テニス セルフジャッジ

ストローク

ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

試合の中で、苦しい場面。

相手が強いと感じるのは、「つなげない」と感じる時でしょう。

シングルスでもダブルスでも、「つないだら、やられる」と思うと試合は厳しい。

でも、こちらが簡単に攻撃出来そうなボールは、なかなか来ない・・・ような時。

みなさんなら、どうやって試合を戦いますか?

 

ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

 

1.前に出てネットプレー

お互いが後ろでの打ち合い、で厳しいなら前に出る。

これはシングルスでもダブルスでも、戦術の基本です。

自分が前に出ることで、相手の余裕を少しでも無くす、リズムに変化を付ける。

格上相手だからこそ、アナタ自身に必要なのは先手、です。

 

2.スライスを使う

同じつなぐのでも、スピンではなくスライス。

スライスを使うことで、相手の打点を下げることが出来てリズムも変わる。

「結局、打たれて終わりじゃない・・?」と思う方も多いと思いますが、スライスは独特の変化をするし、返球が苦手な人も多い。

また、アナタ自身の打点が少し後ろでも返球出来ますからね。

当てるだけ、ではなくスライスでもしっかりとラケットを振る。

日ごろからスライスでのつなぎ球も覚えておくと、試合でアナタを助けてくれるでしょう。

 

3.サーブのコースをガラッと変える

アナタ自身のサーブ、が読まれていてそこから劣勢になっている可能性も高い。

ダブルスの試合、結構ワンパターンなサーブで自滅している方は多いですからね。

サーブに自信が無いと、サービスゲーム自体が「つなぎ」みたいになってしまう。

ここは、思い切ってコース勝負。

今までのサーブをガラッと変えてみましょう。

ファーストサーブは捨てて、セカンドサーブ2回、ただしコーナーをしっかりと突く。

こういう姿勢、大事だと思いますよ。

 

4.ボールの軌道を高くする

つないでいるボール、浅く力が無い・・・ような時に、相手は乗って来る。

アナタ自身、アウトが怖くて浅いボールばかりになってはいませんか?

浅く低いボールは、相手にとって怖く無い。

高く深いボールなら、アナタ自身が構え直す時間もあるし大丈夫。

ただつないでいるだけで、やられている時は、大抵がボールが低いと覚悟しましょう。

 

5.つなぎながらも、カウンターを常時狙う

この意識があれば、相手もそう簡単には踏み込めない。

アナタ自身、粘りながらもしっかりカウンターで良い反撃どころを探しておく。

つなぐだけで頭がいっぱい、になってはダメ。

相手が攻撃して来る、なら態勢が崩れるかもしれないし、自分のボールの速さについていけていないような人も多い。

相手をよく見て、予測して、当たればしっかり反撃すること。

ただ粘る、つなぐだけなんて苦し過ぎますから。

 

強い相手との試合は、こういうことを考えないと。

ただつなぐ、ことをなかなか許してくれませんからね。

アナタ自身、しっかり準備しておきましょう。

まず、自分の弱い心に打ち勝たないと。

テニスの試合は、そこからがスタートです。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる

    テニスの試合で、いかに「伸び」のあるショットを打てるかどうか。…

  2. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる

    ストロークの強化を意識する人は、部活の中でどういった練習をしていますか…

  3. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

    ストロークの基本、リズムの取り方。きっと、みなさんも最初はこの…

  4. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  5. ストローク

    現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

    ストロークで打点が一定しない、いつも違うフォームで打っている感じがする…

特集記事

  1. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう…
  5. 日々の雑記

    「僕、ボレーしか出来ないんですよ」という人って、大抵すごくテニス上手い件
PAGE TOP