テニス サーブ

その他

試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう

今回は、本当にちょっとしたことなんですが・・・。

テニスの試合をしていると、試合中に「後ろを通ってはいけない」というマナーがありますよね。

これを守ることはもちろんなんですが、試合をしている選手の側もこういうスタンスだとすごく気持ちが良い。

試合をする選手優先、だからこそ先にどんどん通してあげましょう。

 

試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう

 

1.まずはマナーの基本を確認

試合中、コートの後ろを通過するときには「ポイントが終わってから」が原則。

テニスコートの構造上、どうしてもつながっているコートを横断しないと移動出来ないような会場はありますよね。

自分の試合が終わったけど、隣のコートは試合中・・・というときには、ポイントが途切れるのを待ってから、後ろを素早く通る。

これが基本のマナーですね。

ですのでポイントが始まる、そういう雰囲気になったら通過するのを待って、コートの端で待機しておく。

ではこれに気付いた試合中の選手・・・は、どうしましょう?

 

2.先の通してあげて、自分たちが集中出来るプレー環境を整えよう

私なら、コート端で待たれるのって結構気になる。

だったらサーブを打つ前に気付いて、「お先にどうぞ」と通してあげる方が良いと思います。

お互い気持ち良くプレー出来ますし、試合が終わった人も速く本部に報告出来る。

小さいことですが、こういう視野の広さって大事だと思いますよ。

余裕がある人は、テニスの試合でも強い。

自分のことでいっぱいいっぱい、になっているテニス選手はなかなか試合でも勝てません。

 

3.「やられて嬉しいこと」はどんどん実践していこう

アナタ自身、コート端で待っている時のことを考えて下さい。

勝っていても負けていても、試合が終わってクタクタな状態、なわけじゃないですか。

速くコートを去って休みたいのに、移動で待たされるのも辛いですよね。

もちろん、試合中の後ろは簡単に通過出来ないし、邪魔しちゃいけないし・・・と思うのが当たり前。

こういう選手の心情を理解して、サッと通してあげる。

やられて嬉しいこと、嬉しかったことは、どんどん実践していきましょう。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

本当に、小さいことですけどね。

こういう気配りが出来る、余裕がある人は試合でも強い。

「あ、この人全然余裕だな・・・」と、相手にもプレッシャーになるはずです。

待っている人がいたら、先に通してあげる。

その後に集中して、サーブやリターン、に入っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも必要!

    高校生の頃、学校のコートを使って練習をしていた。たまに父親に他…

  2. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にある

    テニスの練習、試合を繰り返していると必ず成長出来るか?と言われ…

  3. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

    試合でミスが多い時。こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんど…

  4. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由について

    「そんなにテニスを頑張って、これからプロでも目指すんですか?」…

  5. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

    読者の皆さんの中にも通っている方が多くいるであろう、テニススクール。…

  6. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

    新しいことに挑戦したい、自分を成長させていきたい。そう考えてい…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をか…
  2. テニス サーブ

    リターン

    相手のサーブは、いわゆる球出しです
  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です
  5. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?
PAGE TOP