テニス 仲良し

メンタル

「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?

少なからず、いると思うんですよね。

ただのお調子者、と思われることも多いこの「ノリの良さ」ですが、私は大事だと思ってます。

乗る、というニュアンス、実はテニスの試合でも大事な要素。

急に試合でノリノリになる人って、いますよね。

そういう人って、運を引き寄せて最後は勝つんです。

 

「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

 

1.ノリの良さは、「ナイスな守備」を連発させる

私も、試合で経験したり、審判台から見たことが何度もあります。

ノリノリな人って、まず守備が神がかって来る。

足元に打たれても、打たれても、神がかりな返球を続けていく。

こういう経験、みなさんも少しはあるんじゃないでしょうか。

頭で考える前に、身体が反応していく。

何でも返球出来るような感覚、になって、ゾーンに入ったような感じになる。

これって、偶然?でしょうか?

私はそうでも無い、と思いますよ。

 

2.ナイスな守備で乗っていく、イメージで試合に入ろう

試合の中で、自分自身を乗せていくきっかけ。

私は、守備の中から見出すことを意識しています。

攻撃で乗っていくことも大事ですが、それって怖いんですよ。

攻撃でナイスなショットが続くことって、経験上あまりない。

少ない気がします。

でも守備は、「ナイスな反応」が続くことが多い。

なぜだか不思議ですが、相手の攻撃に目と身体が慣れて、良いカウンターが増えてくるんですよね。

みなさんも、普段の練習からこのポイントを意識してみて下さい。

良い反応、守備の反応は、一つのきっかけで必ず繰り返すことが出来る。

自信を持って、試合にも挑んで欲しいんです。

 

3.「自分で乗っていける」雰囲気を作っていこう

テニスの試合、シングルスは一人。

ダブルスだって、実際にボールを打つ、処理するときは一人きりです。

自分で、自分の気持ちを高めて「出来る!」という気持ちにもっていかないと、試合では勝てないのです。

試合で強い人は、自分で自分のテニスの調子を上げていける、乗っていける。

「そんなの、結局上手い人だけでしょ・・・?」

と思う方もいるでしょうが、私は違うと思いますよ。

ノリが良い人、乗っていける人は、「自信を確信に変える」ことが出来る人だと思います。

 

4.この相手なら、「勝てる!」と思えるかどうか

相手の攻撃を、ナイスな反応で処理してポイントを取る。

こんなときに、私も「よし!勝てる!」と思います。

自分のショットが良いとき、よりも、相手のナイスショットをしっかり守備出来た時、ですね。

この自信が、試合に勝てるという確信に変わっていく。

実力に劣る相手ほど、私は逆にチャンスだと思っています。

強い相手の攻撃を受け止めた、その時のアナタ自身のノリ、を大事にして欲しいんです。

そして上手くいったときの経験、を覚えておく、記録しておく。

ノリの良い選手、には誰でもなれる。

私は、そう思いますよ。

 

この記事を書こうと思ったのも、サッカーの試合を観ていた時がきっかけでした。

年末年始はサッカーの試合をテレビで観る機会が増えますが、「神がかり的なキーパーのセーブ」が続く時ってありますよね。

実はこれ、テニスの試合でも近いことがあるように思います。

「え?これも取るの?」という守備が、続くとき。

アナタ自身、試合でこういうノリの良いプレー、を目指して欲しい。

準備と意識で、実現出来ると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合直前の心配や不安は、9割が妄想である

    試合直前、控えに入っているコートの試合が終わりそうになる。と同…

  2. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について

    試合前、緊張する待ち時間・・・。ココをどう自分の中で過ごすのか…

  3. テニス 練習

    メンタル

    正統派なテニスプレイヤーではない選手を、どこかでアナタは見下してはいないだろうか?

    先日私が対戦した相手は、かなり特殊な感じのダブルスペアでした。…

  4. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについて

    試合会場に着いた途端に、不安になって試合が怖くなる。周りを見渡…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から

    「負けても仕方ない」と、試合中に思ってしまう。それって、テニス…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

    テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。確かにシン…

特集記事

  1. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない
  3. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革
  4. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方
  5. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠か…
PAGE TOP