テニス メンタル

リターン

ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」

と、言い訳っぽいことを言っているアナタ。

それではいつまで経っても、問題をうやむやにしているだけで、何も進歩しないと思いますよ。

 

ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

 

1.ノーアドこそ、「実力勝負」である

ノーアドバンテージ形式、草トーナメントでも多いですよね。

デュースをやるのではなく、リターン側がサイドを選んで40-40で1本勝負。

これは、運頼みのジャンケンとは訳が違う。

そう思えた人から、ノーアドに強くなる。

真剣に、意識を高く取り組めるかどうか・・・が肝になります。

まずはチームとして、意識改革していきましょう!

 

2.ノーアドバンテージでも「どちらが優位なのか?」を、意識しよう

私はこう考えます。

40-40になった時点で、精神的に優位に立っているのはどちらか?という点。

リターンがサイドを選べても、リターン優位なケースもあれば、サーバー優位なケースもある。

冷静に、そこをまず見極めることです。

サーバーは、サーブが入っているのか?

リターンのサイドを選んだ選手は、リターンのパターン、調子は?

全てを考慮して、「安全策」でいくのか「攻撃的な策」でいくのか。

そこに迷いがあっては、いけません。

 

3.ダブルスだったら、先に動いたペアが勝つ!ことが多い

「何だか、分かったような、分からないような・・・」という方も多いでしょう。

そんな方には、ワンポイントのお勧めを。

ダブルスなら、40-40の場面、先に動く「攻撃的な策」をオススメします。

これで80%は獲れるはず!です。

リターンならストレート、サーブ側なら前衛がポーチ。

普通の相手なら、40-40のような場面では「奇策」は取り辛いし、先に攻撃されると「受け身」になってしまう。

あくまで統計的な感覚ですが、攻撃的にプレーしてもしそのゲームを落としても・・・次につながる。

積極的な姿勢は、失点しても相手の脳裏に焼き付く。

ゲームの主導権は、渡さないままに進めていけると思います。

 

40-40は、運じゃない。

準備と作戦、その時の状況判断が出来れば、むしろ実力以上のモノ、が出せるでしょう。

私はだから、ノーアド形式大好きです。

こういう感覚、持っておいて損は無いですよ。

 

今回のまとめ

ノーアドバンテージ形式を、運任せにするのは卒業しよう!

 

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・…

  2. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

    ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきま…

  3. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  4. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  5. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ

    「一番得意な戦術、は何ですか?」と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。…

  6. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

特集記事

  1. サーブ

    「サーブは入れるだけじゃ物足りないでしょ?」テニスの試合で勝つ為に、ポワーンサー…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
  3. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること
  5. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
PAGE TOP