テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が動いてしまう。

ストレートを張っている、動かないとう作戦だったのに、相手のボールを見てつい動いてしまうこと、ありますよね。

無い・・・という方は、それも問題。

前衛にいるときって、無意識でボールに反応してしまうこと、あるんですよ。

特に、ボールを触ろう、しっかり責任を果たそうと感じている人ほど、そう。

そんなときは、こういう意識も大事です。

 

ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

 

1.身体が無意識に反応することは、テニスの試合では起こり得る

私も、もちろんあります。

ポーチに出ない、と話していたのに・・・つい動いてしまう。

これは思った以上に、相手の態勢が悪くて「チャンス!」と心の声が反応するとき。

出ない、と決めていたのに、つい身体が動いてしまう。

そんなこと無い?

いや、起こり得るのがテニスなんです。

だからこそ、しっかり準備しておくことが大事。

自分の身体って、思った以上にコントロールが出来ないものですよ。

 

2.パートナーも、冷静に対応しよう

後衛の選手も、冷静に対応することが大事。

もちろん、打ち合わせした内容を実行することが第一、ですよ。

でも、やっぱり予測していないこと、が起こるのがテニス。

出ない、と打ち合わせしていてもつい「反応してしまう」のがテニスであり、ダブルス。

パートナーも冷静に、しっかり対応することが大事です。

あくまで前向きに、こういうポイントは考えましょう。

 

3.積極性は絶対に、否定してはいけない

私が後衛なら、とにかく「良いじゃん!触って!」というスタンスで接します。

例えミスになっても、作戦と違った感じでも、本人がいけると思ったんだからそれで良い。

身体が反応した、ということは、普段の練習の感じだといける!と感じたということ。

それって、すごく良いことじゃないですか?

だって、失点したとしても前衛が触ってポイントが終わった。

失点しても、きっと残るものがあるはずです。

 

4.臨機応変に変えていく、こともテニスの試合では求められる

身体が反応したら、もうそのままその反応を活かすしかない。

ダブルスならチェンジ、してしまうのも良いでしょう。

ちょっとだけ触ろう・・・という感じじゃなくて、もう全て身体をぶつけてしまう。

これが、前衛に必要な意識です。

自分の身体は、いつでも「とっさに反応してしまう」こともある、と覚悟しておく。

臨機応変に対応する、という意識は、テニス選手として本当に大事。

だって、ラリーが始まったらポイントが終わるまで止めることが出来ませんからね。

自分で考え、決断していく。

途中で変えていく、こともいとわない意識、が大事です。

 

きっと、前衛の立ち場からすると「しまった!」と一瞬思うでしょう。

でも、それは積極性の証。

前衛として、優先権がある訳ですからね。

どんどん、本来であれば触りにいって良い。

身体が反応したら、もうそのまま動いてしまう。

この思い切り、大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスを組み慣れていない、初めての人とはどういう作戦でいく?

    普段の試合とは別で、練習で試合をしたりするとき。または急遽、代…

  2. ダブルス

    前衛がただの前後運動、になってない?

    ダブルスの前衛で、必要な守備の意識。これは確かに大事ですが、ど…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

    学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    最近、ハイレベルな準決勝のダブルスを観戦して来ましたが、改めて気付い…

  5. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
  2. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多…
  5. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね
PAGE TOP