その他

「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!

22歳の時にアメリカへ3カ月行って、色んな大学で練習をさせてもらった。

強い選手がたくさんいて、刺激になったのだが、特にマイアミ大学で練習させてもらった時には、世界ランキングポイント(ATPポイント)を持っている選手がいて、その選手とほんの5分くらいだけど練習できた時には「すげぇ!!」と、大興奮したのを覚えている。

 

「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!

 


 

でも「すげぇ!」と大興奮したものの、意外と地味なプレーでびっくり。

世界ランクの選手は雲の上の存在で、全然歯が立たないと思っていたからね。

もちろん凄いストロークとサーブ、ボレーなんかを持っているのだが、基本はしっかり繋いでチャンス待ち・・・という地味なことをコツコツ練習していた

その時に「あぁ、テニスってこういうスポーツなんだな」と一つ学んだ気がしたと同時に、遅く始めた自分にもチャンスがあるような気になって来たんだよ。

帰国後、早速日本国内の大会に出場して日本ランキングを上げるために活動を再開したんだけど、同時に世界ランキングを取るためにフューチャーズという国際大会の出場権を得るための大会にも出場するようになった。

結果は最初散々だったけど、国際レベルで活躍したい選手が集まるその大会はレベルも選手の意識も高く、勉強になったし自分のモチベーションも上がった

その後は、日本国内のフューチャーズ予選には出来るだけ出場して、国際大会経験を増やし、いつかATPポイントを取って世界ランキングに自分の名前を載せようと頑張った。

結果的に、日本国内でもスペインに行った時も、最後までATPポイントは取れなかったけど、世界ランキングを目指し続けたから国内ランキングも62位まで上げる事が出来たんだと今は思っている。

残念ではあるが、国際大会にトライし続けた効果は十分にあったね。

中学生、高校生の皆も、まだまだこの先自分のテニスを成長させる可能性は大いにある

そのためには、どれだけこの先自分のテニスを高いステージでプレーさせられるかに掛かっている。

まずは大会に出場すること!

結果は多分、最初はボロボロだろうが、そこで経験したことや見た事を普段の練習環境に持ち帰り、思い出しながら練習してそしてまた次の機会にチャレンジし、また持ち帰り・・・と繰り返して欲しい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

  2. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にとっては大事

    ふと気が付けば、自分の周りはどこか「自分と似たような」仲間ばかり。…

  3. テニス 構え
  4. その他

    「グリップチェンジのコツは・・・」テニスでは利き腕の逆の手の動きがポイントです

    いろんなショットを身に付けたら、それを試合の中で上手く使い分けていきた…

  5. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いしない」ことを意識しま…

    悪気は無いんだけど、相手の印象を悪くするマナー違反、のようなことがテニ…

  6. テニス メンタル

    その他

    私から、「試合に出ているテニスの上級者の方」にお願いしたいことについて

    今月は山中湖、白子のでの大会を観戦する機会があり、私なりに感じることが…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握…
  3. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ
  4. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される
  5. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
PAGE TOP