テニス トレーニング

テニス知識

プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

「プッシュアップバー」という器具について、聞いたことはありますか・・・?

簡単に言えば、腕立て伏せをするときに設置して、「手のひらで握るバー」の役割を果たしてくれるこの器具。

学生時代に、私はこの器具でよくコート脇でトレーニングしてました。

何より、場所も取らないし自分の身体自体が負荷になって、トレーニングルームもバーベルもいらない!

それに、テニスに必要な「バーを持った状態で、胸筋や腹筋、背筋を鍛えられる」ので、学生や社会人の皆さんにもお勧めです。

 

1.器具はある程度予算を出して、良いモノを!

プッシュアップバーも、お値段はピンキリですが身体を鍛えるモノ、ですのであまり安過ぎるのはオススメ出来ません。

安く買っても、結局使わなかったりしますからね・・・その点、アディダス製のプッシュアップバーはデザインもカッコイイし、お値段も3,000円以下、素材もしっかりしていてお勧めです。

テニス トレーニング

出典:amazon

 

「普通の腕立て伏せじゃ、なんでダメなの?」と思う方も多いと思います。

悪くないとは思うのですが、私もやっていて「腕の内側の筋を痛める」ようなことがよくありました。

後は、腕立て伏せって、結構ちゃんとした態勢でやるのが難しいんです。

腰も傷める人が多いようですね・・・10代、20代の頃は気になりませんでしたが、今ではすごく分かります、コレ。

 

2.プッシュアップバー、のメリットをまとめると・・・

■グリップを握る感覚に近い

このトレーニングで、自然に握力までトレーニング出来る。

テニス選手に必要な、ラケットを持ちながら力を身体から出していく、という感覚が自然に身に付きます

 

■可動域が拡がる

通常の腕立て伏せよりも深く、身体を落とした態勢が取れるので肩の可動域が拡がります。

テニスにおける、頭上のボール、サーブやハイボレー、カットボレー等のレベルアップに効果的です。

 

■手首の負担が減る

先ほど書いたように、手首に負荷をかけてテニスが出来なくなる・・・ようなことを防ぐことが出来ます。

また購入してトレーニング、ということでモチベーションも維持出来ると思います!

 

 

正しいフォームを覚えれば、効果も倍増!

プッシュアップバー、でのトレーニングはフォームが大事。

特に、腕の角度、肩から腰、脚にかけてまっすぐ直線になるように意識して、ゆっくり取り組んでみて下さい。

またバーの設置位置によってもかなり負荷が変わってくるので、最初は自分のやりやすい距離に置いてみて、徐々に慣れてきたら離して負荷を増やしてみましょう。

10回を3セット、を基本に、自分なりに回数や頻度、負荷を工夫してみて下さい。

 

 

男性だけでなく、女性にとってもパワーアップは必要なのがテニス。

効率的に、手首への負荷を減らしながらプッシュアップバーでのトレーニング、始めてみませんか?

 

 

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス知識

    KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」をサポートしよう

    みなさんは、テニスを続けている中で怪我に苦しんだとはありませんか?…

  2. テニス 試合

    テニス知識

    セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

    昨日まで、私も草トーの大会に出場してました・・・が、やっぱりもめている…

  3. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について

    夏休みも、もうすぐ終わり。これから秋にかけて、テニスの試合や練…

  4. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 防寒

    テニス知識

    寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

    これから秋にかけて、急激に寒暖差が激しくなってきますよね。テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認して…
  2. 戦術

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さな…
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワーク…
  4. テニス リターン

    フットワーク

    打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、「試合中に自分で負けた・・・」と決めている場合がほとんど
PAGE TOP