テニス ストローク

ストローク

ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。

それも、甘くなくしっかりしたボールで1本粘ることが出来るストロークって、心強いですよね。

試合の中で、皆さんに意識して欲しいのは「軸足」の使い方。

特に、深いボールで追い込まれたときに、懐の深いストロークを打ちたい。

そのために、必要なのは後ろ足でしっかりと壁を作ること、です。

 

ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

 

1.セミオープンスタンス、を使おう!

この言葉、聞いたことはある方も多いと思います。

完全なオープンスタンスは、ベースラインと両足が並行、になって上半身のひねりだけで打つショットですが、セミオープンスタンスは少しだけ「後ろ足」を作ることが出来る。

右利きの方のフォアハンドなら、少しだけ右足を後ろに出して、斜めのスタンスを取ることで安定する。

打点が少し後ろになっても対抗出来るし、懐が深くなる。

この、懐の深さ、をぜひ意識してもらいたいんですよね。

 

2.打点を30cm後ろに出来る、だけでテニスは変わる!

例えば、以前にお話ししたベースライン上に立つテニス、には不可欠な考え方、スタンスです。

深いボールは自分の足元、でもインの判定になるポジションですからね。

ですので、一歩後ろ足を出して、溜めを作る。

懐深く、ボールを呼び込んで深いボールをさばいていく。

この姿勢こそ、大事なんです。

そのためには、しっかり後ろ足を安定させて壁を作る、イメージが大事ですね。

 

3.壁を作れば、怖く無い!

セミオープンスタンスで、後ろ足をしっかり作る。

膝を軽く曲げて、重心をそちらの後ろ足に乗せていく。

そうすると、自然と打点も良い位置に取れるし、身体の軸が出来るんですよね。

深いボールで慌てて右往左往するよりも、このスタンスを早く作って深いボールをさばく。

ボレーヤー相手でも、慌てる必要は無いですよ。

前に踏み込む、だけがストロークじゃないですからね。

後ろ足を出して、壁を作る。

この意識で、ぜひ練習してみて下さい。

 

4.足元の深いボールのストローク、誤魔化してない?

普段の練習で、結構こういう人多いんですよね。

何となくのライジング、でグニャっと誤魔化してしまう。

これだと、試合でまず使えないですよ。

私もこういう人には、ひたすら深い緩いボールを打って、何となくで自滅してもらう。

足元のボール、ボレーは上手くてもストロークがおかしい人が多いのは、足が決まっていないから。

軸足、セミオープンスタンス、打点の懐の深さ、をぜひ意識してみて下さい。

 

特に、ボレー対ストロークの練習、ですね。

ここでしっかり、相手の深いボレーをストロークで返球出来ているかどうか。

下がるのではなく、セミオープンスタンスでさばく、というスタンスが出来ているかどうか。

これが、中級者から先へのステップ、だと思います。

女性の皆さんもぜひ、意識してみて下さい。

あ、もちろん後ろ足体重になったら・・・普通の返球、だと仕留められるかも知れません。

そのあたりも、駆け引きですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスのフォアハンドで身体が回り過ぎてしまう人は「ラケットを持たない手で止める」ことでコンパクトに打…

    フォアハンドが安定している人は、しっかり良いボールを打っているのにとて…

  2. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識を持とう!

    テニスの試合でストローク、バンバン調子良さそうに打っていても・・・ふと…

  3. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要

    ストロークで速いショットを打ちたいって、誰もが思うこと。その為…

  4. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  5. テニス スライス
  6. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス

    「気持ちがこもったテニス」を、みなさんは最近、目の当たりにしましたか?…

特集記事

  1. ストローク

    「守りから攻撃、切り替え要注意ポイント」テニスの試合では常に自分の軸足をチェック…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアとして作戦を実行するなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけては…
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくな…
  4. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  5. テニス メンタル

    ボレー

    バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出してい…
PAGE TOP