

そういう雰囲気、見て感じて欲しい。

良いお手本は、意外と身近にいると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 気付き

    メンタル

    思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない

    試合の中で、「これは思い通りいったな・・・」という経験、みなさんどの程…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果…

  4. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識…

    ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!
  3. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?
  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!
  5. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと…
PAGE TOP