テニス 上達

テニススクール

コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。

「もっと気楽に、楽しんでやりなよ」と。

当時は、そんな先輩コーチのアドバイスが、嫌でした。

こっちは本当に余裕がない、少しでも生徒さんに打ってもらって、良いアドバイスをしないと・・・と必死でしたから。

ただ、今になって分かること、があります。

やっぱりテニススクールでも、これが大事、ですよ。

もし現役のコーチのみなさんがいたら、ぜひ読んで欲しい内容です。

 

コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

 

1.楽しめば、それが最高のレッスンになる

何も、テニスのレッスンだけじゃないでしょう。

企画、幹事、その本人が楽しんでいないと参加者はまず楽しめない。

最高に楽しんでいる人、がやっぱり主催者であり、リーダー。

テニススクールのレッスンだったら、私はコーチだと思いますよ。

アシスタントコーチは、もっとそれ以上!

それくらいで、やっと生徒さんはリラックス出来る。

そして、そのリラックスして楽しい状態だからこそ、限られた時間の中でも上達出来る。

私は、そう思います。

これは、コーチを引退してから改めて感じる部分、ですね。

 

2.心から「楽しめ」という自分の声、は聞こえているか?

試合に出る、みなさんもそうでしょう。

テニスの試合、主催者であり主役はアナタ自身ですよ。

アナタ自身が、最も楽しんでこそ、です。

心の底から、楽しめ、という声は聞こえてますか?

つい、周りの目を気にして、無難な感じで終わってはいないか。

私の昔のレッスンは、まさにそうでしたね。

真剣にやっているようで、いかに生徒から不満が出ないか、出たら逃げるかばかり考えていた。

これでは、生徒にも自分にも失礼な話。

でも、当時は気付かなかったんです。

そして、だからこそ・・・でしょうか。

今、心から楽しめ、という声が聞こえるんですよ。

私自身の、心の底から。

 

3.コーチが楽しんでいるクラスは、絶対に成長出来るクラス

テニススクール、だけではないかも知れませんね。

コーチ自身が本当に楽しんでいるクラスは、必ず成長出来るクラス、です。

「だって、そんなの仕事でしょ?」と思うかも知れません。

確かに、そうです。

でも、楽しいって、コーチは何が楽しいと思いますか?

やっぱり、生徒が成長していくから、だと私は思いますよ。

自分が楽しいと感じること、そこには必ず人が関わって来る。

それがテニスのレッスンであり、生徒とコーチの関係だと思います。

上級クラスで自分が打てるから楽しい、なんてコーチは、まだまだ幼い。

その幼さに気付くのは、もっと先かもしれないですけどね。

 

4.仕事も勉強も、みなさん楽しいですか?

この記事を書いたのは、実はこれが書きたかったから。

仕事や勉強、みなさん、自分が主役。

自分が楽しまないと、周りは楽しめないし物事が楽しく進んでいかない。

実際は、難しいことだらけだと思います。

でも、だからこそ、じゃないですかね。

テニスでみなさんは本気で、試合や困難に自分から立ち向かっている。

だったら仕事でも勉強でも、プライベートでも、きっともっと楽しみながら立ち向かっていけると思うんです。

自分が楽しまないで、何が上手くいくでしょうか。

私自身がテニスから学んだ、ちょっとした姿勢。

きっとみなさんも、ふとしたときに思い出しているはずです。

心が楽しめ、と。

きっと、そう言っているんじゃないですか?

 

話が大きくなってしまったような気がしますが・・・・。

テニススクール、テニスコーチ、つい毎回同じようなことの繰り返し。

楽しいと思えない、作業のような感じになっている方、悩んでいるコーチの方もいると思います。

このT-PRESSのサイトは、そんなみなさんにとっても、拠り所になっていければと。

「そんなことは、百も承知だよ」ということを、これからも更新していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる

    4月から新しい仕事、テニスコーチとして働き始めた方もいるでしょう。…

  2. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い

    テニススクールや、プライベートレッスンでも。定期的にテニスを…

  3. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  4. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  5. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由

    ダブルスの試合で、特に必要なセンターケア。2人の間を守る、のは…

  6. テニススクール

    コーチの意見と自分の意見、迷ったときは・・・?

    テニススクールやプライベートで、コーチからテニスを教わっているみなさん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
  2. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!…
PAGE TOP