テニス ダブルス

テニススクール

長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

皆さんの周りにも、きっとテニスコーチの方がいるはず。

アルバイトコーチとして、社会人、プロコーチとして。

そして、習う側の選手という方も多いですよね。

私が自分を反省する意味でも、このテーマについては何度でも書いていきたいのです。

 

長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

 


 

1.短所を指摘して、名コーチ気取り

ほとんどのテニスコーチが、これでしょう。

なぜかって?

それは、簡単。

その方が、教えた気になることですよ。

仕事をした気になる。

でも・・・実際、どうでしょう。

短所を指摘して、本気で直す気があるコーチ、どれくらいいるでしょうか?

ほとんどのテニスコーチの皆さんが、短所を指摘するだけで満足、しているように思えてならないのです。

 

2.結果を出せるコーチ、でなくても食べていける

日本って、テニスというスポーツに優しい。

テニススクールという箱があるので、ある程度なんとなくでご飯が食べていける。

結果を出せない指導者って、他のスポーツでは生きていけないケースも多いでしょう。

でもテニスなら、待っていても生徒は来てくれるし、何よりテニス出来る場所自体が少ないですからね。

試合に出ている人も、決して多数派ではない。

結果を出すこと、があまり求められない職種、だと思いませんか?

 

3.長所を探そうと思えば、嫌いな人が減っていく

私も、なるべく人の長所を探すことを普段、意識しています。

テニスコーチの仕事を終わるくらいの頃に、このことの大切さに気付いたのですが・・・。

長所を探そうと思うと、短所をあまり見なくなる。

そうなると、自然と嫌いな人、が減っていくんですよね。

これは、とても嬉しい、楽なこと。

嫌いな人が減ると、テニスの練習も仕事も楽に自然体で進められる。

人間関係に悩んでいる方がいたら、ぜひこの視点、持ってみて欲しいと思います。

 

当たり前な話かも知れませんが、長所は伸ばせる。

短所も伸ばせますが、それが出来るのはごく一握り。

テニスコーチの皆さんも、もっともっと、長所を伸ばすことに貪欲になって欲しい。

誰だって、短所を直したい。

でも、結果的に試合に勝てる選手を育てる、のに必要なことは何か?

私はやっぱり、長所を伸ばす指導指針だと思うんです。

 

今回のまとめ

長所を見つけて伸ばすこと、が出来るテニスコーチは結果を出せる

 

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント

    これからテニススクールに通ってみたい、興味があるというみなさんへ。…

  3. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない

    テニスの試合に強くなりたい。指導してもらっているのに、なかなか…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です

    最近私もテニススクールに通っていて、改めて思うことがあります。…

  5. テニス ガット
  6. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

特集記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます
  2. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました
  3. テニス シューズ

    フットワーク

    前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本
  4. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改…
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている
PAGE TOP