テニス ストローク

ストローク

ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。

それも、甘くなくしっかりしたボールで1本粘ることが出来るストロークって、心強いですよね。

試合の中で、皆さんに意識して欲しいのは「軸足」の使い方。

特に、深いボールで追い込まれたときに、懐の深いストロークを打ちたい。

そのために、必要なのは後ろ足でしっかりと壁を作ること、です。

 

ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

 

1.セミオープンスタンス、を使おう!

この言葉、聞いたことはある方も多いと思います。

完全なオープンスタンスは、ベースラインと両足が並行、になって上半身のひねりだけで打つショットですが、セミオープンスタンスは少しだけ「後ろ足」を作ることが出来る。

右利きの方のフォアハンドなら、少しだけ右足を後ろに出して、斜めのスタンスを取ることで安定する。

打点が少し後ろになっても対抗出来るし、懐が深くなる。

この、懐の深さ、をぜひ意識してもらいたいんですよね。

 

2.打点を30cm後ろに出来る、だけでテニスは変わる!

例えば、以前にお話ししたベースライン上に立つテニス、には不可欠な考え方、スタンスです。

深いボールは自分の足元、でもインの判定になるポジションですからね。

ですので、一歩後ろ足を出して、溜めを作る。

懐深く、ボールを呼び込んで深いボールをさばいていく。

この姿勢こそ、大事なんです。

そのためには、しっかり後ろ足を安定させて壁を作る、イメージが大事ですね。

 

3.壁を作れば、怖く無い!

セミオープンスタンスで、後ろ足をしっかり作る。

膝を軽く曲げて、重心をそちらの後ろ足に乗せていく。

そうすると、自然と打点も良い位置に取れるし、身体の軸が出来るんですよね。

深いボールで慌てて右往左往するよりも、このスタンスを早く作って深いボールをさばく。

ボレーヤー相手でも、慌てる必要は無いですよ。

前に踏み込む、だけがストロークじゃないですからね。

後ろ足を出して、壁を作る。

この意識で、ぜひ練習してみて下さい。

 

4.足元の深いボールのストローク、誤魔化してない?

普段の練習で、結構こういう人多いんですよね。

何となくのライジング、でグニャっと誤魔化してしまう。

これだと、試合でまず使えないですよ。

私もこういう人には、ひたすら深い緩いボールを打って、何となくで自滅してもらう。

足元のボール、ボレーは上手くてもストロークがおかしい人が多いのは、足が決まっていないから。

軸足、セミオープンスタンス、打点の懐の深さ、をぜひ意識してみて下さい。

 

特に、ボレー対ストロークの練習、ですね。

ここでしっかり、相手の深いボレーをストロークで返球出来ているかどうか。

下がるのではなく、セミオープンスタンスでさばく、というスタンスが出来ているかどうか。

これが、中級者から先へのステップ、だと思います。

女性の皆さんもぜひ、意識してみて下さい。

あ、もちろん後ろ足体重になったら・・・普通の返球、だと仕留められるかも知れません。

そのあたりも、駆け引きですね。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「切れ味鋭いストローク」の基本は、20年前とは大きく変わっているという事実について

    テニスの基本、それは常に変化している。もちろん、変わり無い基本…

  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

    高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?…

  3. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  5. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?

    花粉症シーズン真っ盛りである。もう10年以上も花粉症が続いてい…

  6. テニス フットワーク

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない
  3. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
  4. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう
PAGE TOP