テニス ボレー

戦術

あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

これは、最近の私のテーマでもあります。

今までは、ダブルスの試合でもどちらかと言えば「正攻法」で戦うことが多かった。

ノーアドバンテージ形式の試合、40-40ってやっぱり「落としたくない」と思っちゃうんですよね。

でも、最近思うのは、「正攻法だと格上相手には厳しい」ということ。

強気に出て、ミスになることもあるでしょう。

でも、あえて言います。

皆さん、40-40で1本勝負なら強気、でいきませんか?

 

あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

 

1.「40-40になった時点」で、落としたと考えてみる

極端な発想ですが・・・そもそも、40-40にしてはいけない、と考える。

特に自分たちのサービスゲーム、だとそうですよね。

40-40まで競った状態に持ち込まれた、というゲームは、かなり受け身な状態で苦しいはずです。

だからこそ、「もう、落としたつもりで良いか・・・」と、強気になってみる。

普通にプレーして、普通に落とす・・・くらいだったら、思い切って強気に出る。

ポーチに出る、セカンドサーブもしっかり振り切る。

リターン側なら、ストレートアタックも良いですね。

大事なのは、「落とした後も落ち込まない」準備をしておくこと。

目的意識をハッキリ持って、40-40のポイントには入ることが大事です。

 

2.強気に出て相手が上、なケースって少ない

私は、こう思うんです。

特にダブルス、ですね。

自分たちが強気に出て、それを凌駕されるポイントって実はそんなに無いんじゃないかなと。

ガムシャラに動く、のは隙が出来るので論外ですが、自分たちが得意なパターンで強気に出ることは、40-40のようなポイントこそ大事。

イメージしてみて下さい。

もうどっちに転ぶか分からない、ようなポイントなら、やって後悔はしないはず。

「やらなかったこと」の後悔、が一番尾を引くのです。

 

3.40-40に強い人は、いつだって強気

こう気付いたのも、私自身周りの強い選手達を見て感じたから。

40-40の場面、すごく強気で動いて来るんですよ。

相手が「ミスを恐れている」とか、「無難に来ようとしている」という心理を悟っている。

懸けに勝った、ようで実はすごく緻密に計算されてるんですよね。

でもこれって、やっぱり「やった者勝ち」なケースが多い。

実力差があまり無いようなペア同士なら、どんどん動いた方がプレッシャーもかかるし優位なはずです。

 

4.自分の得意パターンを、40-40のイメージで練習!

普段から、これやっておきましょう!

ダブルスのフォーメーション、戦術、リターンのコース・・・40-40をイメージして練習する。

普段の練習メニューも、40-40を想定してカウントコール、リターン側がサイドを選んでポイント練習、をやればだいぶ雰囲気出ますよ。

40-40のプレーって、実は当たり前のように試合では多い。

練習の工夫だけで、絶対に強くなります。

つまり、メンタルとかそういうモノは鍛えられる、ということです。

 

自信のあるパターン、アナタは持ってますか?

ダブルスなら、ペアで「どちらのサイドでいくのか?」は試合前に決めておきましょう。

それだけじゃなく、リターンからどう攻めるのか。

もちろん試合の現場、相手の特徴にも寄りますが、ある程度決めておいた方が良いですよ。

40-40になって、「どうしよう・・・お願い・・・」みたいな人は、コートから退場です。

任せるなら任せて、前で動く!

それしかないじゃないですか。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事

    「負けるはずのない相手に、負けてしまう」ことも、テニスの試合で…

  2. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

    実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。基本的に、…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない

    先日のニュースで、「日本には頭の良い選手があまりいない」という発言が話…

  4. テニス 環境

    戦術

    「自分のテニスを変えていく」為には、目先の勝利にこだわらない勇気も大切です

    今、目の前にある試合、1ポイント1ポイントはもちろん大切。です…

  5. テニス リターン

    戦術

    ミスが少なくなった自分は、実感し辛い

    色々と意識して、実際に試合に勝てるようになっていく。結果が出始…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?
  2. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ…
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で…
PAGE TOP