テニス知識

何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

色々作戦は準備して試合に挑むけど、いざコートに立ってみると・・・頭が真っ白。

そんな経験、ありますよね。

シングルスの試合、助けてくれるパートナーもいない、本当に自分一人の戦い。

そんなときに、もしアナタを勇気づける「心強い言葉」があれば、試合に勝つチャンスが生まれるかも知れない。

その助けになるグッズが、今月11月に発売予定なのでチェックしてみました!

 

何度でも消して使える、ウェアラブルメモ「WEMO」はテニスでも使えそう

 

1.甲子園の高校球児の帽子に、憧れた

 

出典:asahi.com

 

みなさん、高校野球を観ているときに、気になったことはありませんか?

よくピッチャーが、大事なメッセージを「帽子のツバの裏」に書いている。

ピンチになると、マウンド上で帽子を取って読み返す、気持ちを整理してまた被って、投球する。

これって、実はすごく効果的だと思うんです。

それだけ、「自分が書いた言葉」には力がある。

でも、なかなかテニスだと・・・「帽子」を被る機会が少ないし、汗でむれるから苦手という方も多いですよね。

それに、シングルスやダブルス、団体戦と毎回試合の形式もテーマも変わってくる。

同じメッセージだけ、だと応用が効かないですよね。

 

2.腕に巻き付けるウェアラブルメモ「WEMO」とは?

何か、「毎回新しく書けて、消せて、目立たないような仕組み」は無いかな・・・と、最近実は探してました。

私は高校時代、自分の手のひらに直接メッセージを書いてましたけど、汗で落ちちゃうんですよね。

「ファーストサーブ、集中!」みたな言葉、当たり前だけど、試合中に近くで読めると勇気が湧いてくるんです。

それを実現してくれそうなのが、今月発売予定の「WEMO」。

 

出典:goodspress.jp

 

こんな感じで、手首に付けて使用する「身体に装着するメモ」ですね。

みなさんも、忘れられないことを手の甲、に書いた記憶無いですか?

ちょっとしたメモや、必携事項、身体を使ったメモも良いんですが、やっぱりテニスのようなスポーツをしていると汗が出て落ちる。

それに、顔をぬぐって黒くなる・・・のも嫌ですしね。

このWEMOなら、キレイな字で、リストバンドのようにして身体の傍に大事なメッセージを常に置いておける。

 

出典:goodspress.jp

 

皮膚に書くより読みやすいし、書きやすい。

当たり前ですが・・・。

 

出典:goodspress.jp

 

水に強いのも魅力、ですね!

 

出典:goodspress.jp

 

指でこすって消えるので、繰り返し使えます。

「ファーストセットは、先手必勝!」のようなメモは、セカンドセットに入ったら消せますしね。

クリアした課題を消していくと、キレイになっていく。

こういう達成感が確認出来るのも、テニス向きでしょう。

 

3.元々は、医療や工事現場向けの商品

このWEMOは、元々は医療従事者の方や工事現場で働く方向けに考えられた商品みたいです。

現場で手作業を邪魔せず、大事なメッセージを忘れない。

付けていることを忘れるくらいの軽さ、感触を大事にしているようで、これってまさにテニスにピッタリ、ですよね。

まだスポーツで使う、ことは想定していないみたいですが、私は今から楽しみです。

例えば試合以外でも

 

・チームのリーダーは、練習メニューを確認出来る

・各自、自分のテーマを確認できる

・トレーニングメニューを、こなしていく度に消していく

・試合会場に行く前に、準備するものをメモしておく

 

ようなことに、たくさん使えるはずです。

スマートフォンでもメモ機能はありますが、やっぱり自分の手に巻いて目に見える形、にするのが良いと思いますよ!

 

まだ発売前ですが、興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

 

出典:wemo.tokyo

 

■「WEMO」公式サイトはコチラ

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ボレー

    テニス知識

    「テンションを5ポンド落としたラケット」を準備しておくと・・・?

    試合中、ボールが飛ばない・・・と感じること、寒い時期は多いはず。…

  2. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

    T-PRESS読者の皆さんの中には、漫画「ベイビーステップ」を購読して…

  3. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

    私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。ですので、直接…

  4. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

  5. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

  6. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

    秋、試合が多い時期は季節の変わり目。みなさんは、試合のときにど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が大…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い
PAGE TOP