ピラティスポール

テニス知識

テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。

これは最近、私の悩みでもあります。

40歳手前にして、ついに来たか・・・という感じなのですが、周りの皆さんを見ていても、かなり苦労されているご様子。

ストレッチをする、くらいはやってるけど他には対策も無く、「まぁ、これが40肩、50肩か・・・」と諦めている方へ。

こういう器具、試してみませんか?

 

テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

 

1.テニス選手に必要な、柔軟性が欲しい

これは、男女年齢問わず・・・です。

とはいえ、どうしても年齢を重ねるに従って、肩より上に腕は上がり辛くなってくる。

サーブやスマッシュ、には致命傷ですよね・・・。

柔軟性を高めるヨガやピラティス、に近いようなストレッチ、が出来る器具が今ではたくさんあります。

その名もピラティス・ポール

細い抱き枕みたいですが、これ、色々な肩周りのストレッチが出来る優れモノです。

ピラティスポール

出典:amazon

 

2.使い方は自由自在

使い方は、本当に自由自在。

背中に敷いて、ゴロゴロゆっくり、転がってみたり。

肩を柔らかくするのに、上手く自分の腕と重力を使って無理なく可動域を拡げていける。

肩甲骨周りをすごく柔らかく出来るし、怪我も減るはずです。

 

ピラティスポール

 

3.生活の一部にしてしまいましょう

トレーニング、と考えないで、身近に置いて触れるようにしておくだけでも違うはず。

構えないで、テレビを観ながらだってOK。

普段のクッション・枕代わりにするだけでも、自然に腕が上がって背中の方に周りやすくなる。

習慣的に、肘を背中の近い位置に置くことが出来ると、サーブやスマッシュ、オーバーヘッド系のボールの処理が楽になると思いますよ。

ピラティスポール

コンパクトで、置き場にこ困らないはず。

休日のリビングで、一緒に過ごすだけでテニスはもとより「健康維持」に効果的ですね。

ピラティスポール

ピラティスポール、で肩の可動域を拡げていきましょう!

きっとテニス選手として、その効果は結果に現れてくると思いますよ。

 

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

    手汗がすごくて、グリップが滑ってしまう。これは、特に男性にとっ…

  2. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

    読者の皆さんの中にも、「素振り」を頑張っている皆さんは多いはず。…

  3. テニス タオル

    テニス知識

    テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

    テニスの試合前、しっかり作戦を考えたい・・・ときに、こんなタオルがある…

  4. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」

    これからテニスを始めようと考えている方、楽しみなのはまずラケット選び。…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスでは、「ラケットとボールが喧嘩しない柔らかさ」を意識していけばタッチが良くなる

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

  6. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選

    まさに今は、読書の秋。ということで、最近筆者の私が実際に読んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れな…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いの…
  4. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・…
PAGE TOP