テニス フットワーク

ロブ

ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です

凄いショットがある訳じゃないのに、試合で強い人。

こういう人は、きっと「ロブ名人」だと思うんです。

ロブを打つうえで大事な要素はいくつかありますが、何と言っても大事なのは「打つ瞬間まで、ロブと分からない」こと。

普通のストローク、のような打ち方でロブ・・・が来るから、試合では厄介なんですよね。

これは、難しい技術でしょうか?

いや、きっと意識次第では誰でも打てるようになる、ちょっとしたコツだと思いますよ。

 

ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です

 

1.テイクバック時に・・・もう、バレてない?

私が観ている感じだと、8割の方はもうバレています。

いや・・・最悪バレていないかも知れませんが、見る人が見れば、「あ、ロブだな・・・」と気付くはず。

自分でも、どこかぎこちないテイクバック・・・にならないですか?ロブのとき。

特に相手のボールが深い、それをロブで返球しようとするときには、少なくとも普通な雰囲気じゃないはずです。

テイクバック時、におどおどした雰囲気、小さいテイクバック、フラフラした軸足・・・。

これらは全て、弱気なロブの予兆でしかない。

強い人は、こういう仕草を見逃さない。

スッと数歩下がって、スマッシュの準備を始めているはずなんです。

 

2.なぜテイクバックが、グチャグチャになるんだろう?

それは、構えが遅いから。

深いボール、相手からの攻撃にヒヨッてしまっているからでしょう。

テイクバックが、そもそも不十分なはずですよ。

それって技術不足?

もちろんフットワークや、その前の相手に攻撃させている場面では、改善の余地があるでしょう。

ですが、根本の問題は違うと思います。

「相手が攻撃して来たら、とりあえずロブかな」くらいしか、頭に無い。

すごく準備不足、作戦不足、なんですよ。

ロブだって選択肢の一つ、ですからね。

意志が弱い、自分のテニスを信じることが出来ていないから、相手の攻撃に対応が弱々しくなるんです。

 

3.テイクバックは、いつも速く、同じに!

この型、をしっかり意識しましょう。

どんなボールでも、構えは一緒、速く作ってしまう。

そこから、ロブであったりショートクロス、ストローク、ドロップ、色々な選択肢があるように。

相手が攻撃して来たときにも、少なくともロブともう一つ、のショットを用意しておくこと。

これは、技術の問題ではなく意志、の問題です。

テイクバックを毎回一定にすると、相手は嫌なんですよ。

「ロブもあるかも・・・でも、ショートクロスも怖い・・・」となりますからね。

しっかり、ロブ名人に自分はなる。

その為に、大事なのはロブの軌道の精度だけ、じゃないはずです。

 

4.最高のロブは、最高の軌道ではない

これだけでは、ハッキリさせておきましょう。

そもそも、ロブですからね。

最高の軌道、なんてものは無いと思います。

相手あっての、駆け引きの中で使うショットですから。

相手にロブと分からせない、気付かれないことが、最高のロブの第一歩。

ここに意識が希薄な人は、きっと軌道にこだわって試合に負けていく。

だって、そんなの打つ前に相手にバレて、後ろに下がられたらスマッシュ打たれて終わりですから。

あくまで、ロブ名人なら駆け引き勝負。

その為に、いかに相手にバレないか、気付かれない準備が出来るかに集中しましょうね。

 

女子ダブルスでも、このあたり中途半端になっていませんか?

良いロブ、を打とうとその技術にだけこだわってしまう・・・のは、もったいない。

自分の構え、テイクバック、しっかり意識しましょう。

ロブ名人、ダサいと思いますか?

きっとそういう感覚の人は、ロブ名人に明日も明後日も、負けていくんだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  2. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

    ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。攻撃でも守備でも…

  5. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

    試合で強い選手って、とにかく諦めない。それがよく分かるのが、自…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  2. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合では、「サーブとリターンの精度を上げる」ことが出来ないと他のショット…
  3. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるように…
  4. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
PAGE TOP